Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  > PDA

ドライバダウンロード

iPAQ Pocket PC

112
212
rx5965
サービス&サポート
ご購入”前”のお問合せ
ご購入”後”のお問合せ
ドライバダウンロード
オプション
導入事例
カタログ
マニュアル
旧モデルの情報
(iPAQ Pocket PC /hp jornada)
新聞・雑誌広告
ギャラリー
日本ヒューレット・パッカードのPDA戦略
HPのPCが選ばれる理由
製品のリサイクルに
ついて
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
iPAQ 導入事例
iPAQ活用ガイド
コンテンツに進む

 iPAQ Pocket PC 本体

HP iPAQ 112 Classic Handheld ROMアップデート1.01.03 JPN(2008.6.27)
b-Walker For iPAQ Naviアップデート バージョン RELEASE 2.10.19 (2007.05.09)
HP iPAQ hx2000b Pocket PC(Microsoft® Windows Mobile™ 5.0搭載)シリーズ ROMアップデート1.02 JPN(2006.7.21)
HP iPAQ hx2000 Pocket PC(Microsoft® Windows Mobile™ 5.0搭載)シリーズ ファームウェアアップグレード 1.00(2006.5.25)
HP iPAQ hx2750 Pocket PC シリーズ Fingerprint Driver Update for ROM v1.10 (2006.4.13)
HP iPAQ rx1950 Pocket PCシリーズ ファームウェア アップデート バージョン1.01.02(2006.2.9)
HP iPAQ hx4700 Pocket PCシリーズ 大容量バッテリ対応ROMアップデート(2005.8.16)
HP iPAQ hx2xxx Pocket PCシリーズROMアップデート バージョン 1.10.04 JPN(2005.8.5)
HP iPAQ hx4700 Pocket PCシリーズROMアップデート バージョン 1.10.22 JPN(2005.7.26)
HP iPAQ Pocket PC hx4700 Series Audio Driver Update バージョン1.00 (日本語)
HP iPAQ rx3715 Mobile Media Companionシリーズ ROMアップデート バージョン1.01.11 JPN(2005.4.19)
HP iPAQ hx2410/hx2750 Pocket PCシリーズ ROMアップデート(2005.3.24)
iPAQ Pocket PC h5450 ROMアップデート バージョン1.11.XX (2003.9.16)
iPAQ Pocket PC h5450 WLANファームウェアアップデート バージョン100.5.39 (2003.9.16)
iPAQ Pocket PC H3950/H3970 ROMアップデート バージョン1.11(H3950)/2.10(H3970)(2003.4.30)
Pocket PC 2002 アップデート3 (PPCEUU3_JPN)(2002.12.25)
ROMアップデートバージョン RELEASE 4 (2002.01.28)
IBM Microdriveカードが認識できない不具合の修正 (2001.10.23)

 iPAQ Pocket PC ドライバ関連

マイクロキーボード(250111-291)用 Version 2.15 (2002.10.22)
ホルダーキーボード(249693-291)用 Version 1.67 (2002.10.18)
無線LAN PCカード用パワー保護ユーティリティ

 添付ソフトウェア

EasyViewer for iPAQ 修正版 Ver. 3.11 リリース (2001.10.23)

 サードパーティ拡張パック ドライバ関連

SPS3000用 ドライバ Version 2.02.04版 (H3900シリーズに対応) (2003.04.07)
SPS3046用 ROMイメージ Version 2.02.04版 (H3900シリーズに対応) (2003.04.07)

 b-Walker For iPAQ Naviアップデート バージョン RELEASE 2.10.19 (2007.05.09)

注意事項
※ HP iPAQ rx5965 Travel Companionのみ対象です。
このアップデートは、正規製品ユーザー様向けに御提供するものです。HP iPAQ rx5965 Travel Companion本体内のb-Walker For iPAQ Naviアプリケーションをバージョン2.10.19に更新します。 このため、rx5965本体を初期化しても再アップデートする必要はありません。
アップデート内容
・Ver2.10.18を適用になられた場合、案内時の距離表示が断続的におかしくなる状況を改善しました。
・Ver2.10.18を適用になられた場合、案内時の距離表示に、異常に大きな値が表示される現象が発生していた個所を修正。
・リルートを頻繁に行うと「ルート検索エラー」が発生する場合があるのを改善しました。 (2.10.18)
・POI駅検索データ名称の内容充実(路線名拡張)いたしました。(2.10.17)
・住所検索データの改善を行いました。(2.10.17)
・音声案内で案内が遅れる場合がある現象を改善いたしました。(2.10.17)
新機能
・無し
対象機種
・HP iPAQ rx5965 Travel Companion
ダウンロード
http://www.b-walker.net/info/index.html

