Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバ

HP パラレル データベース クラスタ for Linux

Oracle9i Real Application Cluster

製品&サービス

HP ProLiant

HP BladeSystem

HP ConvergedSystem

HP OneView

HP CloudSystem

HP Moonshot System

HP Apollo System

キャンペーン

オンラインストア

製品カタログ

Why HP ProLiant?

サーバー選定/構成

お客様事例

技術的な情報

サポート&サービス

販売店検索

旧製品情報

新着情報

メールニュース配信

販売特約店・販売店向け情報

日本HPサイトマップ

 
コンテンツに進む
パラレル データベース クラスタ イメージ

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  構成情報
  カタログ


はじめに


HPパラレル データベース クラスタ(PDC)for Linuxは、Oracle 10gグリッド環境およびOracle Real Application Cluster(RAC)データベース専用に設計、テスト、および最適化されたマルチノード共有ストレージ クラスタです。このプラットフォームは、長年にわたるOracleとのジョイント エンジニアリングの取り組みを通じて、進化を遂げてきました。世界各地で、さまざまなアプリケーション環境を運用するHPのお客様は、このプラットフォームを成功裏に配備してきました。このプラットフォームは、業界標準のベンチマークと重要なアプリケーション ベンチマークで、パフォーマンスとスケーラビリティに関する記録を保持しています。
PDCクラスタ キットは、Oracle 10g RACおよびApplication Server(J2EE)環境の配備に関わる複雑さを解消し配備時間を短縮することに目的を絞ってパッケージ化されたツールとコンフィギュレーション サポート サービスの組み合わせです。このキットには、RAC実装についてのベスト プラクティスを紹介する詳細な資料、インストール スクリプトとインストール ユーティリティ、テスト スクリプト、およびインストール結果を確認するためのプロセスが入っています。PDCプログラムには、Oracle製品との互換性を保証するためのPDC構成についての継続的なテストおよび長期間にわたるオペレーティング システムのテストが含まれます。
PDC製品ファミリでは、「ユーザ自身による配備」からオンサイトでの起動サービスに至るさまざまな配備オプションを用意しており、それぞれのオプションが、配備に関わる複雑さを解消し配備時間を短縮するとともに、ソリューション全体のコストを低減するように設計されています。

新機能


HP Rapid Deployment Pack用の新しいオプションをすべてサポートする最新バージョンのHPパラレル データベース クラスタ キットfor RAC on Linuxです。
  • Red Hat AS 3およびRed Hat AS 4に対応
  • Oracle RACの配備およびOracle Application Serverに対応
  • HP Opteronブレードに対応

モデル


PDC for Linux RACクラスタ キット

パラレル データベース クラスタ for Oracle9i Real Application Clusters Linuxキット 308225-B23

概要


HPパラレル データベース クラスタ(PDC)for Linux RACクラスタ キットは、Oracle Real Application ClusterソフトウェアおよびオプションのOracle Application Server (J2EE)ソフトウェアを実行するHP ProLiantサーバで構成されるマルチノード クラスタの配備に対応します。これ以外のクラスタリング ソフトウェアは不要です。PDCは、以下のハードウェアに対応します。
  • Oracle Real Application Clusterなどの高性能スケールアウト共有ストレージ環境で必要とされる高可用性機能とスケーラビリティ機能を備えた特定のHP ProLiantサーバ(ブレード サーバを含む)
  • ミッド レンジからエンタープライズに至る幅広いレベルに対応するパフォーマンスとスケーラビリティを実現する、HP StorageWorks MSA1000/1500またはEnterprise Virtual Array(EVA3000またはEVA5000)ファイバ チャネルSAN環境。エントリ レベルや開発環境用に、MSA500 SCSIまたはMSA1500 FCストレージ環境を備えたHP ProLiant DL380パッケージ クラスタ ソリューションは、最適なプラットフォームです。
  • Fast EthernetまたはGigabit Ethernetによる専用クラスタ インターコネクト。HP ProCurveネットワーク スイッチ製品ファミリを使用
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/solutions/highavailability/oracle (英語)に掲載されているPDC for LinuxのSupport Matrix ftp://ftp.compaq.com/pub/solutions/enterprise/ha/oracle/redhat/
PDC-Linux-CertMatrix.pdf (英語)を参照してください。
   
  HPパラレル データベース クラスタ(PDC)for Linux RACクラスタ キットには、次の品目が同梱されています。
  • 詳細なユーザ インストレーション マニュアル
  • HPおよびOracle RACまたはApplication Serverに特化した、Linux OSのインストールとコンフィギュレーション用のインストール スクリプトとインストール ユーティリティ
  • テスト ツールおよびインストール結果を確認するプロセス
PDC製品ファミリでは、「ユーザ自身による配備」から完全「インストール済み」に至るさまざまな配備オプションを用意しており、それぞれのオプションが、配備に関わる複雑さを解消し配備時間を短縮するとともに、ソリューション全体のコストを低減するように設計されています。
   
 
  • 「ユーザ自身による」インストールは、HPパラレル データベース クラスタ キットを介して実現されサポートされます。このキットには、必要な知識が集められており、プロセスを容易にする独自のツールやスクリプトが用意されています。
  • Oracle RAC向けのHPの起動サービスは、お客様のサイトで、有効なPDC環境の基本的なインストールとコンフィギュレーションを提供するために特別に設計されています(適用されない地域もあります)。

