Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品とサービス  >  HPネットワーク  >  FAQs

よくある質問(FAQ)

製品 & サービス

HPネットワーク
オンラインストア
ニュース & トピックス
HPネットワーク製品
スイッチ
無線LAN
ルーター
ネットワーク管理
HP Tipping Point
セキュリティ
アクセサリー
サポート
トレーニング
製品価格一覧(PDF)
お客様導入事例
各種カタログ
日本語製品マニュアル
(アーカイブ)
システム構成図
製品別FAQ
省エネ法:トップランナー(PDF)
製品写真ライブラリ
ビデオライブラリー
製品保証
ファウンデーションケア
MSM AP製品の更新
1243日問題
H3C製品の保守パーツについて
販売店検索
お問い合わせ
日本HPサイトマップ
vForum2012
コンテンツに進む

このFAQは次の製品を対象としています。

  • ProCurve Access Controller 720wl(J8153A)
  • ProCurve Access Control Server 740wl(J8154A)
  • ProCurve Integrated Access Manager 760wl(J8155A)
  • ProCurve 700wl 10/100カード(J8156A)
  • ProCurve 700wl Gigabit-SXカード(J8157A)
  • ProCurve 700wl Gigabit-LXカード(J8158A)ProCurve 700wl 10/100/1000Base-Tカード(J8159A)
  • ProCurve 700wlアクセラレーション・カード(J8160A)
≫ 他のProCurve製品グループのFAQを見る
製品に関する一般的な質問
Q:ProCurve 700wlシリーズ製品のシステムソフトウェアのアップグレードはどのように行うのでしょうか。
Q:ProCurve 700wlシリーズ製品のダウンリンクポートでVLANを使用する必要はあるでしょうか。
Q:ProCurve 700wlシリーズ製品で、正確な時刻を維持するため、使用しているNTPサーバのIPアドレスを設定したのですが、時刻が修正されません。なぜでしょうか。
Q:クライアントのインターネット・エクスプローラでオート・コンフィギュレーション・スクリプトを使用すると、700wlのログインページにアクセスできません。なぜでしょうか。
Q:ProCurve 700wlシリーズ製品と互換性があるのはどのバージョンのWebプロキシサーバですか。
Q:ProCurve 700wlシリーズ製品のシリアルポートを経由してコンソールセッションを確立するのに必要なケーブルは何でしょうか。
Q:NATクライアント・ネットワークにおいて、IPサブネットスキームをデフォルト設定(42.0.0.0/8)から別のプライベートアドレス(例:192.168.0.0/24)に変更後、クライアントはDHCPが割り当てた新しいIPアドレスを取得するのですが、ネットワークにアクセスするためのログオン画面にアクセスできません。
Q:NATクライアントに使用するIPサブネットスキームを変更するには、どのような手順が必要ですか。

回答

Q:ProCurve 700wlシリーズ製品のシステムソフトウェアのアップグレードはどのように行うのでしょうか。
ProCurve 700wlシリーズ製品のシステムソフトウェアをアップグレードするには、次の2つの方法があります。
  1. リモートのサーバからダウンロードする方法。リモートサイトからFTP、TFPT、またはHTTP経由で最新バージョンのソフトウェアを直接700wlにダウンロードします。
  2. 配布ファイルを利用する方法。ローカルのシステムから700wlにソフトウェアをダウンロードします。
どちらの方法を利用する場合も、http://www.hp.com/go/hpprocurveのパスワードで保護されたページでバージョン固有のソフトウェアキーを入手する必要があります。このページでソフトウェアを選択し、続いて700wlシリーズを選択します。上記の保護されたページで使用するユーザ名とパスワードについては、700wlシリーズ製品の管理インタフェースのヘルプファイルを参照してください。

700wlにソフトウェアイメージがロードされると、この新しいイメージがalternateバージョンとなります。このalternateバージョンをシステムイメージとして使用するには、システムをalternateバージョンでリブートする必要があります。ソフトウェアをアップデートしても、それまでのコンフィギュレーション情報はすべて維持されます。

注: システムソフトウェアをアップデートする前に、必ず現在のシステムソフトウェアのバックアップを作成してください。

システムソフトウェアのアップグレードに関する詳細については、ProCurve 700wlシリーズ製品の管理インタフェースのヘルプファイルを参照するか、『Management and Configuration Guide』の「Chapter 4:Controlling the System Functions」を参照してください。

