Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  > PDA

ドライバダウンロード

iPAQ Pocket PC

112
212
rx5965
サービス&サポート
ご購入”前”のお問合せ
ご購入”後”のお問合せ
ドライバダウンロード
オプション
導入事例
カタログ
マニュアル
旧モデルの情報
(iPAQ Pocket PC /hp jornada)
新聞・雑誌広告
ギャラリー
日本ヒューレット・パッカードのPDA戦略
HPのPCが選ばれる理由
製品のリサイクルに
ついて
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
iPAQ 導入事例
iPAQ活用ガイド
コンテンツに進む

 HP iPAQ hx4700 Pocket PCシリーズ
ROMアップデート バージョン 1.10.22 JPN(2005.7.26)

対象機種

  ・  HP iPAQ hx4700 Pocket PC

対象OS

  ・  Windows Mobile 2003 Second Edition software for Pocket PC

同期ソフトウェア

  ・  Microsoft ActiveSyncバージョン3.7.1またはそれ以降

システム要件

・  Microsoft Windows 98 SE、Windows ME、Windows 2000、またはWindows XPオペレーティングシステムを実行中のホストPC。
・  Microsoft ActiveSync バージョン3.7.1 またはそれ以降がホストPCにインストールされていること。
Microsoft ActiveSyncの最新バージョンは、MicrosoftのWebサイトからダウンロードできます。
・  HP iPAQ Pocket PC
・  ホストPCとお使いの HP iPAQ Pocket PC との、USBの直接接続。


HP ROMアップデート ユーティリティに関する重要な情報

重要 :  現時点で、拡張バッテリを扱いのお客様はこの新しいROMv1.10.xxでiPAQ Pocket PC hx4700 のアップデートはお控えください。
このROMでは、拡張バッテリの容量を間違って認識してしまうため、バッテリ容量を標準のバッテリと同じように表示してしまいます。
HPでは早急にこの問題を解決するSoftpaqを準備中です。
重要 :  ROMアップデートユーティリティを使用すると、iPAQ File Storeを含む HP iPAQ Pocket PC上のすべてのユーザデータやプログラムなど、現在の ROMイメージおよび既存のActiveSyncパートナー関係が消去されて置き換えられます。
ROMのアップデートを始める前に、Microsoft ActiveSyncまたは iPAQ Backupを使用して個人データのバックアップを作成しておくことをおすすめします。このバックアップは個人データが失われた場合の予備データですので、ROMのアップデートを行った後には使用しないでください。
(注)
HP iPAQ Pocket PCのROMで作成されたバックアップデータは、同じモデル番号およびROMバージョン番号のHPiPAQ Pocket PCにのみインストールすることをおすすめします。バックアップを作成したHP iPAQ Pocket PCとは別のROMバージョンのHP iPAQ Pocket PCに古いバックアップデータを読み込ませると、新しいROMが正しく動作せず、不安定になる恐れがあります。
将来使用するために個人データを保存するには、ActiveSyncの[エクスプローラ]またはiPAQ Backupを使用して、HP iPAQ Pocket PC上のデータをホストPCまたはストレージカードにコピーします。
  ・普段Microsoft Outlookを使用して個人データを同期しない方(「スタンドアロン」ユーザ)は、ホストPCにMicrosoft Outlookをインストールしてから個人データを同期してください。ROMのアップデートが完了し、ホストPC とHP iPAQ Pocket PCとのパートナー関係が確立された後で、個人データを HP iPAQ Pocket PCに保存しなおすことができます。

ROMのアップデートを実行する前に、HP iPAQ Pocket PCからオプション製品をすべて取り外してください。これらが取り付けられたままの場合、アップデートが正常に実行されないことがあります。

