Jump to content
日本-日本語

個人のお客様向け Desktop PC

 お問い合わせ
 製品 & サービス 
サポート & ドライバー
   創る・楽しむ   
 

HP TouchSmart 600PCシリーズ 春モデル
製品特長

 
 
HP Directplus Station オープン HP製品を体感してください
Content starts here
HP TouchSmart PC 600 シリーズ
オンラインでご購入 (個人のお客様向け)
 ハイビジョンライフを満喫  スマートなオールインワンボディ  シーンに応じて、使いやすく  ハイパフォーマンス

光沢が美しいディスプレイ

フルハイビジョン対応の大画面23インチワイドディスプレイは、
1920x1080ドットの高解像度。

最新の光学センサーを採用したBrightViewタッチスクリーンにより、
軽く触れるだけの快適操作を実現しています。

タッチで楽しむエンターテインメント
光沢が美しいディスプレイ

ハイクオリティの証、HP輝点ゼロ保証

常時点灯する画素(輝点)が1つでもありました場合、無償で交換いたしますので安心してご利用いただけます。交換の対象期間は製品の保証期間と同期間となります※。

※  標準保証期間内において、液晶 モニターのパネル上に " 輝点 " ピクセルが 1 つ以上、又は " 黒点 " が 6 つ以上発生した場合、標準保証の対象としてサポートするサービスです。

3波式地デジチューナーを搭載

Windows Media Centerのシンプル操作で楽しめる、地上/BS/110度CSの3波放送に対応したテレビチューナーを採用※1。

ダビング10にも対応しているので、録画した多彩な番組をDVDメディアやHPポケット・メディア・ドライブ※2に保存することが可能です。

※1  BSおよびCS放送の受信には対応する環境が必要です。
※2  オプション

HPポケット・メディア・ドライブ 詳細はこちら
ロゴ:地デジ

ロゴ:CS DIGITAL

ロゴ:BS DIGITAL
HP TouchSmart 600PCシリーズ

地上/BS/110度CS対応テレビチューナー

● データ放送を楽しむ

地上デジタルテレビ放送は、映像・音声コンテンツにさまざまな文字情報や双方向サービスを提供する新しい放送です。最新のニュースや天気予報などを提供する「独立型データ放送※1」と、番組の内容と連動し、クイズやアンケートに答えてインタラクティブに番組に参加できる「連動型データ放送※2」を楽しむことができます。
また、録画ファイルの再生時は、視聴時と同じように「データ放送」を見ることができます。

※1  独立型データ放送:ニュースや天気予報など、放送中の番組とは連動しない、便利な情報が掲載されます。
※2  連動型データ放送:番組の進行に連動した情報が表示され、クイズ番組への参加や、商品の購入などができます。
番組の切り替えや字幕のオン・オフなども簡単。さらに、放送を巻き戻して視聴できる“タイムシフト”や“ながら見”など、便利な機能も豊富に搭載、ストレスなくご覧いただけます。

● EPGで番組検索、簡単予約録画

EPG(Electronic Program Guide)とは、放送波に含まれるデータから作成された電子番組表。EPG番組表を利用すると、見たい番組名やその内容、出演者などの情報をもとに番組の検索、そして予約録画を簡単におこなうことができます。 EPGで番組検索、簡単予約録画

※ 画像はイメージです。

● 放送時間が変わっても安心の予約録画

EPGの放送時間情報の変更に合わせて、予約録画の設定も変わります。予約録画した前の番組の放送時間が延長しても安心です(時間変更追従機能)。
また、予約録画している番組の放送時間が延長になりチャンネルが変わっても、チャンネルを変えて録画を続けることができます(イベントリレー機能)。

● 見たいシーンを逃さない“タイムシフト”

番組の放送中に席を離れても、巻き戻して見直すことができる「タイムシフト※」に対応。見逃したシーンを、すぐにチェックできます。

※  通常録画と異なり、一時的な記録であるため、Windows Media Centerを終了し、チャンネルを変えると、それまでの録画データはクリアされます。

● 録画した番組を自在に編集

録画した番組の不要な部分のみをスキップ/カットできる編集機能を搭載しています※。

※  オリジナル(量販店)モデルのみ

● 気軽に大容量録画、HPポケット・メディア・ドライブ/パーソナル・メディア・ドライブ

録画は内蔵ハードドライブだけでなく、オプションのHPポケット・メディア・ドライブやパーソナル・メディア・ドライブにも可能です。
250GBのHPポケット・メディア・ドライブを使えば、ハイビジョン(HD)画質で約32時間録画し、そのまま視聴できます。
HPポケット・メディア・ドライブ HPパーソナル・メディア・ドライブ

