Jump to content
日本-日本語

法人のお客様向け ノートパソコン

 お問い合わせ

HP EliteBook 8560p Notebook PC 製品特長

セキュリティ
 
   基本性能  デザイン & 操作性  TCO削減  環境対応   セキュリティ

セキュリティ設定を一元管理 HP ProtectToolsセキュリティマネージャー

セキュリティ設定を一元管理 HP ProtectToolsセキュリティマネージャー

HP ProtectToolsセキュリティマネージャーにより、各種セキュリティソリューションを1つのインターフェイスで簡単に設定可能。

電源投入時パスワードや管理者パスワードからハードディスク・ドライブロック・パスワード、BIOSの各種設定項目などを一元設定できます。USBポートの無効化や、各種インターフェイスのアクセス制御も可能です。

HPのノートPC、ワークステーションでも共通で採用しているインターフェイスのため、クライアントPCの種類にかかわらず、同じ手法でセキュリティ機能の設定・管理が可能です。

HP ProtectToolsセキュリティマネージャーに含まれる機能

OS起動前認証〜Pre-Boot Security〜

OS起動前認証
〜 Pre-Boot Security 〜

OS起動前の認証を強化 (電源投入時パスワード、DriveLockパスワードなど) および複数アカウント管理が可能。

また、指紋を電源投入時の認証手段として設定し、指紋認証のみでOS起動前認証、ドライブ暗号化認証、Windowsログイン認証をパスする設定をすることも可能です。

※指紋認証リーダを搭載するノート型製品の場合

OS起動前認証〜Pre-Boot Security〜
詳しい機能はこちら
デバイス(ポート・ドライブ)へのアクセス制限 〜 Device Access Manager 〜

デバイス(ポート・ドライブ)へのアクセス制限
〜 Device Access Manager 〜

USBポートやモデム・オプティカルドライブなどインターフェイスのアクセス許可について、ユーザーアカウントやグループごとに設定可能にします。

例えば、リムーバブルメディアを利用者権限のユーザー、またはグループに読み込み権限を設定し管理者権限のユーザー、またはグループに書き込み可能権限を設定するといった制御ができます。

 

デバイス(ポート・ドライブ)へのアクセス制限 
〜 Device Access Manager 〜
詳しい機能はこちら
マルチファクタ認証 & パスワード管理機能〜 Credential Manager 〜

マルチファクタ認証 & パスワード管理機能
〜 Credential Manager 〜

複数パスワードを一括管理し、シングルサインオンを実現する認証制御機能。

■ セキュリティデバイス管理
■ シングルサインオン
■ Windowsログイン強化

 
 

マルチファクタ認証 & パスワード管理機能
〜 Credential Manager 〜
詳しい機能はこちら
HDD丸ごと暗号化〜 Drive Encryption 〜

HDD丸ごと暗号化
〜 Drive Encryption 〜

Windowsのファイル暗号・ドライブ暗号システムと違い、ハードディスクドライブ全体をセクタレベルで常に暗号化。ユーザーのオペレーションに依存しないセキュリティを実現できます。

TPM (Trusted Platform Module) 1.2対応のセキュリティチップによる保護も可能で、このチップと連携することで、元のPC以外からはディスクにアクセスすることができません。このため、例えばハードディスクを取り外して別のPCからアクセスし、データを盗むといった行為も不可能となります。

HDD丸ごと暗号化〜 Drive Encryption 〜
詳しい機能はこちら
不要データの安全消去 〜 File Sanitizer 〜

不要データの安全消去
〜 File Sanitizer 〜

Windowsでファイルやフォルダを削除しても、その参照情報が削除されるだけで、ハードディスク上の同じ領域を上書きしない限り、データそのものは残った状態となります。File Sanitizerは米国国防総省準拠方式のアルゴリズム (DoD 5220.22-M) を用い、意味のないデータを上書き処理をします。

不要データの安全消去 〜 File Sanitizer 〜
詳しい機能はこちら

※ File SanitizerはSSDをサポートしません。SSDをSecure eraseするには、各SSDメーカーのユーティリティを使って消去して頂く必要があります。