 HP iPAQ Pocket PC hx4700 Series Audio Driver Update バージョン1.00 (日本語)

対象機種
HP iPAQ hx4700 Pocket PC
対象OS
Windows Mobile 2003 Second Edition software for Pocket PC
同期ソフトウェア
ActiveSync 3.7 またはそれ以降のバージョン
アップデート内容
HP iPAQ hx4700 Pocket PCのマイク音量を、[設定]-[システム]-[iPAQオーディオ]-[マイク]の手順で、オートゲインコントロー ルを無効にしてゲイン設定を静的に変更しても、ソフトリセットまたはスタンバイから復帰(電源ボタンをオフ/オン)すると、ゲイン設定値を保持せずマイク音量が常に「最大」になる現象を解決しています。
ダウンロード
Softpaq SP30211 ダウンロードサイト (Japanese(日本語)を選択してください)

 iPAQ Pocket PC h5450 ROMアップデート バージョン1.11.XX (2003.9.16)

対象機種
iPAQ Pocket PC h5450
対象OS
Pocket PC 2002
同期ソフトウェア
ActiveSync 3.5またはそれ以降のバージョン
< 注意 >
WLANファームウェアをバージョン0.100.5.39以上にアップデートする必要があります。別途準備されているアップデートキットでアップデートしてください。WLANファームウェアのアップデートは、必ず本ROMアップデート実施後に行ってください。決して本ROMアップデートを実施前に、WLANファームウェアのアップデートを行わないでください。
アップデートに含まれる主な追加・修正・改善点
WLANとBluetoothソフトウェア両方のバーチャル・メモリを改善
WLANソフトウェアとドライバの改善
  WLANパフォーマンスの改善
  LEAP認証クライアントをサポート(0.100.5.39以上のファームウェアが必要)
  最初の設定時のWLANプロファイルのバグの修正
  可能性があるセキュリティ問題を防ぐための指紋認証SWのアップデート
  802.11bと802.11gの両方をサポートするアクセスポイントへの802.11bでの接続(0.100.5.39以上のファームウェアが必要)
バッテリ・パフォーマンスを改善するためのバッテリ・ドライバの改善
SDドライバのアップデート
SDIOをサポート
IPSMドライバのアップデート
「iPAQ Image Viewer」のバージョンアップ(大きな画像ファイルの表示サポート)
「iPAQ バックアップ」のバージョンアップ
「iTASK」のバージョンアップ
Bluetoothソフトウェアのアップデート
NevoソフトウェアをコンポーネントをWebからダウンロードできるようにアップデート
アップデート手順
1 SoftPaq をお使いのPCのハードドライブ上にあるディレクトリにダウンロードします。
2 ダウンロードしたファイルを実行します。画面の指示に従って作業を進めますと、ROMアップデートに関するファイルが、指定したディレクトリにコピーされます。
お使いのホスト PC 上でスタンバイ、及び、ハイバーネーションモードを無効にしておいてください。もし、スタンバイまたはハイバーネーションがアップグレード中に起こった場合、プロセスおよびクリティカル・エラーが発生する可能性があります。
3 アップデートを開始して完了するまでに、十分な時間の計画を立ててください。ROM バックアップ、および、 ROMアップデートを実行するのに必要な時間は、おおよそ次のとおりと算定されています :
 ※ USB経由   - 20分
 ※ シリアル経由  - 90分
4 上記の手順2で作成されたディレクトリにある”RUU.exe”ファイルを実行すると、ROMアップグレード・ユーティリティが表示されますので、表示される手順に従ってアップデート作業を行ってください。
ROMアップグレード・ユーティリティは、現在の ROM イメージを交換し、お使いのiPAQ Pocket PC上でパートナーシップや、ユーザー・データ、及び、プログラム全てを消去するように設計されています。以下の「ROMアップグレード・ユーティリティについて」をよく熟読されてから作業を行ってください。
[連絡先]および[予定表]の[PIM情報の固定]でバックアップされたデータは、このアップデートで消去されます。また、iPAQ Backupでアップデート前のデータをアップデート後に復元するとSDメモリが認識しない現象が発生します。インストールされたアプリケーションやデータなどは、新たにコピーをする必要があります。
アップグレード中のiPAQを動作させたり、AC電源またはクレードル / ケーブルを外したりしないでください。
5 アップデート作業は完了です。なお、手順1でダウンロードしたアップデートプログラムファイルは削除しても構いません。また、インストールが完了したら、手順2で作成されたディレクトリを削除しても構いません。
ROMアップグレード・ユーティリティについて
