Jump to content
日本-日本語

法人のお客様向け ノートパソコン

 お問い合わせ
 製品 & サービス 
サポート & ドライバー
   創る・楽しむ   

HP Mini 5102 Notebook PC 製品特長

持ち運びに安心
 
Content starts here
イメージ画像 : HP Mini 5102 Notebook PC
  持ち運びに安心  スタイリッシュデザイン  ビジネス用途に最適  高度な基本性能  安心の保証内容

持ち運びに安心の機能

約1.2kgの軽量ボディ

イメージ画像 : 約1.2kgの軽量ボディ
約 1.2 kg (SSD搭載モデルは約1.16kg、マルチタッチディスプレイ搭載モデルは約1.32kg) の超軽量ながら、ビジネスユーザでも満足して使える機能とパフォーマンスを備えたミニノートPCです。

10.1インチのディスプレイと95%フルサイズのキーボードを搭載し、長時間利用しても快適に操作できる使いやすさを重視しました。
また、日々の利用にも耐えうる堅牢性やセキュリティ、管理性など、ビジネスユースに必須の機能も搭載。

過酷な環境に負けない、強靭ボディ

コンパクトボディを包む外装は、アルミニウム、マグネシウム合金採用を採用。ディスプレイ部分は、キズがつきにくく、高級感漂うアルマイト (陽極酸化) 処理とヘアライン加工を施しています。
ベース部分には固く軽量なマグネシウム合金を採用、高い強度で大切な内部をガードするとともに、たわみに強く堅牢なボディを実現しています。
天面の耐加重500kgfを実現 天面の耐加重500kgfを実現※。
毎日のモバイル用途や、100kgもの圧力がかかるといわれるラッシュアワー時の電車での移動でも安心です。
※ 第三者機関によるテスト結果:動作時、天面と底面全体へ均等に500kgfの耐加重テストを実施。本製品の耐衝撃・耐圧迫性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。
イメージ画像 : 過酷な環境に負けない、強靭ボディ

約11時間まで使えるバッテリを 搭載可能※

イメージ画像 : 約11時間まで使えるバッテリを 搭載可能
標準バッテリとして、約5時間使用できる4セルバッテリを装備。さらにオプションで、約11時間まで使用可能な6セルバッテリも用意しています。

長時間の使用が可能なうえ、バッテリには、残量が一目でわかるバッテリ残量表示LEDがついていますので、移動中の乗り物など、バッテリ残量を確認しつつ時間を効率的に過ごすことができます。

※ バッテリ駆動時間はモデルにより異なります。詳しくは スペック表 でご確認ください。
HPファスト・チャージ・テクノロジー バッテリ残量はノートPCの稼動時間に直結し、機能性を左右します。
HPファスト・チャージ・テクノロジーは、約 1.5 時間で90%まで高速充電。
HPファスト・チャージ・テクノロジー
通電ライト:ローバッテリ状態でも短時間で機能回復します。

ハードディスクドライブを振動・落下からガード 「HP 3Dドライブガード」

HP 3Dドライブガード ノートPCのハードディスクドライブ(HDD)は衝撃や落下の脅威にさらされています。HP Mini 5102は内蔵HDDを超衝撃吸収素材で包み込んだうえ、HDDモーションセンサ「HP 3Dドライブガード」を搭載。わずかな衝撃も瞬時に検知し、HDDのヘッドをセーフティゾーンに移動させてディスクの破損を防ぎます。落下だけでなく、ごく小さな揺れや振動にも反応するので、持ち運びの移動中も安心です。
ディスプレイ・オープン時 ディスプレイ・クローズ時
全方位への落下にセンサが反応。 少しの揺れでもセンサが反応。
移動中の振動や衝撃からも大切なデータを守ります。起動中のちょっとした移動も安心です。
フレキシブル・モーション・センサ
※ 本製品の耐衝撃・耐圧迫性能は、無破損・無故障を保証するものではありません。
※ 画像はイメージです