アップデート後、お使いのHP iPAQ Pocket PCをホストPCと同期させるために、ActiveSync 3.7.1またはそれ以降のバージョンにより、ホストPCと新しいパートナー関係を確立するように促すメッセージが表示されます。以前確立したActiveSyncのパートナー関係は使用できません。新しいパートナー関係を確立したら、ActiveSyncの[ツール]メニューにある[アプリケーションの追加と削除]コマンドまたはActiveSyncの[エクスプローラ]を使用してプログラムや個人データを再ロードできます。このタスクの実行について詳しくは、Companion CDに収録されている『ユーザーズガイド』を参照してください。

  ・アップデートユーティリティにエラーが発生した場合は、ホストPCの画面に表示される指示に従ってエラーを解消してください。明確に指示されない限り、フルリセット(ハードリセット)は実行しないでください。
重要 : 誤った方法でROMアップデートユーティリティを使用するとアップデートに失敗しiPAQが正常動作しない可能性があります。この場合は修理が必要になりますが、ROMアップデートの失敗による動作異常は無償保証期間内であっても有償修理となりますので、以下の注意事項を十分にお読みいただいた上でアップデート手順にしたがって慎重におこなってください。


アップデート時の注意事項

1.

ROMアップデートの間、ROMアップグレード・ユーティリティで以下のことができます。
- 現在の ROMイメージの情報を照会
- 新しい ROM イメージが、ご使用のデバイスと互換性があることを検証
- 自動的にiPAQデバイスをフラッシュモードにします
- ご使用のデバイス上でROM イメージのアップデートすることが可能

2. 重要 : お使いのホスト PC 上でスタンバイ、及び、ハイバーネーションモードを無効にしておいてください。もし、スタンバイまたはハイバーネーションがアップグレード中に起こった場合、プロセスおよびクリティカル・エラーが発生する可能性があります。
3. 重要 : アップデートを開始して完了するまでに、十分な時間の計画を立ててください。ROM バックアップ、および、 ROMアップデートを実行するのに必要な時間は、おおよそ次のとおりと算定されています。
※ USB経由 - 約25分
4. 重要 : ROMのアップデートを実行する前に、オプション製品をすべて取り外してください。これらが取り付けられたままの場合、アップデートが正常に実行されないことがあります。
5. 重要 : ROMのアップデートを実行する前に、ソフトリセットを行い実行中のすべてのプログラムを終了してください。いくつかのアプリケーションが実行されたままの場合、アップデートが正常に実行されないことがあります。
6. アップグレード中のiPAQを動作させたり、AC電源またはクレードル/ ケーブルを外したりしないでください。
7. アップグレードプロセス中にエラーメッセージが表示される場合は表示されているメッセージに従い、アップグレード環境を修正してROMアップグレード・ユーティリティを再度実行します。
8. ホストPCでWindows 98 SE または Windows ME を実行していてROMのアップデートが中断された場合、ホストPCの再起動が必要になることがあります。
9. ホストPCとHP iPAQ Pocket PCとの間で標準またはゲストパートナーシップが確立されている必要があります。


アップデート手順

1 ) SP29837.EXEファイル をお使いのPCのハードディスクドライブ上にある任意のディレクトリにダウンロードします。
2 ) ダウンロードしたSP29837.EXEファイルを実行します。画面の指示に従って作業を進めますと、ROMアップデートに関するファイルが指定したディレクトリにコピーされ、以下のROMアップグレード・ユーティリティが表示されます。
3 ) ホストPCとHP iPAQ Pocket PCとの間で標準またはゲストパートナーシップを確立します。
4 ) 「ReadMeを表示する」をクリックしてReadMeファイルの重要情報を十分にお読みいただいた上で、「上記の警告を理解し、ReadMeファイルの情報を読みました。」をチェック(レ点)し「次へ」を選択します。
重要 : このアップデートをインストールすると、iPAQ File Storeを含む、iPAQ Pocket PC上のすべての情報が削除されます。 ReadMeファイルの重要情報をお読みください。
インストールを中止する場合は、「キャンセル」を選択してROMのアップデートを終了します。
5 ) 以下の現在のROM情報とアップデートされるROM情報が表示されますので、「アップデート」を選択してROMのアップデートプロセスを開始します。
6 ) アップデートプロセス中は以下の画面が表示されます。
重要 : アップグレード中のiPAQを動作させたり、AC電源またはクレードル / ケーブルを外したりしないでください。
7 ) 以下の画面が表示されればアップデート作業は完了です。「終了」を選択してユーティリティを閉じます。
8 ) ROMアップデート完了後、HP iPAQ Pocket PCの[スタート]メニューから[設定]→[システム]タブ→[hpアセットビューア]画面より

