Jump to content
日本-日本語

法人のお客様向け ノートパソコン

 お問い合わせ
  

HP EliteBook pシリーズ セキュリティ機能

 

高度なセキュリティ機能

セキュリティ設定を一元管理 HP ProtectToolsセキュリティマネージャー

イメージ画像 : HP ProtectTools セキュリティマネージャー

HP ProtectToolsセキュリティマネージャーにより、各種セキュリティソリューションを1つのインターフェイスで簡単に設定可能。

電源投入時パスワードや管理者パスワードからハードディスク・ドライブロック・パスワード、BIOSの各種設定項目などを一元設定できます。USBポートの無効化や、各種インターフェイスのアクセス制御も可能です。

HPのノートPC、ワークステーションでも共通で採用しているインターフェイスのため、クライアントPCの種類にかかわらず、同じ手法でセキュリティ機能の設定・管理が可能です。

OS起動前認証〜Pre-Boot Security〜

OS起動前認証
〜 Pre-Boot Security 〜

OS起動前の認証を強化。(電源投入時パスワード、DriveLockパスワードなど)および複数アカウント管理が可能。
また、指紋を電源投入時の認証手段として設定し、指紋認証のみでOS起動前認証、ドライブ暗号化認証、Windowsログイン認証をパスする設定をすることも可能です。

OS起動前認証〜Pre-Boot Security〜
詳しい機能はこちら
デバイス(ポート・ドライブ)へのアクセス制限 〜 Device Access Manager 〜

デバイス(ポート・ドライブ)へのアクセス制限
〜 Device Access Manager 〜

USBポートやモデム・オプティカルドライブなどインターフェイスのアクセス許可について、ユーザーアカウントやグループごとに設定可能にします。
例えば、リムーバブルメディアを利用者権限のユーザー、またはグループに読み込み権限を設定し管理者権限のユーザー、またはグループに書き込み可能権限を設定するといった制御ができます。

デバイス(ポート・ドライブ)へのアクセス制限 
〜 Device Access Manager 〜
詳しい機能はこちら
マルチファクタ認証 & パスワード管理機能〜Credential Manager〜

マルチファクタ認証 & パスワード管理機能
〜 Credential Manager 〜

複数パスワードを一括管理し、シングルサインオンを実現する認証制御機能。

■ セキュリティデバイス管理
■ シングルサインオン
■ Windowsログイン強化


マルチファクタ認証 & パスワード管理機能〜Credential Manager〜
詳しい機能はこちら
HDD丸ごと暗号化 〜 Drive Encryption 〜

HDD丸ごと暗号化
〜 Drive Encryption 〜

Windowsのファイル暗号・ドライブ暗号システムと違い、ハードディスクドライブ全体をセクタレベルで常に暗号化。ユーザーのオペレーションに依存しないセキュリティを実現できます。
TPM (Trusted Platform Module) 1.2対応のセキュリティチップによる保護も可能で、このチップと連携することで、元のPC以外からはディスクにアクセスすることができません。このため、例えばハードディスクを取り外して別のPCからアクセスし、データを盗むといった行為も不可能となります。

HDD丸ごと暗号化 〜 Drive Encryption 〜
詳しい機能はこちら
不要データの安全消去〜 File Sanitizer 〜

不要データの安全消去
〜 File Sanitizer 〜

Windowsでファイルやフォルダを削除しても、その参照情報が削除されるだけで、ハードディスク上の同じ領域を上書きしない限り、データそのものは残った状態となります。
File Sanitizerは米国国防総省準拠方式のアルゴリズム (DoD 5220.22-M) を用い、意味のないデータを上書き処理をします。

マルチファクタ認証 & パスワード管理機能
〜 Credential Manager 〜
詳しい機能はこちら
内蔵セキュリティチップによるデータの暗号化〜 Embedded Security 〜

内蔵セキュリティチップによるデータの暗号化
〜 Embedded Security 〜

PCに実装されたハードウェアモジュールに対して、データを暗号化し、認証をかけるための機能です。

■ 電子メールの保護機能
■ ファイルとフォルダの暗号化(EFS)機能
■ パーソナルセキュアドライブ(PSD)機能

内蔵セキュリティチップによるデータの暗号化〜 Embedded Security 〜
詳しい機能はこちら
デジタル証明書による本人確認〜 Privacy Manager 〜

デジタル証明書による本人確認
〜 Privacy Manager 〜

Comodo社によるPrivacy Manager デジタル証明書を1年間無償で利用できます。
Privacy Manager 証明書の利用範囲・Microsoft Office 2007 ドキュメントやOutlook 2007 電子メールへのデジタル署名で情報の保護が可能・Windows Live Messenger にて安全なチャットや署名付メッセージが可能。

デジタル証明書による本人確認〜 Privacy Manager 〜
詳しい機能はこちら

真皮を読み取る指紋認証機能

指紋認証デバイスで以下の操作が可能

■ Windows ログオン認証
■ スタンバイからの復帰 / OSロックの解除
■ アプリケーション起動 / Webサイトへのアクセス

真皮を読み取る指紋認証機能
詳しい機能はこちら

HP BIOS

HP BIOS (デジタル署名)