ROMアップデートの間、ROMアップグレード・ユーティリティで以下のことができます。:
 - 現在の ROMイメージの情報を照会
 - 新しい ROM イメージが、ご使用のデバイスと互換性があることを検証
 - 現在のROM イメージをバックアップすることが可能
 - ご使用のデバイス上でROM イメージのアップデートまたは復元することが可能
このアップグレード・ユーティリティは、現在のROMイメージを書き換えて、お使いのiPAQ Pocket PCからパートナー関係とすべてのユーザ データおよびプログラムを消去します。アップデートを始める前に、ActiveSyncのエクスプローラを使用して、iPAQ Pocket PCから、iPAQ File Storeを含むすべてのデータを、ホストPCまたはメモリカードにバックアップを取ってください。スタンドアロンで使用している場合は、ホストPCにMicrosoft® Outlookをインストールし、PIMデータを同期させることをおすすめします。ROMのアップデートが終了したら、もう一度同期させて、PIMデータをiPAQ Pocket PCに戻します。OutlookはCompanion CDに収録されています。
アップデートを実行する前に、拡張パック(ジャケット)やその他アップデートに必要のないオプション製品をすべて取り外してください。これらが取り付けられたままの場合、アップデートが正常に実行されないことがあります。
アップデートの完了後、ActiveSyncによって、パートナー関係を再構築するように促すメッセージが自動的に表示され、お使いのiPAQ Pocket PCとホストPCの同期を取るための操作が順を追って表示されます。パートナー関係は、ホストPCにとって固有のものであるため、以前のパートナー関係は使用できなくなっています。終了後、ActiveSyncのメニューから、[ツール]→[プログラムの追加/削除]の順に選択して、プログラムをリロードしてください。
アップデートを実行する前に、現在のROMイメージのバックアップをとっておくことをおすすめします。こうすることにより、このバージョンのROMイメージに戻すことも可能になります。ユーティリティの起動後、[アップデート]ボタンを選択する前に、[バックアップ]ボタンを選択してください。[バックアップ]を選択すると、ROMイメージに名前を付けてホストPCに保存できます。
アップデート後の新しいROMイメージでは、現在のROMイメージに関連付けられた以前のユーザ データやプログラムのバックアップを使用しないでください。Pocket PC2002の変更に伴って、予想外の結果が生じる可能性があります。ただし、現在のROMイメージに戻した場合に備えて、以前のユーザ データやプログラムのバックアップを保管しておくことも有益かもしれません。
アップグレード ユーティリティが正常に動作せず、エラーが発生した場合は、ダイアログ ボックスに表示されるメッセージに従って操作してください。一般的なエラーの解決策としては、状態を改善した後、アップグレード ユーティリティを再起動します。メッセージに明記されていない限り、フル リセット(ハード リセット)は行わないでください。
既知の問題点:
1 iPAQ Pocket PCをアップデート モードにした後ホストPCに再接続すると、Microsoft® Windows® XPがiPAQを認識せずに[新しいハードウェアの検出]ウィザードが起動される場合があります。この場合は、アップデートを続ける前に自動的 にソフトウェアをインストールするオプションを選択して[次へ]をクリック します。Microsoft® Windows® XPにより、すでにPCにあるソフトウェアが検出されます。ウィザードが終了したら、アップデート ユーティリティでの操作を続けます。
2 デバイスが応答していないというアップデート ユーティリティのエラー メッセージが表示された場合は、ユーティリティを終了してください。[新しいハードウェアの検出]ウィザードですでにPCにあるソフトウェアの検出プロセスを完了させてください。ウィザードが終了してから、アップ デート ユーティリティを再起動します。
3 iPAQ Pocket PCをアップデート モードにした後ホストPCに再接続すると、ActiveSyncにより、デバイスが認識されないためCOMポートを切り離して再試行するように求めるメッセージが表示される場合があります。この場合はこれらのActiveSyncのメッセージを無視し、アップデート ユーティリティの説明に従って操作してください。
4 iPAQ Pocket PCを、USBハブを介してホストPCに接続すると、通信エラーが発生する場合があります。
5 USBまたはシリアル接続以外の接続をしている場合、アップデートはできません。例えば、赤外線(IrDA)、Bluetooth、無線LAN、LAN接続ではアップデートは行えません。
ダウンロード
Softpaq SP25874 ダウンロードサイト(「Japanese」 を選択してください)(約17.6MB)

 iPAQ Pocket PC h5450 WLANファームウェアアップデート バージョン100.5.39 (2003.9.16)

