Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  > PDA

iPAQ Pocket PC導入事例

iPAQ Pocket PC

112
212
rx5965
サービス&サポート
ご購入”前”のお問合せ
ご購入”後”のお問合せ
ドライバダウンロード
オプション
導入事例
カタログ
マニュアル
旧モデルの情報
(iPAQ Pocket PC /hp jornada)
新聞・雑誌広告
ギャラリー
日本ヒューレット・パッカードのPDA戦略
HPのPCが選ばれる理由
製品のリサイクルに
ついて
日本ヒューレット・パッカードサイトマップ
iPAQ 導入事例
iPAQ活用ガイド
コンテンツに進む
『patisserie BLEU GOAT 様』活用事例 BLEU GOAT
この事例はMCPC award 2006において特別賞を受賞いたしました。詳しくはこちら
2005年4月品川区五反田にオープンした、新鮮なフルーツや奥久慈卵などの厳選素材を活かした個性豊かなオリジナルケーキや焼き菓子を製造販売している 「patisserie BLEU GOAT(パティスリー・ブルーゴート)」では、iPAQによるPOSアプリケーションを活用して新しい販売スタイルを作りあげています。

 導入の背景経緯 : 洋菓子店に相応しい衛生的な受注システムを目指す

システム導入のきっかけを、patisserie BLEU GOATを経営する株式会社「ア・セラビ」、代表取締役の生田目 隆之氏は次のように説明しています。
生田目氏「どこの洋菓子店でもそうですが、ケーキの注文を受けてからケーキの箱詰め作業が発生します。そして、会計も同じ人が行ないます。しかし、お金をいじった手でケーキを取り扱うということに抵抗を感じていました。衛生面で考えても好ましくありません。どうしたらいいだろうと考えた時に、注文を受けてから商品の製造担当者が詰め込むという流れを思いつきました」
「商品受注」→「製造担当者への指示」→「お客様会計」→「商品お渡し」といった一連の流れをスムーズに行うためには迅速かつ正確に対応できる受注システムが必須とされました。
「紙でメモを取り、箱詰め指示を行ない、会計を打つといった受注形態をとっていては、時間が掛かりすぎてお客様にご迷惑をかけてしまいます。そこで注文を直接PDAに入力し、売上登録まで行えるPOSアプリケーションが活用できないかと考えました。2004年の夏に、水戸市にある姉妹店 アヴィニヨン・本店にて、iPAQによるPOSアプリケーションを導入しました。 これはまだテスト的なものでしたが、すぐにその効果を実感し、新規開店する「patisserie BLEU GOAT」では全面的にシステムを導入することにしました」(生田目氏)。

BLEU GOATpatisserie BLEU GOAT様が導入されたのは、アイ・ビート株式会社様が提案したHP iPAQ hx2410 Pocket PCと無線LANを使ったオーダーリングPOSシステムです。アイ・ビート様では、他メーカーのPDA機種の取扱いもされていますが、patisserie BLEU GOAT様からのご要望を元に、HP iPAQをご選択されたそうです。その理由について生田目氏は「従来から本部サーバやノートPCで、HP製品を使用していたので、品質や性能には信頼を寄せていました。また、HP製品の操作性の良さを実感していましたので、IT機器に不慣れなスタッフでも使いやすいのではないかとiPAQに決めていました」と話しています。