HPによりデジタル署名された正式なBIOSを利用することにより、BIOSの不正なバージョンへの書き換えを予防します。

HP BIOS (グラフィカル表示)

HP独自の使いやすいグラフィカルなユーザインターフェイスと、マウスポインタでの操作をサポートします。
また、すべての表示を完全に日本語で表示でき、管理者様の工数を削減します。

安心のセキュリティ機能を標準搭載

パワーオンパスワード

パワーオンパスワード
電源投入時にパスワードを入力することでPCを起動。未承認ユーザーによる起動をブロックします。

セットアップパスワード

BIOS設定変更時にパスワードを要求し、システム構成の不正な変更を未然に防止します。

ドライブロック機能

ドライブロック機能
ハードディスクそのものに直接パスワードを設定することにより、ユーザーや管理者以外のアクセスを防止し、たとえハードディスクを盗難された場合でも第三者の不正なアクセスを防ぐことが可能です。

ポート/ドライブ無効化設定

ポート/ドライブ無効化設定
ネットワークコントローラーやシリアルポート(一部のモデルのみ)、USBポートなどの各ポートの使用を制限。不正なデータコピーによる情報漏えいを防止します。

ネットワークサービスブート

ドライブロック機能
ネットワークサーバーにインストールされたOSからの起動の有効/無効化を設定できます。

リムーバブルドライブブート

リムーバブルメディアからの起動の有効/無効化を設定できます。

TPM1.2準拠セキュリティチップ

ドライブロック機能
セキュリティチップと専用ソフトウェアによるファイルやフォルダの暗号化や、暗号化された電子メールの送受信を実現。ハードウェアレベルによる強固で安全性の高いデータ保護が可能です。

HP Recovery Manager

OSが起動しない重度な障害発生時などでも、出荷時のソフトウェアイメージの再セットアップが簡単に実行可能なリカバリ機能を標準搭載しています。

 
セキュリティロックケーブル用スロット

筐体背面にセキュリティロックケーブル用ホールを装備、PC本体の不正な持ち出しを防ぎます。
セキュリティロックケーブル用スロット

※ 画像はイメージです    ※ 画像はHP EliteBook 8470pです

ウイルス対策ソフトウェア Microsoft Security Essentials プリインストール

Microsoft Security Essentials はウイルス、スパイウェア、およびその他の有害なソフトウェアからPC をリアルタイムで保護できます。
また、バックグラウンドで静かに効率的に動作するため、操作の妨げになるような画面が表示されたり、更新に煩わされたりすることもありません。
ウイルス対策ソフトウェア Microsoft Security Essentials プリインストール

インテル® vPro™ プロセッサーによる 高度なセキュリティー、効率的な運用管理、優れた応答性を実現

高度なセキュリティー

インテル® Core™ i7 vPro™ プロセッサーインテル® Core™ i5 vPro™ プロセッサーセキュリティ性を高め運用管理業務をリモートで対応可能なインテル® vPro™ テクノロジーに対応。

インテル® アクティブ・マネジメント・テクノロジー(インテル® AMT)や、インテル® バーチャライゼーション・テクノロジー (インテル® VT)に対応し、クライアントPCの状態に依存しないリモート管理を可能にし、度重なるオンサイトでの復旧作業を最小限に抑えるなど、運用コストを最小限におさえます。

これまで以上にスマートなPCセキュリティーを実現

  • ウイルスに感染したPCをリモートでネットワークから隔離し、その状態を維持したままでリモートから安全にアクセスしてシステムを修復。
  • インテル® アンチセフト・テクノロジーによって、紛失や盗難の際には、ハードウェア・レベルでPC を無効化。
  • ハードウェア・アシストによる安全な仮想化環境を利用することで、応答性に優れたクライアント・ホスト型デスクトップ仮想化を実現。ローカルのコンピューティング・リソースを利用することで、セキュリティーとパフォーマンスを高いレベルで同時に実現

リモートからの運用管理機能により、PCメンテナンスの負担を軽減し、費用対効果を改善

  • PCが応答しない場合でも、リモートからPC の設定および診断、感染時の隔離や修復が行える機能によって、メンテナンス・コストが減少。
  • オンサイトのメンテナンス・サポート件数が最大56% 減少。
  • ハードウェア・ベースのリモートKVM制御により、IT部門はユーザーのPCがファイアウォール外にあっても、高解像度(最大1920×1200)で同じディスプレイ出力内容をリモートから確認可能。
  • ハードウェア・アシストによるリモートからの電源のオン/オフや、アップデートのサポートにより、夜間メンテナンスにおける電力コストを削減。パッチ適用時間は最大56%削減。
 pシリーズトップ  製品特長  省エネ・環境対応    セキュリティ・管理
Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。