≫ このページのトップに戻る 

Q:ProCurve 700wlシリーズ製品のダウンリンクポートでVLANを使用する必要はあるでしょうか。
いいえ、ProCurve 700wlシリーズ製品を使用する場合、VLANは必要ありません。HPでは、VLANを使用しないことをお勧めしています。これは、ProCurve 700wlシリーズ製品に備わっているRights Management機能がVLANによって制限されてしまうためです。

≫ このページのトップに戻る 

Q:ProCurve 700wlシリーズ製品で、正確な時刻を維持するため、使用しているNTPサーバのIPアドレスを設定したのですが、時刻が修正されません。なぜでしょうか。
ProCurve 700wlシリーズ製品では、Version 3.0以上のNTP(Network Time Protocol)が必要です。使用しているNTPサーバでVersion 3.0以上が実行されていることを確認し、ProCurve 700wlシリーズ製品からNTPサーバまでのIP接続を確認してください。

≫ このページのトップに戻る 

Q:クライアントのインターネット・エクスプローラでオート・コンフィギュレーション・スクリプトを使用すると、700wlのログインページにアクセスできません。なぜでしょうか。
ProCurve 700wlシリーズ製品では、Webブラウザでオート・コンフィギュレーション・スクリプトを使用すると、ブラウザのセッションが停止することがあります。これは、スクリプトサーバへアクセスするには先にネットワークにログインする必要があるのに、ブラウザからログインするにはオート・コンフィギュレーション・スクリプトにアクセスしなければならないためです。ProCurve 700wlシリーズ製品では、ブラウザのオート・コンフィギュレーション・スクリプトを使用しないことをお勧めします。

≫ このページのトップに戻る 

Q:ProCurve 700wlシリーズ製品と互換性があるのはどのバージョンのWebプロキシサーバですか。
ProCurve 700wlシリーズ製品では、次のWebプロキシサーバと互換性があります。

Netscape Proxy Server
Microsoft Proxy Server
Multi-Proxy
Anonymity 4Proxy
Linkbyte Proxy Server
Squid 2.4 on Solaris 8

Webプロキシサーバに関する問題が生じた場合は、上記のリストのプロキシサーバが使用されているかどうかを確認してください。

≫ このページのトップに戻る 

Q:ProCurve 700wlシリーズ製品のシリアルポートを経由してコンソールセッションを確立するのに必要なケーブルは何でしょうか。
「ストレート」のRS-232Cシリアルデータケーブルが必要です。両端は、メスのDB-9コネクタになっている必要があります。ピン出力は、ピン1-ピン1、ピン2-ピン2のようになっています。ProCurve Routing Switch 9300シリーズには、これと同じコンソールケーブルが同梱されています。5300xlシリーズや4100glシリーズなど、他のProCurveスイッチに同梱されているコンソールケーブルを使用する場合、これらのケーブルは「ヌルモデム」ケーブルとなっているため、クロスオーバー用のアダプタが必要となります。

≫ このページのトップに戻る 

Q:NATクライアント・ネットワークにおいて、IPサブネットスキームをデフォルト設定(42.0.0.0/8)から別のプライベートアドレス(例:192.168.0.0/24)に変更後、クライアントはDHCPが割り当てた新しいIPアドレスを取得するのですが、ネットワークにアクセスするためのログオン画面にアクセスできません。
FAQの「NATクライアントに使用するIPサブネットスキームを変更するには、どのような手順が必要ですか」の項目を参照してください。

≫ このページのトップに戻る 

Q:NATクライアントに使用するIPサブネットスキームを変更するには、どのような手順が必要ですか。
Access ControllerまたはIntegrated Access Managerは、NAT向けに設定したサブネットに含まれる「プライベート」IPアドレスを持ったクライアントからのDHCP要求に応答します。[Advanced Network Settings]ページの[DHCP Address for NAT Clients]というメニュー項目を使用して、デフォルト設定(42.0.0.0/8)を変更します。次に、700wlシリーズ Access Control ServerまたはIntegrated Access Managerを再起動して、新しいサブネットアドレスが正しく配布されるようにします。

≫ このページのトップに戻る 

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
  アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