Jump to content
日本-日本語

法人のお客様向けデスクトップPC

 お問い合わせ

スタンダードシリーズ Pro 6300 SF/CT

セキュリティ・管理機能
 

安心のセキュリティ機能を標準搭載

パワーオンパスワード

パワーオンパスワード
電源投入時にパスワードを入力することでPCを起動。未承認ユーザーによる起動をブロックします。

セットアップパスワード

BIOS設定変更時にパスワードを要求し、システム構成の不正な変更を未然に防止します。

ドライブロック機能

ドライブロック機能
ハードディスクそのものに直接パスワードを設定することにより、ユーザーや管理者以外のアクセスを防止し、たとえハードディスクを盗難された場合でも第三者の不正なアクセスを防ぐことが可能です。

ポート/ドライブ無効化設定

ポート/ドライブ無効化設定
ネットワークコントローラーやシリアル/パラレルポート(一部のモデルのみ)、USBポートなどの各ポートの使用を制限。不正なデータコピーによる情報漏えいを防止します。

ネットワークサービスブート

ドライブロック機能
ネットワークサーバーにインストールされたOSからの起動の有効/無効化を設定できます。

リムーバブルドライブブート

リムーバブルメディアからの起動の有効/無効化を設定できます。

TPM1.2準拠セキュリティチップ

ドライブロック機能
セキュリティチップと専用ソフトウェアによるファイルやフォルダの暗号化や、暗号化された電子メールの送受信を実現。ハードウェアレベルによる強固で安全性の高いデータ保護が可能です。
※ セキュリティチップは搭載していますが、利用のためのソフトウェアはインストールしていません。

HP Recovery Manager

OSが起動しない重度な障害発生時などでも、出荷時のソフトウェアイメージの再セットアップが簡単に実行可能なリカバリ機能を標準搭載しています。

 
セキュリティロックケーブル用スロット

筐体背面にセキュリティロックケーブル用ホールを装備、PC本体の不正な持ち出しを防ぎます。
セキュリティロックケーブル用スロット

ウイルス対策ソフトウェア
Microsoft Security Essentials プリインストール

Microsoft Security Essentials はウイルス、スパイウェア、およびその他の有害なソフトウェアからPC をリアルタイムで保護できます。
また、バックグラウンドで静かに効率的に動作するため、操作の妨げになるような画面が表示されたり、更新に煩わされたりすることもありません。
ウイルス対策ソフトウェア Microsoft Security Essentials プリインストール
 スタンダードシリーズ  製品特長  省エネ・環境対応    セキュリティ・管理機能
製品の信頼と品質を裏づける、世界No.1※の実績
世界PCシェア No.1快適なデジタルライフを実現するための精緻なデザインと、最新のスペックを凝縮したPCをお求めやすい価格で提供できるのはHPならでは。
世界で一番選ばれているという実績は、そのまま信頼と品質の高さの証といえます。世界PCシェアNo.1※のスケールメリットからなる部材調達力により、コストパフォーマンスに優れた美しいデザインのPCを実現しました。
※ 2006年10月〜2012年12月の出荷台数
出典:IDC, Worldwide Quarterly PC Tracker, Q4 2012

安心の東京生産、カスタマイズモデルも最短5営業日でお手元に

その秘密は"MADE IN TOKYO"。ISO9001認定を受けた東京、昭島事業所での専門スタッフによって、高品質の製品を迅速にお届けする生産体制がとられています。
また、製造ラインの無駄を極限まで削除、独自の取り組みにより東京生産でも低コストを実現しております。海外からの製品移送時の故障リスクもない、国内生産という高い信頼性や安心感、そして優れたプライスパフォーマンスをぜひ手にしてください。

MADE IN TOKYO
   Twitterでフォローする - 日本HP外のウェブサイトへ    Twitterでフォロー
Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。