Jump to content
日本-日本語

個人のお客様向け Desktop PC

 お問い合わせ
 製品 & サービス 
サポート & ドライバー
   創る・楽しむ   
 

HP TouchSmart 600PCシリーズ 春モデル
製品特長

 
HPがお勧めするWindows。
HP Directplus Station オープン HP製品を体感してください
Content starts here
HP TouchSmart PC 600 シリーズ
オンラインでご購入 (個人のお客様向け)
 ハイビジョンライフを満喫  スマートなオールインワンボディ  シーンに応じて、使いやすく  ハイパフォーマンス

タッチで、キーボードで、リモコンで

マルチタッチ・ジェスチャに対応するボードPCなら、画面に直接触れるタッチ、椅子に座ってキーボード&マウス、離れた位置からリモコンと、あらゆる場所からPCを操作することができます。

タッチの先駆者、HPがおくるボードPCなら、みなさまのPCライフに合わせた自在な使い方がお楽しみいただけます。
ご紹介ムービー

タッチで楽しむエンターテインメント

HP TouchSmart 600PCと「Windows 7 」の組合せにより、マルチタッチに対応。
両手を使って画像を回転させたり、指先でwebブラウザをスクロールさせたりするなど、軽快で直感的なPCの操作が実現、感性を刺激します。

光学センサーと強化ガラスでクリアな画質と快適操作

23インチワイドBrightViewタッチスクリーン※1には最新の光学センサーを採用しているので、軽く触れるだけの快適操作を実現。
タッチ機能に最適化されたHP TouchSmart ソフトウェア上のHP独自ブラウザーはもちろん、通常のブラウザーで、スクロールの上下や、戻る・進むといった操作を指先でおこなえます。
光学センサーと強化ガラスでクリアな画質と快適操作

※ 画像は米国仕様です。              

こだわりの機能:

指でタッチしても安心の強化ガラスを採用。特別なフィルムなどの必要はなく、クリアな画質を実現しています。

■ 自由なスタイルのタッチで快適なデジタルライフを実現

キーボードやペン入力だけでなく、フリック、パンなど、直感的な指先の操作が可能。通常のキーボードやマウス操作と同じようにファイルを選択することはもちろん、タッチ操作ならではの画面を指先でスクロールさせての閲覧も、快適におこなえます。

■ マルチタッチ・ジェスチャ

パン・ジェスチャ 回転(ローテイト) ズーム / ピンチ(拡大・縮小) ナビゲーション・フリック 編集フリック
パン・ジェスチャ(※左右)/
フリック・ジェスチャ
(※上下)
回転(ローテイト) ズーム / ピンチ
(拡大・縮小)
ナビゲーション・フリック 編集フリック
画面の上下スクロール(フリック)や左右のスクロール(パン)ができます。 2本の指で画像を回転できます。 画像の拡大・縮小ができます。 Internet Explorer® などの進む・戻るや上下のスクロールができます。 コピーや貼り付け、削除したり元に戻すことができます。

楽しい機能を直感操作、TouchSmartソフトウェア

音楽やデジタルフォト、インターネットなど、よく使う機能にすばやくアクセス。多様なアプリケーションを、直感的に楽しく簡単に操作できる独自のソフトウェアです。

ナビゲーションウィンドウを指先ひとつで操作したり、お好みのアプリケーションソフトを登録、HP TouchSmartボタンによりワンタッチで起動することもできます。
また、気分に合わせて画面の背景を変えたり、ソフトウェアキーボードで手書き入力も可能です。
■ DVDモード
DVDモード直感的で分かりやすいインターフェイスで、ブルーレイムービー※やDVDムービーなどを視聴できます。

※  ブルーレイムービーの視聴には、ブルーレイ再生/DVDスーパーマルチドライブが必要です。
■ ピクチャー
ピクチャー写真をすばやく表示、閲覧できます。また、デジタルカメラから簡単に写真データを、6 in 1メディアスロットなどからインポート。回転、トリミング、赤目補正、自動調整が可能です。さらに、お好きな写真をスライドショー形式で表示することで、大画面のフォトフレームのようにお楽しみいただけます。

さらに、写真の共有・保存が無料の “Snapfish※”フォトブックサービスへ、簡単に画像のアップロードが可能です。

Snapfishの詳細はこちら 日本HP外のウェブサイトへ
■ キャンバス
キャンバスコルクボードへ写真をピンで留めるように楽しく画像をコラージュできます。

タッチ操作で画像の拡大や縮小、回転や斜め配置なども自在におこなえるので、思い出の写真たちをさらに魅力的にみせることが可能です。
■ ミュージック
ミュージック音楽コレクションをすばやく検索。お気に入りの曲のCDやプレイリストを作成し、インターネットを楽しみながらBGMを流すなど、お好みのスタイルで音楽を楽しめます。