対象機種
iPAQ Pocket PC h5450 (ROMバージョン v1.11.xx)
対象OS
Pocket PC 2002
同期ソフトウェア
ActiveSync 3.5またはそれ以降のバージョン
< 注意 >
本体ROMをv1.11.xxにアップデートする必要があります。別途準備されているアップデートキットでアップデートしてください。本WLANファームウェアのアップデートは、必ずROMアップデート実施後に行ってください。決してROMアップデートを実施前に、本WLANファームウェアのアップデートを行わないでください。
アップデートに含まれる追加・修正・改善点
LEAP認証クライアントをサポート
802.11bと802.11gの両方をサポートするアクセスポイントへの802.11bでの接続
アップデート手順
このSoftpaqは自動的にホストPCでフォームウェアアップデート・ユーティリティを起動します。ActiveSyncはiPAQ Pocket PCにアップデートファイルとアプリケーションをインストールするのに必要です。iPAQ Pocket PCへのファイルのコピーが終わったあと、アプリケーションは”開始”ボタンを押されるまで
< 注意 >
iPAQ Pocket PCで"開始”ボタンをタップした後、iPAQの電源をOffしたりAC電源を抜いたりしないでください
1 SoftPaq をお使いのPCのハードドライブ上にあるディレクトリにダウンロードします。
お使いのホスト PC 上でスタンバイ、及び、ハイバーネーションモードを無効にしておいてください。もし、スタンバイまたはハイバーネーションがアップグレード中に起こった場合、プロセスおよびクリティカル・エラーが発生する可能性があります。
2 iPAQ Pocket PCとホストPCをActiveSyncで接続します。
3 ダウンロードしたファイルを実行します。画面の指示に従って作業を進めますとWLANファームウェアアップデートに関するファイルが、指定したディレクトリにコピーされます。
4 アプリケーションの追加/削除プログラムが開始されたときに、”はい”を選択します。アプリケーションのダウンロードが完了したときに”完了"を選択してください。
5 iPAQ Pocket PCにAC電源が供給されていることを確認後、WLANの構成画面が表示されますのでOKをタップして画面を切り替えると、iPAQ上の”アップデート開始"画面が表示されますので”アップデート開始”ボタンをタップします。(1分で完了します)
6 WLANファームウェアのアップグレードが完了したときに、”OK”をタップしてiPAQをノーマルリセット(リセットボタンをスタイラスで2秒間押す)します。
7 アップデート作業は完了です。なお、手順1でダウンロードしたアップデートプログラムファイルは削除しても構いません。また、インストールが完了したら、手順3で作成されたディレクトリを削除しても構いません。
ダウンロード
Softpaq SP24571 ダウンロードサイト(「Japanese」 を選択してください)(約3.2MB)

 iPAQ Pocket PC H3950/H3970 ROMアップデート バージョン1.11(H3950)/2.10(H3970)(2003.4.30)

