Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  > PDA

ユナイテッド航空がHP iPAQを使用して斬新で高度なサービスを提供

iPAQ Pocket PC

112
212
rx5965
サービス&サポート
ご購入”前”のお問合せ
ご購入”後”のお問合せ
ドライバダウンロード
オプション
導入事例
カタログ
マニュアル
旧モデルの情報
(iPAQ Pocket PC /hp jornada)
新聞・雑誌広告
ギャラリー
日本ヒューレット・パッカードのPDA戦略
HPのPCが選ばれる理由
製品のリサイクルに
ついて
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
iPAQ 導入事例
iPAQ活用ガイド
コンテンツに進む

 ユナイテッド航空が500万台目のHP iPAQを使用して斬新で高度なサービスを提供

アバンコ社が、ユナイテッド航空のクリエイティブな機内ケータリング ソリューション用にカスタマイズされたHPモバイル デバイスを提供

2004年3月23日、カリフォルニア州パロアルト


今日のHPの発表によれば、ユナイテッド航空が、ソリューションとソフトウェアのプロバイダであるアバンコ(Abanco)社を通して、累積生産数500万台目のiPAQ Pocket PCを導入しました。同航空の旅客は、1万メートルの上空で、このカスタマイズされたiPAQ Pocket PCケータリング ソリューションを通して提供される、特別な機内食を楽しむことができます。

アバンコ社は、航空業界全体を対象として、機内ケータリング ソリューションを開発しました。フライト アテンダは、この製品で、お客様に有名レストランのメニューを提供できます。ユナイテッド航空のフライト アテンダは、iPAQを使用して、在庫を確認しながら各お客様の指定を受け、その場で注文を処理することができます。その結果、お客様の席に機内食をより迅速に届けることができます。

「このカスタマイズされたiPAQソリューションの革新的なモバイル テクノロジーによって、当社のフライト アテンダは、お客様に合わせて異なるフライト サービスを提供できます。」(ユナイテッド航空、ワールドワイド ケータリング ディレクタ、ビル・ドーブ氏)「Hard Rock Cafeなど、有名レストランのメニューを提供している数百のフライトで、この独自のサービスを歓迎するお客様の反響を目の当たりにしています。」

「アバンコ社の機内端末サービスでは、クレジット カードで簡単に支払いを行うことができるので、お客様が機内で好みの料理を注文できます。」(アバンコ社のSVP、アンソニー・アッシュ氏)「当社のシステムでは、航空会社と食品企業が在庫と収入の突き合わせ、サプライ チェーンのロジスティックス管理、お客様の好みと流行の分析を行うことができます。その結果として、航空会社は、旅客の特定のニーズに合わせて機内食を準備できるようになります。」

HPのテクノロジーは、ユナイテッド航空の機内ケータリング サービスなど、すべての利用分野に渡ってモバイル環境を可能にします。その中には、コンシューマとそのワイヤレス ハンドヘルド マシン、すべての規模の企業とその企業が構築する「作業環境」、およびサービス プロバイダとモバイル テクノロジーを可能にするインフラストラクチャが含まれます。HPは、デバイスからサーバ、ソフトウェア、インフラストラクチャ、およびサービスまで、モバイル分野全体を網羅する製品のポートフォリオを備えた唯一の企業です。

「500万台のiPAQ Pocket PCと業界をリードする革新の歴史によって、これからもハンドヘルド分野とは何かを明確に示していきます。」(HP Mobile Computing Global Business Unit、上級副社長およびジェネラルマネージャ、アレックス・グルーゼン氏)「個人もソリューション プロバイダも、新しい市場と機会を開く最先端のテクノロジーでモバイル コンピューティングの未来を切り開くものと、等しくHPに期待しています。」

 何年にも渡る技術革新

HPは、モバイル分野で技術革新の豊富な経験を蓄積しています。またiPAQは、2000年春の発売以来、それまでハンドヘルドには見られなかった新しい機能を先駆けて搭載することにより、常に市場の流れを先導する製品となってきました。

HPは、Bluetoothワイヤレス テクノロジーをハンドヘルドに内蔵した最初の企業であり、また屋外で鮮明な表示を可能にする半透過型画面を搭載した最初の企業、および内蔵バイオメトリック機能を採用した最初の企業でもあります。この技術革新は、Bluetoothテクノロジーと内蔵無線LANネットワーク アクセスを単一デバイスに搭載した製品市場で、最も薄くて軽いPocket PC製品ラインであるiPAQ h4150およびh4350(日本では未発表)の発表でさらに継続していきます。

生産台数500万台の大台を達成したことで、受賞に輝くiPAQ Pocket PC製品ラインは、全世界No.1の販売台数を誇るポケットPCとしての地位をさらに強固なものにしています。

iPAQ Pocket PCファミリは、500万台目のiPAQを使用する独自の機内ソリューションの他にも、毎年以下の節目を達成してきました。

  • 2001年1月 - ヒューストン マラソンで、iPAQが初めてランナーの位置の追跡に使用される
  • 2001年1月 - 毎年ダボスで開かれる世界経済フォーラムで、iPAQが初めて代表者のワイヤレス ネットワークの一部として使用される
  • 2001年4月 - ギネスブックの世界記録に、「世界一強力なPDA」として認定
  • 2001年12月 - 結婚式で、誓いの言葉を読むのにiPAQを使用
  • 2002年2月 - スーパーボールXXXVIでiPAQがEMSサポートを提供
  • 2002年2月 - シドニー オリンピックのためにiPAQがワイヤレス テクノロジーを提供
  • 2002年4月 - 国立公園局が、iPAQを火災の場所の監視に使用
  • 2002年4月 - バンデビルト大学医療センターが、患者の容態を、患者の所在地で追跡するのにiPAQを使用
  • 2002年6月 - iPAQテクノロジーが、レイセオン(Raytheon)社の衝撃に耐えられるiPAQの開発に貢献
  • 2003年1月 - 警察が、車の所有者や犯罪暦の確認にiPAQを使用
  • 2003年6月 - 最初の視覚障害者用ワイヤレス ポケットPC PDAのモデルとしてiPAQを使用
  • 2003年6月 - TransOrbital社が宇宙での作業に最初にiPAQを使用
  • 2003年10月 - iPAQが、障害者用に各種のワイヤレス モバイル テクノロジーの開発を喚起
  • 2004年2月 - フェアモントのホテル群がポケット サービスマンとしてiPAQを採用
  • 2004年2月 - 心臓発作の患者の診断をより迅速に行うためにiPAQを使用

 HPについて

HPは、コンシューマ、企業、および各機関に対するグローバルなテクノロジー ソリューション プロバイダです。当社の製品は、ITインフラストラクチャ、パーソナル コンピューティングとアクセス デバイス、グローバル サービスとイメージングおよびプリンティングに渡っています。直近の4四半期では、HPの収入は合計747億ドルに上っています。HP(NYSE、Nasdaq:HPQ)については、http://www.hp.com/をご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