ビジネスを守る、高度なセキュリティ

各種設定を一元管理 HP ProtectToolsセキュリティマネージャー

HP ProtectTools セキュリティマネージャー HP ProtectToolsセキュリティマネージャーにより、各種セキュリティソリューションを1つのインターフェイスで簡単に設定可能。電源投入時パスワードや管理者パスワードからハードディスク・ドライブロック・パスワードなどを一元設定できます。USBポートの無効化や、各種インターフェイスのアクセス制御も可能です。 イメージ画像 : セキュリティを一元管理 可能な HP ProtectToolsセキュリティマネージャー

DigitalPersona ProによるHP ProtectToolsの拡張

イメージ画像 : DigitalPersona ProによるHP ProtectToolsの拡張DigitalPersona社のDigitalPersona Proを導入することによって、HP ProtectToolsをサーバー管理することが可能です。
DigitalPersona Proの導入で以下のことが実現できます。
ポリシー管理の強化
サーバ側でポリシーの設定管理

イメージ画像 : ポリシー管理の強化
アクセスリカバリ
パスワード忘れなどの際、管理者がアクセスコードを発行可能
イメージ画像 : アクセスリカバリ
シングルサインオン
あらゆるアプリケーションをシングルサインオン設定
イメージ画像 : シングルサインオン
外付認証デバイスの強化
指紋リーダー設置&管理
データ管理(Enterprise)
暗号キー、認証ログ、認証情報などをサーバ管理
機能強化(Enterprise)
Kiosk(共有PCセキュリティ) Defender(ワンタイムパスワード)

Webカメラを見ることで簡単ログイン 顔認証機能 Face Recognition for HP ProtectTools

Face Recognition for HP ProtectTools 従来のパスワード認証に替えて、顔認証によるWindowsログオンやコンピュータのロック解除を可能とする顔認証機能を標準搭載しました。

マルチユーザー認証に対応しており、簡単に設定が可能です。
イメージ画像 : Webカメラを見ることで簡単ログイン 顔認証機能 Face Recognition for HP ProtectTools

ドライブ暗号化 (HP Drive Encryption for HP ProtectTools)

ドライブ暗号化 (HP Drive Encryption for HP ProtectTools) Windowsのファイル暗号・ドライブ暗号システムと違い、ハードディスクドライブ全体をセクタレベルで常に暗号化。ユーザーのオペレーションに依存しないセキュリティを実現できます。 ドライブ暗号化 (HP Drive Encryption for HP ProtectTools)

万が一紛失や盗難に備えて Computraceソリューション for HP ProtectTools

Computrace ソリューション for HP ProtectTools 万が一紛失や盗難にあった際に接続時のIPアドレスから探索し、指定したファイルやフォルダの削除が行える「Computraceソリューション for HP ProtectTools」のサービス提供を予定しています。 イメージ画像 : Computraceソリューション for HP ProtectTools

クレデンシャルマネージャー

クレデンシャルマネージャー 複数パスワードを一括管理し、シングルサインオンを実現する認証制御機能。

■ セキュリティデバイス管理
■ シングルサインオン
■ Windowsログイン強化
クレデンシャルマネージャー

ハードディスクドライブ内のデータを完全消去 HPディスククリーナ

ハードディスクドライブ内のデータを完全消去 HPディスククリーナ ハードディスクドライブに記録されたデータは、ディスクを初期化したりWindowsのゴミ箱を空にするだけでは完全に消去できず、特定のソフトウェアなどで読み取られる可能性があります。HPのビジネス向けノートPCには標準でハードディスク完全消去ツールを搭載、JEITA方式 (米国国防総省方式) での処理が可能です。
他社製PCと違い、HPは一般的なユーティリティの搭載でなく、BIOS内の機能として提供します。

OS起動前認証 (Enhanced Pre-Boot Security)

OS起動前認証 OS起動前の認証を強化 (電源投入時パスワード、DriveLockパスワードなど) および複数アカウント管理が可能 OS起動前認証 (Enhanced Pre-Boot Security)
  持ち運びに安心  スタイリッシュデザイン  ビジネス用途に最適  高度な基本性能  安心の保証内容
Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。