セキュリティ環境の構築手段としてのサーバベースドコンピューティング

サーバベースドコンピューティングは、クライアント上で動いていたシステムをサーバ上で動かす手法です。限定されたサーバのアプリケーションをコントロールすることでアプリケーションの集中管理が可能となり、管理負担の軽減が可能となります。また、クライアントとサーバの間でやり取りされる情報は、画面の情報とキーボードやマウスでの 入力情報のみのため、ネットワーク負荷を軽減できるといった特長もあります。
しかし最近この技術が注目されてきたのは、この手法がセキュリティ面でも有効であることが認められてきたためです。このシステム上では、アプリケーションが扱う情報はクライアントからは「見る」ことはできますが、データそのものはサーバにあり、クライアント上には存在しません。つまりクライアントにデータを持たせないことによって、情報漏洩のリスクを劇的に軽減することが可能となるのです。