● ダビング10に対応

これまでデジタル放送コンテンツは「コピーワンス(コピー不可、ムーブ1回可能)」対応で、1回のムーブで、元のコンテンツは消去されていましたが、HP TouchSmart PC に内蔵される地デジチューナーは、「ダビング10」に対応※1することで、9回のコピーと1回のムーブが可能です※2。

※1  ダビング10の対応には、ダビング10 対応ソフトウェアを別途ご用意いただき、インストールする必要がございます。
ダビング10対応ソフトウェアの入手方法には、以下2つの方法がございます。

(1) リカバリメディア販売サイトから、お申込の上ご購入(定価11円、送料別)
(2) HPサポートWebサイトから対象ソフトウェアをダウンロード。ダウンロードはこちらです。

※2  すべてのデジタル放送が「ダビング10」対応になるわけではございません。一部のデジタル放送は「コピーワンス(コピー不可、ムーブ1回可能)」のまま継続されます。

● リモコンでらくらく操作

離れた場所からでも地デジやWindows Media Centerなど、エンターテインメント機能をらくらく操作できる、リモコンが付属しています。 リモコンでらくらく操作

トレイなしでダイレクトインできるスロットイン・ブルーレイ再生/DVDスーパーマルチドライブ

HP TouchSmart 600PCシリーズ オプティカルドライブ

※ スマートにメディアが挿入できるスロットイン方式
ブルーレイディスクの再生に対応した、DVDスーパーマルチドライブ搭載モデルをご用意※。
トレイなしでダイレクトにメディアを挿入できるスロットイン方式なので、スマートにブルーレイムービーのフルハイビジョン映像が楽しめます。

※ オリジナルモデル・ブルーレイ再生/DVDスーパーマルチドライブ搭載モデルのみ。

<対応メディア>
CD-ROM、CD-R、CD-RW、DVD-ROM、DVD-R、DVD-RW、DVD+R、DVD+RW、2層式DVD+R、DVD-RAMに対応

こだわりの機能:LightScribe

CDやDVDメディアのレーベル面に直接印字できる“LightScribe機能”を全モデルに搭載。
美しい文字や描画によるレーベルを、プリンターを使用せずに作成できます※。

※ 専用のメディアが必要です。
LightScribe機能

迫力の高音質を届けるスピーカー

DSP(Digital Signal Processor:デジタル信号プロセッサー)を用いてノイズを除去し、クリアな音質を提供するプレミアムサウンド出力を、Sonic Focus社とのパートナーシップにより実現しました。CD、DVDムービー、MP3など、様々なコンテンツを臨場感あふれるサウンドで堪能いただけます。 迫力の高音質を届けるスピーカー

チルト機構付きwebカメラとCyberlink YouCam

ディスプレイ上部には、上下チルトが可能なwebカメラとデジタルステレオマイクを搭載。テレビ電話やビデオチャットなどが楽しめます。
また、撮影した画像にエフェクトをかけたり、チャットフレームのデコレーションが可能な「Cyberlink YouCam」を添付。webカメラをより楽しく演出します。

 Cyberlink YouCamについての詳細はこちら 日本HP外のウェブサイトへ
HP TouchSmart 600PCシリーズ webカメラ

製品の信頼と品質を裏づける、世界No.1※の実績
世界PCシェアNo.1快適なデジタルライフを実現するための精緻なデザインと、最新のスペックを凝縮したPCをお求めやすい価格で提供できるのはHPならでは。
世界で一番選ばれているという実績は、そのまま信頼と品質の高さの証といえます。世界PCシェアNo.1※のスケールメリットからなる部材調達力により、コストパフォーマンスに優れた美しいデザインのPCを実現しました。

※2006年10月〜2012年12月の出荷台数 出典:IDC, Worldwide Quarterly PC Tracker, Q4 2012

Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。