対象機種
iPAQ Pocket PC H3950/H3970
対象OS
Pocket PC 2002
同期ソフトウェア
ActiveSync 3.5またはそれ以降のバージョン
アップデートに含まれる追加・修正・改善点
SDIOをサポート
SDドライバのアップデート
IPSMドライバのアップデート
「iPAQ バックアップ」のバージョンアップ
「iTASK」のバージョンアップ
EUU3 に含まれる全ての修正
バックライトは、スクリーン・トグルの後消えるようになりました。
ソフトリセットの後、”拡張パック ”というタイトルが画面にフリーズしていた点を改善
Wav ファイル再生中の最後の部分のポッピング・ノイズの解消
ジャケット使用時のソフトウェア・リセット後のスクリーン・リフレッシュの改善
Bassを増加させたときのオーディオの歪みを解消
アップデート手順
1 SoftPaq をお使いのPCのハードドライブ上にあるディレクトリにダウンロードします。
2 ダウンロードしたファイルを実行します。画面の指示に従って作業を進めますと、ROMアップデートに関するファイルが、指定したディレクトリにコピーされます。
お使いのホスト PC 上でスタンバイ、及び、ハイバーネーションモードを無効にしておいてください。もし、スタンバイまたはハイバーネーションがアップグレード中に起こった場合、プロセスおよびクリティカル・エラーが発生する可能性があります。
3 アップデートを開始して完了するまでに、十分な時間の計画を立ててください。ROM バックアップ、および、 ROMアップデートを実行するのに必要な時間は、おおよそ次のとおりと算定されています :
 ※ USB経由   - 30分
 ※ シリアル経由  - 45分〜1時間
4 上記の手順2で作成されたディレクトリにある”UpgradeUt.exe ”ファイルを実行すると、ROMアップグレード・ユーティリティが表示されますので、表示される手順に従ってアップデート作業を行ってください。
ROMアップグレード・ユーティリティは、現在の ROM イメージを交換し、お使いのiPAQ Pocket PC上でパートナーシップや、ユーザー・データ、及び、プログラム全てを消去するように設計されています。以下の「ROMアップグレード・ユーティリティについて」をよく熟読されてから作業を行ってください。
[連絡先]および[予定表]の[PIM情報の固定]でバックアップされたデータは、このアップデートで消去されます。また、iPAQ Backupでアップデート前のデータをアップデート後に復元するとSDメモリが認識しない現象が発生します。インストールされたアプリケーションやデータなどは、新たにコピーをする必要があります。
アップグレード中のiPAQを動作させたり、AC電源またはクレードル/ ケーブルを外したりしないでください。
5 アップデート作業は完了です。なお、手順1でダウンロードしたアップデートプログラムファイルは削除しても構いません。また、インストールが完了したら、手順2で作成されたディレクトリを削除しても構いません。
ROMアップグレード・ユーティリティについて
ROMアップデートの間、ROMアップグレード・ユーティリティで以下のことができます。:
 - 現在の ROMイメージの情報を照会
 - 新しい ROM イメージが、ご使用のデバイスと互換性があることを検証
 - 現在のROM イメージをバックアップすることが可能
 - ご使用のデバイス上でROM イメージのアップデートまたは復元することが可能
このアップグレード・ユーティリティは、現在のROMイメージを書き換えて、お使いのiPAQ Pocket PCからパートナー関係とすべてのユーザ データおよびプログラムを消去します。アップデートを始める前に、ActiveSyncのエクスプローラを使用して、iPAQ Pocket PCから、iPAQ File Storeを含むすべてのデータを、ホストPCまたはメモリカードにバックアップを取ってください。スタンドアロンで使用している場合は、ホストPCにMicrosoft® Outlookをインストールし、PIMデータを同期させることをおすすめします。ROMのアップデートが終了したら、もう一度同期させて、PIMデータをiPAQ Pocket PCに戻します。OutlookはCompanion CDに収録されています。
アップデートの完了後、ActiveSyncによって、パートナー関係を再構築するように促すメッセージが自動的に表示され、お使いのiPAQ Pocket PCとホストPCの同期を取るための操作が順を追って表示されます。パートナー関係は、ホストPCにとって固有のものであるため、以前のパートナー関係は使用できなくなっています。終了後、ActiveSyncのメニューから、[ツール]→[プログラムの追加/削除]の順に選択して、プログラムをリロードしてください。
アップデートを実行する前に、現在のROMイメージのバックアップをとっておくことをおすすめします。こうすることにより、このバージョンのROMイメージに戻すことも可能になります。ユーティリティの起動後、[アップデート]ボタンを選択する前に、[バックアップ]ボタンを選択してください。[バックアップ]を選択すると、ROMイメージに名前を付けてホストPCに保存できます。
アップデート後の新しいROMイメージでは、現在のROMイメージに関連付けられた以前のユーザ データやプログラムのバックアップを使用しないでください。Pocket PC 2002の変更に伴って、予想外の結果が生じる可能性があります。ただし、現在のROMイメージに戻した場合に備えて、以前のユーザ データやプログラムのバックアップを保管しておくことも有益かもしれません。
このユーティリティでは、H3100/H3600シリーズのROMアップグレード ユーティリティとは異なる方法でROMをアップデートします。この新しい方法では、iPAQ Pocket PCを、手動でアップデート モードにする必要があります。この手順については、ユーティリティの実行中に説明されます。アップデート モードにすると、ActiveSyncによって、「デバイスが認識されません」または「COMポートを切断し、もう一度やり直してください」というようなメッセージが表示されることがあります。これに類するメッセージは無視をして、アップグレード ユーティリティの表示に従って操作を続けてください。
アップグレード ユーティリティが正常に動作せず、エラーが発生した場合は、ダイアログ ボックスに表示されるメッセージに従って操作してください。一般的なエラーの解決策としては、状態を改善した後、アップグレード ユーティリティを再起動します。メッセージに明記されていない限り、フル リセット(ハード リセット)は行わないでください。
既知の問題点:
1 アップデート完了後、ホストPCのシステム トレイにActiveSyncのアイコンが2つ表示されることがあります。この場合、1つは正しいアイコンですが、もう1つは間違って表示されています。カーソルをアイコンの上に移動させると、間違って表示されたアイコンは消えます。
2 iPAQ Pocket PCを、USBハブを介してホストPCに接続すると、通信エラーが発生する場合があります。
3 USBまたはシリアル接続以外の接続をしている場合、アップデートはできません。例えば、赤外線(IrDA)、Bluetooth、無線LAN、LAN接続ではアップデートは行えません。
ダウンロード
H3950用
Softpaq SP22951 ダウンロードサイト(「Japanese」 を選択してください)(約15.9MB)
H3970用
Softpaq SP22969 ダウンロードサイト(「Japanese」 を選択してください)(約16.5MB)