 ソリューション概要:お客様と対話ができるオーダーリングPOSシステム

「patisserie BLEU GOAT」様の販売店舗と菓子製造場は、商品陳列のショーウィンドウを挟む形で、横並びに建てられています。お客様は、種類豊富なケーキを大きなショーウィンドウ越しに店員の説明を聞きながら選んでいくことができます。その裏にある製造場からは、出来立てのケーキの陳列や箱詰め作業が直接行なわれていきます。「patisserie BLEU GOATの店舗内装は、このオーダーリングPOSシステムを多いに活用するためにデザインされています」(生田目氏)。

patisserie BLEU GOAT様でのHP iPAQを利用したオーダーリングと会計の流れは次のようになっています。

ショーウィンドウ越しにお客様に商品説明を行いながら、同時に注文をiPAQに入力。
 
無線LAN経由で、カウンター奥に設置されたプリンタから注文表とレシートが印刷される。
 
注文表をすぐ横に設置された窓から、菓子職人へ渡す。
 
箱詰め作業が行なわれている間に会計。会計が終わる頃に商品の引渡し。
 
レジ奥にはHP Compaq Business Notebookが設置。クレードル経由でiPAQ内の売上データが転送される。(本部サーバの商品データベースや集計システムに連動)

iPAQ上では、アイ・ビート株式会社様が開発、提供されているモバイル業務アプリケーション“Simply-POS(シンプリー・ポス)”を使用しています。
同社ゼネラルマネージャーの大田黒 和臣氏は、システムの内容について次のように述べています。
Simply-POSは、モバイルPOSシステム用の業務アプリケーション・パッケージです。PDAのタッチパネルを使って簡単に商品の選択や預かり金額を入力できます。商品マスタの登録や無線LAN、Bluetooth経由でのレシート印刷、バーコード読取り機能なども簡単に設定して使用いただくことができます。受注から会計までの作業が大変スムーズに運ぶだけでなく、伝票起票などの時間削減にも役立ちます。モバイル端末1台からご使用いただけるので、店舗規模に関係なく幅広くご活用いただけ、その後の拡張にも臨機応変に対応可能です」

 導入後のメリット:容易にアップデートできる材料管理、製造管理でコスト削減へ

iPAQによるオーダーエントリーシステムの導入によって、こだわりの商品一つ一つをお客様に説明しながら、迅速に注文を受け付けることができるといった大きなメリットを生み出しました。 「本店での最初の試みにおけるお客様の反応は、“スゴイね”といった感じで驚かれているようでした。実際には、すぐに慣れていただいて、店舗スタッフとお客様とのコミュニケーションが高まったと実感しています」(生田目氏)

「ケーキ作りの職人が扱うことで、箱詰めの際のケーキを崩してしまうといったミスが大幅に軽減しました」と思いもよらない効果もあったと生田目氏は話します。iPAQを使っての効率的なオーダー処理によって、レジ処理を含むシステム全体を通して時間の削減にも繋がっています。特に難しいマニュアルや使用説明をすることもなく、既存スタッフから新しいスタッフへの指導時間の短縮といった効果も得られています。

もう一つの大きな導入メリットは、売上げデータが即座に反映されるため、スピーディな人気商品の把握が可能になったことです。「日別、店別の人気商品のデータを見ることでどの商品を何時、何個作るかといった判断を下すことができますし、材料ストックの無駄も省けています」(生田目氏)

 今後の展開

iPAQによるオーダーシステムへの期待感はまだまだあるようです。
「無線LAN機能だけではなく、バーコードリード対応やCFカードスロット機能のあるiPAQ hx2410を選択したのも、将来に向けて幅広く対応できる機種だったからです。また、せっかくタイムリーに得られるデータがあるのですから分析結果をうまく使ったり、各店舗との連携を強化するなどしてうまく活用していきたいですね」(生田目氏)

※ 各種SDIOカードや一部CFカードを使用するには、専用のドライバが必要です。

 会社概要

社名株式会社ア・セラビ
設立2005年3月
資本金15,000 (千円)
代表者代表取締役社長 生田目隆之
社員数10名
URLhttp://www.bleugoat.jp

所在地 東京都品川区東五反田 5-24-8

社名アイ・ビート株式会社
設立2003年4月
資本金10,000 (千円)
代表者代表取締役 石井猛雄
URLhttp://www.i-beat.co.jp/

所在地 千葉市美浜区中瀬2-6 WBGマリブイースト5F

本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