内蔵セキュリティチップによるデータの暗号化〜 Embedded Security 〜

内蔵セキュリティチップによるデータの暗号化
〜 Embedded Security 〜

PCに実装されたハードウェアモジュールに対して、データを暗号化し、認証をかけるための機能です。

・ 電子メールの保護機能
・ ファイルとフォルダの暗号化(EFS)機能
・ パーソナルセキュアドライブ(PSD)機能

内蔵セキュリティチップによるデータの暗号化
〜 Embedded Security 〜
詳しい機能はこちら
デジタル証明書による本人確認 〜 Privacy Manager 〜

デジタル証明書による本人確認
〜 Privacy Manager 〜

Comodo社によるPrivacy Manager デジタル証明書を1年間無償で利用できます。

Privacy Manager 証明書の利用範囲・Microsoft Office 2007 ドキュメントやOutlook 2007 電子メールへのデジタル署名で情報の保護が可能・Windows Live Messenger にて安全なチャットや署名付メッセージが可能

デジタル証明書による本人確認 〜 Privacy Manager 〜
詳しい機能はこちら

HPの多彩なセキュリティ & バックアップ機能

パワーオンパスワード

電源投入時にパスワードを入力することでPCを起動。未承認ユーザーによる起動をブロックします。

セットアップパスワード

BIOS設定変更時にパスワードを要求し、システム構成の不正な変更を未然に防止します。

ドライブロック機能

ハードディスクそのものに直接パスワードを設定することにより、ユーザーや管理者以外のアクセスを防止するなど不正なアクセスを防ぐことが可能です。ハードディスクそのものに直接パスワードを設定することにより、ユーザーや管理者以外のアクセスを防止し、たとえハードディスクを盗難された場合でも第三者の不正なアクセスを防ぐことが可能です。

ポート/ドライブ無効化設定

ネットワークコントローラーやシリアルポート、USBポートなどの各ポートの使用を制限。不正なデータコピーによる情報漏えいを防止します。

ネットワークサービスブート

電源投入時にパスワードを入力することでPCを起動。未承認ユーザーによる起動をブロックします。

リムーバブルドライブブート

BIOS設定変更時にパスワードを要求し、システム構成の不正な変更を未然に防止します。

リムーバブルドライブブート

リムーバブルメディアからの起動の有効/無効化を設定できます。

HP Recovery Manager

OSが起動しない重度な障害発生時などでも、出荷時のソフトウェアイメージの再セットアップが簡単に実行可能なリカバリ機能を標準搭載しています。

真皮を読み取る指紋認証機能

イメージ画像:セキュリティ認証画面

指紋認証デバイスで以下の操作が可能

● Windows ログオン認証
● スタンバイからの復帰 / OSロックの解除
● アプリケーション起動 / Webサイトへのアクセス

HP指紋認証デバイスの指紋読み取り原理

1.指紋読み取りセンサー上下にあるセンサーリングがスライドされた指を検知。
2.リングから指先に微小な高周波電流を流す。
3.電流が表皮を越え、内部の真皮 (真の凹凸部) を流れる。
4.高周波電流が真皮に届くと凹凸に沿って電界が発生。
5.指紋読み取りセンサー部が電界強度を測定し、電界の強弱から指紋画像を生成。

覗き見防止に「HPプライバシーフィルター」 【オプション】

プライバシーフィルター
※ 画像はイメージです
HP純正プライバシーフィルターは意図的に視野角を狭め、覗き見を防止します。留めシールなどが不要でHPノートPCにぴったりフィットします。

電車や飛行機などの人目が気になる場所での作業のみならず、人事、経理関係の仕事をする部門に最適です。

ウイルス対策ソフトウェア Norton™ Internet Security 2011 (60日間試用版)

イメージ画像 : ウイルス対策ソフトウェア Norton™ Internet Security 2011インターネットやメール、各種メディアを介して侵入するコンピュータウィルスを自動的に検知する Norton™ Internet Security 2011 (60日間試用版)をプリインストール。インターネットの脅威からPCを保護します。
   基本性能  デザイン & 操作性  TCO削減  環境対応   セキュリティ
Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。