 Pocket PC 2002 アップデート3 (PPCEUU3_JPN)(2002.12.25)

対象機種
iPAQ Pocket PC H3630/H3660 の Pocket PC 2002 ROMアップグレード機
(PocketPC2002へアップグレードされている機器のみ適応できます)
iPAQ Pocket PC H3850/H3870
iPAQ Pocket PC H3950/H3970
(H3950は本体ROMのバージョンが1.0のもの、H3970は本体ROMのバージョンが2.0のものが対象です)
対象OS
Pocket PC 2002
アップデートに含まれる修正・改善点
以前のアップデート (EUU) の内容をすべて含んでいます。
新しいテーマを備え、より高いパフォーマンスを実現する最新版の Microsoft® Windows® Media™ Player が追加されました。
[Today] 画面に “Bliss” テーマが新たに追加されました。
Pocket Internet Explorer で Tab キーがサポートされるようになりました。
修正: セキュリティで保護されている Web サイトを表示しようとすると、Pocket Internet Explorer が応答しなくなる場合があります。
修正: PPP LCP 再ネゴシエーション要求によって、予期せずに接続が切断されます。
修正: スペースを含まない、非常に長い文字列を入力した後に Enter をタップすると、PocketWord およびメモが応答しなくなります。
修正: Pocket Outlook Object Model (POOM): 受信者を追加しても、予定が会議として設定されることはなくなりました。
Microsoft® Server ActiveSync® クライアントが追加されました。
修正・改善点の詳細については、解凍されたドキュメント 「EUU3_JPN.rtf」 を参照してください。
注意事項
このアップデートは、iPAQ本体のROMを更新します。このため、本体をフルリセットを行い、購入出荷時の状態に戻されましても、再アップデートする必要はございません。
アップデート手順
1 PCにダウンロードされたSP22552.EXEを実行し、解凍します。解凍場所を指定されない限り、PC側の C:\iPAQ\SP22552フォルダに [PPCEUU3_JPN]ファイルが解凍されます
2 iPAQのデータ記憶用メモリに12MBバイト以上の空きがあることを確認します。
−空き領域確認方法−
iPAQのスタートメニューから[設定] - [システム]のタブをタップして、[メモリ]を開き、左側のデータ記憶用の空き領域を確認する。もし、12MB以上なければ、スライドバーのつまみを移動して、メモリーの割り当てを調節します。
3 解凍された[PPCEUU3_JPN]ファイル (EUU3_JPN.CAB) をAcitiveSync経由でiPAQ側のMy Documentsフォルダ、もしくはPCから直接メモリカードなどへ貼り付けます。PCから直接メモリカードへコピーされた場合は、このあとiPAQ側のMyDocumentsフォルダへ度コピーを行ってください。
4 iPAQ側へ[PPCEUU3_JPN]ファイル (EUU3_JPN.CAB) のコピーが終了しましたら、次のどれかの方法で、ActiveSync接続を無効にします
・iPAQ本体をクレードルやケーブルから切り離す
・ホストPCからクレードルやケーブルを取り外す
アップデート作業を失敗する恐れがありますので、必ず上記の方法でActiveSync接続を無効にしてください。
5 ACアダプタを直接iPAQへ挿してACアダプタ駆動の状態にします。このとき、拡張パックは取り外し、iPAQ単体で作業を行ってください。
アップデート作業中、バッテリの残りがが少なくなりますとアップデート作業が中断され、iPAQが起動しなくなる恐れがあります。必ずACアダプタを接続して下さい。
