Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  > PDA

FAQ


HP iPAQ Pocket PC h5500シリーズ - ディスプレイ

iPAQ Pocket PC

112
212
rx5965
サービス&サポート
ご購入”前”のお問合せ
ご購入”後”のお問合せ
ドライバダウンロード
オプション
導入事例
カタログ
マニュアル
旧モデルの情報
(iPAQ Pocket PC /hp jornada)
新聞・雑誌広告
ギャラリー
日本ヒューレット・パッカードのPDA戦略
HPのPCが選ばれる理由
製品のリサイクルに
ついて
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
iPAQ 導入事例
iPAQ活用ガイド
コンテンツに進む

 FAQ 一覧

  一般的な質問
  無線LAN
  Windows Mobile™ 2003 software for Pocket PC
  Bluetooth
  セキュリティ
  バイオメトリック指紋読み取り装置
  ディスプレイ
 
Q.01   Q . 反射型ディスプレイと半透過型ディスプレイの違いは何ですか。
Q.02   Q . 画面に明るい点と暗い点があります。 これは何ですか。
  バッテリ
  ROM
  ユニバーサル リモート コントロール(CIR)
  iPAQ Image Viewer
  iPAQ Backup
  スタンバイ設定
  SD(Secure Digital)メモリ カード
  SD拡張スロット
  CD収録のソフトウェア
  その他
  ハンドヘルドを使用した印刷
Q.01    Q . 反射型ディスプレイと半透過型ディスプレイの違いは何ですか。
A.    反射型は、内部または外部の光源を利用するフロントライト型のアクティブ マトリックス ディスプレイで、屋内や屋外での利用に適しています。反射型ディスプレイの背面にある偏光器には、拡散反射板が含まれます。この層は、ディスプレイの前面から取り入れた周辺光を偏光させ、その後、LCDセルを通過しながら背面に向かって反射させます。反射型ディスプレイを見るためには、この周辺光が必要となります。反射型ディスプレイは、輝度が明るく、コントラストに優れ(14対1)、視野角も広がります。反射型のLCDを採用するiPAQ Pocket PCは、フロントライト型となります。

半透過型ディスプレイは、透過型と反射型テクノロジを組み合わせたもので、内部か外部の光源を使います。透過型ディスプレイは、透明な偏向器を前面と背面に搭載しています。ディスプレイの背面から取り入れた光をユーザに向けて照射することで、表示が可能となります。反射型ディスプレイは、ディスプレイの前面から周辺光を取り入れ、これを偏光させた後、LCDセルを通過して背面に反射させます。

コントラストの向上により、イメージはより鮮明に、テキストはより明瞭になり、彩度も豊富に表現できます。

Q.02    Q . 画面に明るい点と暗い点があります。 これは何ですか。
A.    製品の中には外見上のムラが出ることがあり、LCDパネルを使用している製品であれば、いずれも発生し得る現象です。半透過型LCDの登場により、画面がより明るくなった分、この不均整が目立つため、このような報告が増える可能性があります。これを、スポット(斑点)またはブライト/ダーク ドット(明るい点/暗い点)と呼ぶこともあります。このムラが出ることがあっても、HPのエンジニアリング仕様で決められた正常範囲内に収まると考えられます。

この外見上の不均整が製品に発生し、お困りのお客様は、製品の添付資料に付記されているお近くのHP保守サービス担当までお問い合わせください。

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