ROMの日付:06/25/05
ROMのリビジョン:1.10.22JPN

と表示されていることをご確認下さい。
なお、手順1でダウンロードしたアップデートプログラムファイルは削除しても構いません。
また、インストールが完了したら、手順2で作成されたディレクトリを削除しても構いません。


アップデート時の既知の問題およびその対応法

アップデートが完了した後、ホストPCのシステムトレイにActiveSyncアイコンが2つ表示される場合があります。誤ったアイコンを消すには、マウスでカーソルをアイコンの上に移動させます。
USBハブを介してHP iPAQ Pocket PCをホストPCに接続した場合、通信エラーが生じる可能性があります。HP iPAQ Pocket PCは、ホストPCの使用可能な USBポートに直接接続してください。
ROMのアップデートを実行する際は、USBの直接接続を使用してください。その他の接続方法では、アップデートが失敗する場合があります。
拡張バッテリをご使用の場合は、アップデートしないで下さい。適用すると拡張バッテリの容量が正しく認識されず、標準バッテリと同量に表示される現象が確認されております。


ダウンロード

      Softpaq SP29837ダウンロードサイト (約29.7MB)

アップデートに含まれる追加・修正・改善点

修正点
ワイヤレス接続の問題を修正しました。
.NETframeworkの実行の問題を修正しました。
サードパーティアプリケーションからの大音量のオーディオ信号が潜在的なスピーカーの損傷を招く問題を修正しました。
電源の投入後、AGCの設定が保存されていない問題を修正しました。
ユーザーインターフェースが存在しないネットワークへ接続しているように表示する問題を修正しました。
PEAP証明がユーザーパスワードが期限切れということを表示させずにfailになる問題を修正しました。
HTTP postが16Kより大きいとPocket Ubternet Explorerが動かなくなり、ページのロードに失敗してしまう問題を修正しました。
ある状況下でWiFi接続状況が正しく表示されない問題を修正しました。
USBケーブルが抜かれた後、アクティブモデム接続の再確立ができない問題を修正しました。
2つ目のアクセスポイントに対して同じSSIDで証明することに失敗するといったWPA-PSK証明を使用するとき発生する問題を修正しました。
point-to-point protocol (PPP) 接続が確立されたとき、client device packets がターゲットLANに正しくルートしない問題を修正しました。
Serial Line Internet Protocol (SLIP)サーバーセッションが切断されるとき例外エラーが生成される問題を修正しました。
セカンダリIPアドレスが指定されていると、DNSアドレスが間違っていてもサーバーをパスする問題を修正しました。
間違ったWEPキーが使用される問題を修正しました。
戻る/進むでキャッシュされたページがインターネットに送られない問題を修正しました。
Wireless Session Protocolを超えたGETリクエストを送ったとき、URLにセミコロンが含まれると切捨てられない問題を修正しました。

改善点
Microsoft Pocket Internet Explorerの改善しました。
Microsoft Windows Media Playerの改善しました。
同時にひとつ以上のアプリケーション設定をアクティブにすることが可能になりました。
タイトルバーに新しいデータ接続アイコンを追加しました。
ServerSyncのアプリケーションの安定性を改善しました。
#で始まる番号へのダイヤルが可能になりました。
Wi-Fi設定項目を改善しました。
Contacts application search機能で#と*が使用可能になりました。


印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