6 パスワードの設定、およびオーナー情報を電源投入時に表示する設定にしている場合には設定を解除します。
−パスワードの解除方法−
iPAQのスタートメニューから[設定] - [パスワード]を開き、パスワードを入力、パスワードなしにチェックして、OKをする。画面に「変更を保存しますか?」と表示されますので、はいをタップします。
−オーナー情報の表示の解除方法−
iPAQのスタートメニューから[設定] - [オーナー情報]を開き、デバイスの電源を入れたらこの情報を表示するのチェックを外してOKをする。
7 iPAQ本体の電源ボタン左横にあるランプがオレンジに点灯もしくは点滅している事を確認します。iPAQのスタートメニューから[プログラム] - [ファイルエクスプローラ]を開き、[PPCEUU3_JPN]ファイルをコピーしたMy Documentsフォルダを選択します。
8 My Documentsフォルダに[PPCEUU2_JPN]ファイルがあることを確認し、[PPCEUU3_JPN]ファイル (EUU3_JPN.CAB) 上をタップします。
9 「ファイルをコピーしています」のメッセージが表示された後、画面に「ROM アップデート この処理を行なうとモバイルデバイスは 完全にアップデートされます。…」と表示されます。「はい」をタップし、アップデート作業を続行します。
10 画面が一旦起動時画面に切り替わり「ROMアップデート ROMアップデート実行中です。」のウインドウが表示されます。ROMアップデート作業終了まで、このメッセージは表示し続けます。
画面上では処理時間が約2分と表示されておりますが、本アップデート処理は約10分かかります。
システムファイルをアップデートしておりますので、作業中に画面をタップしたり電源を切るような作業は避けて下さい。
11 ROMアップデート作業が終了しますと「ROMアップデート アップデートが完了しました。[OK]をタップし続行してください」とメッセージが表示されますので[OK]をタップします。自動的に再起動がかかり、Todayの画面が表示されます。
12 アップデート作業完了です。
作業終了後、My Documentsにコピーされた[PPCEUU3_JPN]ファイル (EUU3_JPN.CAB) は自動的に削除されますが、削除されなかった場合は、そのまま削除して頂いて結構です。
ダウンロード
Softpaq SP22552 ダウンロードサイト(「Japanese」 を選択してください)(約6.1MB)

 ROM アップデート バージョン RELEASE 4 (2002.01.28)

注意事項
※Pocket PC 2000 のみ対象です。
このアップデートは、本体ROMをバージョン1.87.00に更新します。このため、本体を初期化しても再アップデートする必要はありません。
アップデート内容
2001年1月以降に生産されたIBM Microdriveが正しく認識されずフォーマットを促すダイアログが表示されることがある現象を修正しました。
拡張パック装着時に、拡張バッテリーに障害があれば警告メッセージを表示するようにしました。
デュアルPCカード拡張パックのソケット1でのPCMCIA検出を改善しました。
Microsoft® Windows® NT 4.0 におけるシリアル接続での不具合を修正しました。
新機能
・全二重オーディオのサポート
・Wake on Ringのサポート
対象機種
・iPAQ Pocket PC H3630
・iPAQ Pocket PC H3660
対象ROMバージョン
・1.78.00JPN
・1.79.00JPN
ダウンロード
Softpaq SP20017 ダウンロードサイト(日本語を選択してください)

 IBM Microdriveカードが認識できない不具合の修正 (2001.10.23)