また、音楽ファイルをCDやDVDメディアへ記録することも可能です。
■ ビデオ
ビデオお気に入りのビデオクリップの検索、再生および編集ができます。

ビデオコレクションをすばやくスキャンし、日付別/フォルダ別に表示。webカメラでビデオを撮影、保存。動画配信サイトへダイレクトにアップロードすることもできます。
■ カレンダー
カレンダー 簡単にスケジュール管理がおこなえます。年間、月間、週間、日ごとのビューをご用意。

事前にメールアドレスを入力しておけば、イベント時刻に通知メールを送信します。
■ 独自webブラウザー
独自webブラウザー タッチで快適に操作できる専用ブラウザー。
スクロールバーやホーム、お気に入りなどのボタンを大型化し、タッチでの操作性を高めています。

webサイトへのリンクを追加し、HP TouchSmartのページをカスタマイズしたり、お気に入りのwebサイト表示やお気に入りへの追加も可能です。
また、よく使うWebページをサムネイル表示させることもできます。
■ メモ
メモ すばやく簡単に記せる付箋(ふせん)タイプのメモ。音声メモやビデオメモも作成でき、家族とのコミュニケーションにも活躍します。

また、メールアドレスを入力することで、写真や手書きのメモを直接送信することができます。

使いやすさへのこだわり

専用カバーがついたワイヤレスキーボード & マウス

専用カバー 本体への配線が不要なワイヤレスキーボードとマウスが標準で付属。使用しないときは本体に収納できるため、スマートにご利用いただけます。
また、ジャストフィットする専用キーボードカバーが付属。装着したままでも、透明度が高くキー操作しやすい素材を使用し、ホコリ・汚れ・水からキーボードを守ります。

データ移動がらくにおこなえる、6in1メディアスロット

本体の右側にマルチメディアカード 、メモリースティックなど、6つのメディアをアダプターなしで接続できる 6in1メディアスロットを搭載。面倒なケーブルやアダプター接続なしに、デジタルカメラやビデオカメラなどのデータを手軽に移動できます。 データ移動がらくにおこなえる、6in1メディアスロット

各種インターフェイスを両サイドに配置

スロットイン・ディスク、USB2.0ポート、HDMIポート、6in1メディアスロットなど、よく使うインターフェイスを本体の両サイドに効率良く配置しています。
各種インターフェイスを両サイドに配置 左側面各種インターフェイスを両サイドに配置 右側面

製品の信頼と品質を裏づける、世界No.1※の実績
世界PCシェアNo.1快適なデジタルライフを実現するための精緻なデザインと、最新のスペックを凝縮したPCをお求めやすい価格で提供できるのはHPならでは。
世界で一番選ばれているという実績は、そのまま信頼と品質の高さの証といえます。世界PCシェアNo.1※のスケールメリットからなる部材調達力により、コストパフォーマンスに優れた美しいデザインのPCを実現しました。

※2006年10月〜2012年12月の出荷台数 出典:IDC, Worldwide Quarterly PC Tracker, Q4 2012

Windowsの全てのエディションとバージョンで全ての機能を利用できるわけではありません。 全てのWindows機能を利用するには、アップグレードされた、または個別に購入されたハードウェア、ドライバまたはソフトウェアが必要です。 http://www.microsoft.com をご覧ください。

Windows 8 PCから更新/アップグレードする場合、全てのWindows機能を利用できるわけではありません。システムには追加のハードウェア、ドライバ、ソフトウェア、ファームウェア、BIOSアップデートが必要です。 バージョン間のアップグレード、たとえばPro以外からProおよびMedia Centerへのアップグレードには追加料金がかかります。 アップデートの詳細はwww.windows.com/everywhere でご確認ください。

一部のアプリは個別に販売されます。 市場によって異なります。 一部の機能にはWindows 8.1 Updateが必要です。 Windows 8デバイスの場合、アップデートはWindows Storeから入手できます。 Windows 8.1デバイスの場合、アップデートはWindows Updateから入手できます。 インターネットアクセスが必要です。 費用がかかります。 一部のデバイスでは電源ボタンを使用できますが、表示されているデバイスでは使用できません。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。