Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品とサービス  >  ネットワーク  >  製品導入事例

HP ProCurve 2524製品、国際宇宙ステーションに搭乗

EADS Space Transportation

製品 & サービス

HPネットワーク
オンラインストア
ニュース & トピックス
HPネットワーク製品
スイッチ
無線LAN
ルーター
ネットワーク管理
HP Tipping Point
セキュリティ
アクセサリー
サポート
トレーニング
製品価格一覧(PDF)
お客様導入事例
各種カタログ
日本語製品マニュアル
(アーカイブ)
システム構成図
製品別FAQ
省エネ法:トップランナー(PDF)
製品写真ライブラリ
ビデオライブラリー
製品保証
HP Care Pack
MSM AP製品の更新
1243日問題
H3C製品の保守パーツについて
販売店検索
お問い合わせ
日本HPサイトマップ
vForum2012
コンテンツに進む
2003年初め、HP ProCurve NetworkingにEADS Space Transportationから問い合わせがあったとき、数カ月後に起こることを誰も予測できませんでした。EADS社は国際宇宙ステーション(ISS)の欧州実験棟コロンバスに複数のイーサネットスイッチを設置することを検討していました。ドイツにあるEADSのネットワーキング・ワークステーションで使用するのではなく、国際宇宙ステーションに初めて搭載されるイーサネット・スイッチング・ソリューションの基盤として使用することが目的でした。このときの問い合わせがのちに、ProCurve Networkingの歴史上、もっとも要求の厳しい、異例ともいえるオーダーの1つにつながりました。
コロンバスに搭載されるProCurve
厳格な機器選択プロセス
最終段階
会社概要
PDF(693KB)

事例キーワード

製品:ネットワーク製品
業種:宇宙

コロンバスに搭載されるProCurve

ドイツのブレーメンに拠点を置くEADS社は、2007年に国際宇宙ステーションにドッキングする予定のコロンバス実験棟に関するプランニング、開発、製造を担当しています。国際宇宙ステーションのコロンバス実験棟では、科学関連分野の組織や企業が研究および実験を行います。実験棟内部は、データ管理システムがLANにより接続され、国際宇宙ステーションと実験棟の通信システム間で中断することのないデータ交換を行うことができるようになっています。

コロンバス実験棟では、3台のコンピュータがITタスクを管理しており、データ集録、地上ステーションへのデータ伝送、設定スケジュールに基づくITタスクの処理の開始などを実行します。3台のコンピュータは現在、10Mbit/秒のイーサネット(半二重モード)で相互にネットワーク接続されていますが、ProCurveスイッチに備わっている優れた機能を利用することで、ペイロードシステムは10Mbit/秒または100Mbit/秒(全二重モード)でネットワーク接続が可能となります。ネットワークの中心には、EADS社が開発した2台のColumbus LANスイッチ(CLSW)が冗長構成でネットワーク接続されています。

研究活動と計算処理を最大の効率で実行するために、コロンバスでは、2007年までに、高性能、高信頼性、高耐久性のマネージド・イーサネット・ネットワークの導入が求められていました。つまり、欧州実験棟に搭載されるネットワークは、無重力環境で最大限の研究成果が得られるようなネットワークでなければならず、さらに、耐用年数が少なくとも10年以上であることが必要条件でした。こうして宇宙開発の歴史において、完全な機能を備えた実用目的のイーサネットスイッチが初めて動作することになりました。

≫ このページのトップに戻る 

厳格な機器選択プロセス

スイスのフィリゲンにある陽子照射施設、Proton Irradiation Facilityでは、宇宙空間に類似した条件の下で、粒子加速器により各メーカーのスイッチを放射線にさらすというテストが集中的に行われました。AvayaやCisco、Netgear、3Com、D-Linkをはじめとするメーカーのスイッチに対し、長期にわたって厳しい検査が実施された結果、ProCurve Switch 2524のみが、性能、堅牢性、信頼性、放射抵抗、機械的抵抗に関して宇宙ステーションの要件を満たすスイッチであることが明らかとなりました。また驚くべきことに、テストで使用されたProCurve Switch 2524は、特別仕様のものではなく、通常の生産ラインで製造された製品だったのです。

コロンバスのデータ管理システム・テクノロジーチームでリーダーを務めるEADS STのRolf Schmidhuber氏は、スイッチの選択の際、ProCurve Switch 2524のコンポーネントが決定要因であったことを次のように説明しています。

「ProCurve Switch 2524の内部では、中央のスイッチファブリックが処理の大半を担っているのに対し、他のメーカーのスイッチではたくさんのチップで処理を分散させている傾向がありました。我々が利点と考えたのは、回路基盤上のチップ数が少ないことでした。というのは、部品が少なければ少ないほど、宇宙空間での使用中に受ける放射線と機械的圧力の影響が小さいからです。これが、ProCurveを選んだ大きな理由でした」

EADS社にとって重要だったもう1つの要素は、ProCurve2524には管理や構成に関するオプションが豊富に備わっていることでした。ProCurveの導入決定後、EADS社の担当チームはさらにProCurve Switch 2524の開発と最適化を行い、宇宙空間で使用するスイッチとしての実行可能性を確実なものにしました。開発と最適化の作業は、コロンバスのシステムのオンボードデータ処理に関するテクノロジーを担当するEADS社のチームが行いました。

Schmidhuber氏は「つまり、ProCurveはコロンバス実験棟での厳しい要求に応える信頼性と性能を備えたスイッチを提供する、ただ1つのネットワーク製品ベンダーだったのです」としています。

≫ このページのトップに戻る 

最終段階

開発期間に約3年を費やした後、ProCurve Networkingのサポートを受けたEADS社のチームは、2005年4月に機器のインストールを完了しました。そして、コロンバス実験棟への設置に先立ち、ProCurveスイッチは最終構成され、認定試験が実施されました。

2005年12月には、コロンバス実験棟にProCurveネットワークが最終的に設置されました。コロンバス実験棟は、2007年に国際宇宙ステーションにドッキングし、フル稼働を開始する予定です。コロンバス実験棟に導入されたProCurve 2524スイッチは、宇宙空間で利用される初の商用イーサネットスイッチとなりました。コロンバス実験棟は、高度約400キロメートルの上空で運用されます。

≫ このページのトップに戻る 

課題

  • EADS社は、国際宇宙ステーション向けの イーサネット・スイッチング・ソリューションの 構築を計画
  • 完璧な信頼性と10年以上の耐用年数が、 ソリューションに求められた条件

ソリューション

  • EADS社は、AvayaやCisco、3Comなどのさ まざまなメーカーの機器を厳しくテスト
  • ProCurve NetworkingのProCurve 2524スイッ チのみが、性能、放射抵抗、機械的抵抗、管 理機能に関する要件すべてをクリア

結果

  • EADS社は、複数のProCurve 2524スイッチを構成およびインストール
  • スイッチを開発および最適化して、宇宙空間での使用における実行可能性を確保

ソリューション構成要素

ハードウェア
  • ProCurve 2524スイッチ
ProCurve Networkingの詳細については、下記URLをご覧ください。
http://h50146.www5.hp.com/products/networks/procurve/

会社概要

業界区分: 航空宇宙
名称: EADS Space Transportation
本部: ドイツ
URL: www.eads.net

≫ このページのトップに戻る 

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
  アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