アップデート内容
iPAQ Pocket PC H3600シリーズにおいて、一部2001年1月以降に生産されたIBM Microdriveが正しく認識されず、フォーマットを促すダイアログが表示される場合があります。Softpaq SP18079(英語版)をダウンロードし、最新のPCMCIA.DLLを導入いただきますと、IBM Microdriveを正しく認識させることができます。
対象機種
・iPAQ Pocket PC H3630
・iPAQ Pocket PC H3660
対象ROMバージョン
・1.78.00JPN
・1.79.00JPN
ダウンロード
Softpaq SP18079 ダウンロードサイト

 マイクロキーボード(250111-291)用 Version 2.15 (2002.10.22)

マイクロキーボードに同梱されているCD-ROMに収納されているドライバの最新版がリリースされました。
アップデート内容
・H3900シリーズ(H3950およびH3970)に対応
・「。」「、」「ー」 が入力できなかった問題を解決
対象機種
・iPAQ Pocket PC H3850
・iPAQ Pocket PC H3870
・iPAQ Pocket PC H3950
・iPAQ Pocket PC H3970
・iPAQ Pocket PC H5450
ダウンロード
Softpaq SP22417 ダウンロードサイト(日本語を選択してください)

 ホルダーキーボード(249693-291)用 Version 1.67 (2002.10.18)

ホルダーキーボードに同梱されているCD-ROMに収納されているドライバの最新版がリリースされました。
アップデート内容
・「X」(全角大文字)が入力できなかった問題を解決
対象機種
・iPAQ Pocket PC H3850
・iPAQ Pocket PC H3870
・iPAQ Pocket PC H3950
・iPAQ Pocket PC H3970
・iPAQ Pocket PC H5450
ダウンロード
Softpaq SP22426 ダウンロードサイト(日本語を選択してください)

 無線LAN PCカード用パワー保護ユーティリティ

このユーティリティは、無線LANカードを使用時にパワーマネージメント設定を有効/無効に切り替えることが出来ます。
対象機種
・iPAQ Pocket PC H3630
・iPAQ Pocket PC H3660
対象ROMバージョン
・1.78.00JPN
・1.79.00JPN
ダウンロード
Softpaq SP18206 ダウンロードサイト

 EasyViewer for iPAQ 修正版 Ver. 3.11 リリース (2001.10.23)

iPAQ Pocket PC に同梱されている、EasyViewer for iPAQ が修正版としてリリースされました。
アップデート内容
インストール後、起動できない件及び正常に起動できない件に対応を修正いたしました。
JPEG形式のうち、プログレッシブ形式JPEGの表示に対応いたしました。
対象機種
・iPAQ Pocket PC H3630
・iPAQ Pocket PC H3660
ダウンロード
http://www.canon-ist.co.jp/support/product/evppc/info.html

 SPS3000用 ドライバ Version 2.02.04版 (H3900シリーズに対応) (2003.04.07)

注意事項
バーコードスキャナ内蔵ジャケット 「SPS3000」 の最新ドライバです。Version 2.02ベータの正式版です。H3900シリーズに正式対応しています。ベータ版をお使いの方は、本正式版へのドライバの更新が必要ですのでご了承ください。
アップデート手順
「SPS3000 ドライバインストレーションガイド」 に基づいてドライバをインストールしてください。
SPS3000 ドライバインストレーションガイド
対象機種
・iPAQ Pocket PC H3950
・iPAQ Pocket PC H3970
ダウンロード
SPS3000用 ドライバ Version 2.02.04 (4,570KB) (Zip形式)

 SPS3046用 ROMイメージ Version 2.02.04 (H3900シリーズに対応) (2003.04.07)

注意事項
無線LAN付バーコードスキャナ内蔵ジャケット 「SPS3046」 の最新ドライバのROMイメージです。Version 2.02 ベータ版の正式版です。H3900シリーズに正式対応しています。ベータ版をお使いの方は、本正式版への更新が必要ですのでご了承ください。
アップデート手順
まず、「SPS3046 Flash ROMアップデート方法」 に基づいて、Flash ROMをアップデートしてください。一度 H3900シリーズ対応用にアップデートすると二回目以降使用時にはアップデートする必要はありません。
SPS3046 Flash ROMアップデート方法
次に「SPS3046 ドライバ インストレーションガイド」に基づいてドライバをインストールしてください。
SPS3046 ドライバインストレーションガイド
対象機種
・iPAQ Pocket PC H3950
・iPAQ Pocket PC H3970
ダウンロード
SPS3046用 ROMイメージ Version 2.02.04 (839KB) (Zip形式)
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