ハイライト


最小のコストで最大の可用性


パラレル データベース クラスタfor Linuxでは、業界最先端のHP ProLiantおよびStorageWorks製品系列の機能が組み合わされ、緊密に統合されたソリューションが構築されています。HPは、5年間にわたって、Oracle共有ストレージ クラスタリング(当初、Oracle Parallel Server(OPS)、現在は、Oracle Real Application Cluster(RAC))向けソリューションの開発を続けており、その成果として、RAC環境に最適なハードウェアとソフトウェアの構成を認定してきました。
PDC for Linuxでは、2および4プロセッサ モデルのHP ProLiant DLサーバがおよびHP ProLiant BLサーバが推奨されています。これらのサーバは、HP ProLiantの先進の高可用性機能をすべて組み込んでいます。また、PDCプログラムは、Oracle 10g環境でHP管理ツールを使用するためのベスト プラクティス資料を統合し、提供します。たとえば、PDCキットのインストール プロセスは、HP Rapid Deployment Packでジョブを実行するように更新されています。
MSA1500は、エントリ レベルからミッド レンジまでのストレージ エリア ネットワーク(SAN)向けに設計された、HPエントリ レベルのファイバ チャネル ストレージ システムです。MSA1500は、SAN配備に関する複雑さ、費用、リスクの軽減を目的に設計され、投資保護を念頭に置いて構築されたスケーラブルな高性能ストレージ システムです。モジュール方式設計のMSA1500では、ユーザは必要に応じて容易にストレージ容量を追加することができます。使いやすさを最大限に高め、配備が容易になるDL380 パッケージ クラスタは、1つのバンドルで構成されているMSA SANを備えた1組のHP ProLiant DL380サーバを提供します。
StorageWorks Enterprise Virtual Array(EVA)は、HPミッドレンジ ファイバ チャネルSANです。EVAは、ハイエンド エンタープライズ市場向けの高性能、大容量、高可用性「仮想」RAIDストレージソリューションです。このソリューションにより、従来のアーキテクチャで設計されたストレージの時間、容量、およびコスト面での枠は取り払われます。EVAは、ストレージの利用状況を改善しスケーラビリティを高める必要性に迫られているデータセンタ向けに設計され、トランザクションI/OとMBデータ速度の一貫した高性能、シームレスな容量拡張、即座複製、およびストレージ管理の簡素化といったアプリケーション固有の要求を満たします。
PDC for Linuxクラスタは、DL380パッケージ クラスタMSA500 SCSI環境でも検証済みです。このエントリ レベルのソリューションは、Oracle Standard Editionデータベース環境または開発目的およびテスト目的用に最適なプラットフォームを提供します。ビジネス要件が変更になる場合、MSA500は、ファイバ チャネルSANにアップグレードすることもできます。
オプションで、完全リダンダントI/Oを提供します(パッケージ クラスタMSA500の冗長化は、MSA500 HAキットが提供します)。
また、PDC for Linuxでは、費用対効果の高いHP ProCurve EthernetスイッチおよびHP製ネットワーク インタフェース カードを利用する、完全に冗長化されたEthernetクラスタ インターコネクトの実装が推奨され、資料も提供しています。
PDC for Linuxは、すべてがHP製品で構成されているため、HPのマネジメント ツールと非常にうまく統合されています。PDC for Linuxでは、スタンドアロンのサーバを複数設置する場合やメーカー固有の技術によるデータベース実装に比べて、稼動時間の大幅な向上と運用経費の低減を実現しています。


信頼性と反復性


HPパラレル データベース クラスタ プログラムは、次の目的を実現します。
  • サーバ、ストレージ、ネットワーク、OSレベルで繰り返しの多いフォールト インジェクションがある実際の環境と業界標準のワークロードの下で、安定性とシステムの回復力を検証します。
  • 反復とサポートが可能なインストール プロセスを定義し、このプロセスについて品質管理テストや現場でのテストが行えるスクリプトを提供します。
  • 標準のインストレーション ツールが期待通りに動作しない状況について、プロセスを詳細に資料化し、対策または技術ノートを提供します。
  • お客様がインストールの各主要段階を実証するために使用できる一連のインストレーション テスト ツールを提供します。
  • 実装時間を短縮するためにできるだけ多くのプロセスを自動化する目的で、作業を進めます。
  • コンポーネント アップデートについてのテストに関する継続的なロード マップを作成することにより、お客様がその投資を保護できるようにします。
プロセスは、インストールをできるだけ効率的に完了し、プロセスの結果として既知の正しい構成が構築されるように設計されています。同時に、このプロセスは、知識を提供し、エンド ユーザ固有の構成や変更についてのモデルを提示します。
詳しくは、HPのWebサイト http://www.hp.com/solutions/highavailability/oracle/ (英語)に掲載されているパラレル データベース クラスタのproduct overview(英語)を参照してください。

オンライン自動復旧


Oracle Real Application Cluster(RAC)ソフトウェアは、業界標準のプラットフォーム(HPパラレル データベース クラスタ)上で実行されるOracle環境の可用性を最大限に高めます。ノード障害が発生した場合でも、残りのノードはデータベースへのアクセスを継続します。故障したノードのユーザは、クラスタ内の別のノードに自動的に振り分けられ、処理を継続できます。正常に動作しているノードは、故障が発生する前にアプリケーションが実行していたトランザクションをすべて自動的に復旧し、データの完全性を保証します。

データの完全性とデータベースの一貫性


Oracleデータベースの各インスタンスには、ミラーリングされたマルチセグメントのRedoログが割り当てられており、まだデータベースに書き込まれていないトランザクションは、ここに保存されます。あるノードまたはOracleデータベースのコピーに障害が発生した場合、残りのノードは、故障したノードのRedoログを使用して、データベースを以前の状態に戻します。Oracle Distributed Lock Managerは、データの一貫性を保証し、ストレージ環境へのマルチイニシエータ アクセスをサポートします。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