Jump to content
日本-日本語

個人のお客様向けデスクトップPC

 お問い合わせ
 製品 & サービス 
サポート & ドライバー
   創る・楽しむ   

HP TouchSmart 600PCシリーズ 冬モデル
製品特長

 
HP Directplus Station オープン HP製品を体感してください
Content starts here
HP TouchSmart PC 600 シリーズ
 エンターテインメント  タッチ  基本性能  デザイン  サポート

インテリアにマッチする美しいフォルム

ピアノブラックを基調としたスタイリッシュボディ

ピアノブラックを基調としたスタイリッシュボディ 艶やかなピアノブラックを基調としたカラーに、コスミックシルバーのアクセントが上品な印象を与えるデザインは、リビングにも書斎にも、寝室にもマッチします。

格調高いフォトフレームのようなたたずまいは、まさにインテリアです。

また、HPダウンライトが本体下部をほのかに照らし、インテリアとしての魅力をいっそう引き立てます※。

※ ダウンライトのカラーはホワイト

奥行き約20cmのスリムボディ

23インチワイドの大画面ながら、重量約11.4kg、奥行き19.96cm※と軽量・省スペース。

スリムなボディは場所をとらず、設置場所を選びません。キーボードはボディ下部にぴったり収納できます。

※ 5度傾斜時
HP TouchSmart 600PCシリーズ

自在なポジショニングが可能な専用スタンド

HP TouchSmart PC専用に開発されたスタンドにより、5度〜40度に自在な傾斜が可能。
軽く左右への首振りがおこなえるスイーベル機構を採用しているので、ディスプレイの向きも自由自在です。いつでもお好みのポジションで、PCの操作がおこなえます。
チルト スイベル

使いやすさへのこだわり

専用カバーがついたワイヤレスキーボード & マウス

本体への配線が不要なワイヤレスキーボードとマウスが標準で付属。
使用しないときは本体に収納できるため、スマートにご利用いただけます。
ワイヤレスキーボード & マウス
専用カバー また、キーボードにぴったりフィットする専用カバーもセットされるので、いつまでもキレイな状態で使用できます。

データ移動がらくにおこなえる、6in1メディアスロット

本体の左側面にマルチメディアカード 、メモリースティックなど、6つのメディアをアダプターなしで接続できる 6in1メディアスロットを搭載。
面倒なケーブルやアダプター接続なしに、デジタルカメラやビデオカメラなどのデータを手軽に移動できます。

撮影したデータ 各種カードを直接PCへ挿入可能 撮影した画像を即座に観賞可能!
撮影したデータ   各種カードを直接PCへ
挿入可能
  撮影した画像を即座に
観賞可能!
データ移動がらくにおこなえる、6in1メディアスロット

各種インターフェイスを両サイドに配置

スロットイン・ディスク、USB2.0ポート、6in1メディアスロットなど、よく使うインターフェイスを本体の両サイドに効率良く配置しています。
左側面右側面

ケーブル一本でセッティング

ワイヤレスキーボード & マウス、無線LAN & Bluetoothを標準装備。
電源ケーブルを挿すだけの簡単セッティングで、インターネットや周辺機器への接続はすべてケーブルレスです。
ケーブル一本でセッティング

無線LAN & Bluetoothで周辺機器もケーブルレス接続

内蔵無線LAN 本体内蔵無線LAN(802.11b/g/n 対応)を搭載しているので、自宅のネットワークにワイヤレス接続が可能。
わずらわしい配線が不要となるため、スマートなデスクトップ環境を実現できます。

製品の信頼と品質を裏づける、世界No.1※の実績
世界PCシェアNo.1快適なデジタルライフを実現するための精緻なデザインと、最新のスペックを凝縮したPCをお求めやすい価格で提供できるのはHPならでは。
世界で一番選ばれているという実績は、そのまま信頼と品質の高さの証といえます。世界PCシェアNo.1※のスケールメリットからなる部材調達力により、コストパフォーマンスに優れた美しいデザインのPCを実現しました。

※2006年10月〜2012年12月の出荷台数 出典:IDC, Worldwide Quarterly PC Tracker, Q4 2012

Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。