Jump to content
日本-日本語

個人のお客様向け ノートPC

 お問い合わせ

HP Pavilion dv6-6100 製品特長

プレミアムライン(ダークアンバー)
 
 デザイン  先進機能

充実のスペックで、先進のデジタルライフを満喫

高速処理がおこなえる64bit版OSを搭載

Windows®7

より分かりやすい操作性と軽快な動作を実現し、快適なデジタルライフをお届けする「 Windows 7 Home Premium (64bit) 」または「 Windows 7 Professional (64bit) 」が選択できます※。

※ オリジナル(量販店)モデルは「 Windows 7 Home Premium (64bit) 」を搭載。

Windows® 7 Professionalが選ばれる理由

Windows® 7 Professionalは家庭向け・ビジネス向けの両機能を搭載するだけでなく、仮想環境(Windows Virtual PC)を利用する「Windows® XPモード」に対応し、32bitを含む旧バージョンのアプリケーションと周辺機器の互換性を高めています。

また、XPモード利用の際には、対応モジュールをマイクロソフト社のWebサイトよりダウンロードして、インストールする必要があります。
 ダウンロードはこちら 日本HP外のウェブサイトへ

■XPモードの概念図

XPモードの概念図
Windows画面

Windows® XPモードは、古いアプリケーションが使えなくなることを防ぎます。

※ XPモードの基本的設定や操作はお客様の責任の下にご利用いただくようお願いいたします。日本HPではXPモードの設定や個々の周辺機器・ソフトウェアとの接続についてサポートしておりません。

第2世代インテル® Core™ i7プロセッサーのハイパフォーマンス

第2世代インテル® Core™ i7 プロセッサー・ファミリー

進化した「インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」をはじめとした機能の拡張により、圧倒的なパフォーマンスを発揮する 第2世代インテル® Core™ i7 プロセッサー・ファミリー 搭載。ハイエンド・プロセッサーの採用により、画像・動画の編集や最新ゲームなど、PCに負荷の高い操作の際に、快適なレスポンスを提供します。

■ 選択可能なプロセッサー

 

コア数
(ハイパースレッディング)

動作周波数

3次
キャッシュ

TDP
(最大放熱量)

ベース

ターボブースト
(最大)

インテル® Core™ i7-2720QM プロセッサー 4 コア (8-way) 2.20 GHz 3.30 GHz 6 MB 45 W
インテル® Core™ i7-2670QM プロセッサー 4 コア (8-way) 2.20 GHz 3.10 GHz 6 MB 45 W
インテル® Core™ i7-2630QM プロセッサー 4 コア (8-way) 2.00 GHz 2.90 GHz 6 MB 45 W

必要な時に、よりパワフルな処理能力を実感! 「インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー 2.0」

PCに負荷が掛かると、自動で処理を加速。強化された技術で、作業開始時には動作周波数を従来よりさらにアップ。

PCに負荷が掛かると、自動で処理を加速。強化された技術で、作業開始時には動作周波数を従来よりさらにアップ。
処理性能をあげつつ、PCトータルの電力削減に貢献。

今までよりも省電力、かつWebの閲覧、ソフトの起動など、
日常の様々な作業で反応が早い

※ インテル® ターボ・ブースト・テクノロジーに対応したシステムが必要です。インテル® ターボ・ブースト・テクノロジー2.0は次世代のインテル® ターボ・ブースト・テクノロジーであり、第2世代インテル® Core® i5 プロセッサーおよびインテル® Core® i7 プロセッサーでのみ利用可能です。各PCメーカーにお問い合わせください。実際の性能はハードウェア、ソフトウェア、システム構成によって異なります。詳細については、http://www.intel.co.jp/jp/technology/turboboost/ を参照してください。

最新のゲームにも余裕で対応する高性能グラフィックス

最新グラフィクス AMD Radeon™ HD

グラフィックスには先進機能を満載した「AMD Radeon™ HD 6770M」を搭載※。より高速な演算処理を実現するGDDR5メモリを大容量2GB搭載しているので、最新ゲームや、ハイビジョン動画の編集などがスムーズです。

※ オリジナル(量販店)モデルは「インテル® HDグラフィックス3000」を搭載

用途に応じてグラフィックスを切り替える 「Switchable Graphics」
拡大画像はこちら

用途に応じてグラフィックスを切り替える 「Switchable Graphics」

dv6-6100 プレミアム・ラインは AMD Radeon™ HD 6770Mの他に、プロセッサー内蔵の「インテル® HD グラフィックス3000」も搭載。

用途に応じて電力消費の少ないプロセッサー内蔵グラフィックスと、ハイパフォーマンスなAMD Radeon™ グラフィックスとを切り替えることができます。

たとえば、バッテリ駆動の際には省電力なグラフィックス、ゲームをするときにはハイパフォーマンスなグラフィックスを利用するなど、より効率的なパフォーマンスと電源の管理がおこなえます。

※ 画像はイメージです。実際の製品と異なる場合があります。

プロセッサーをサポートする「GPGPU」に対応
 

GPGPUに対応する「AMDグラフィックスプロセッサ(GPUs)」を採用。物理演算や立体映像処理、動画のエンコードやアップスケーリングなど、通常プロセッサーでのみおこなっていたさまざまな作業を、プロセッサーへの負荷は最小限に抑えつつ、高速に処理できます。

進化した動画支援機能
「UVD3.0 (Unified Video Decoder 3.0)」に対応

MPEG4-Multiview Video Coding(MVC)フルデコード機能やH.264のデュアルデコーディングパイプラインの追加、Divix、XvidといったMPEG-4準拠のコーデックに対するデコードへの対応など、数々の機能強化により進化したUVD3.0。
プロセッサーへの負荷を大幅に削減し、グラフィックス単体でブルーレイムービーをはじめとした、多様な動画再生を支援します。

快適な動作をもたらすDDR3高速メモリ

メインメモリには、DDR3高速メモリが最大8GBまで搭載可能。64bit OSにより大容量メモリをフルに活用でき、PCに負荷の高いソフトウェアの使用時においても快適な操作環境を実現します。

データアクセスが高速なSSDが選択可能 [HP Directplus オプション]

高速なアクセススピードを実現する160GBのSSDが選択可能。OSやアプリケーションの呼び出しが高速化され、レスポンスの良い操作を実現します。
また、250GB(7,200rpm)/ 320GB(7,200rpm)/ 500GB(7,200rpm)/ 1TB(5,400rpm)ハードドライブも選択できます。
必要なディスク容量やアクセススピードによって、最適なストレージをお選びください。

■ ストレージ性能比較
【 160GB SSD vs 500GB ハードドライブ 】

500GBハードドライブの数値を1としたとき、160GB SSDの読み込み速度は、約2.5倍。また、書き込み速度は、約1.3倍

■ SSDとハードドライブのメリット比較

 

SSD

HDD

読み込みスピード
書き込みスピード
省電力性
耐震性
静音性
容量

■ HP Pavilion dv6-6100に搭載するSSDの仕様※

シーケンシャル・リード 最大220MB/s
シーケンシャル・ライト 最大120MB/s

※数値はメーカー公称値です

いつでもどこでもネットにアクセス

わずらわしい配線無しでインターネットに接続できる、インテル製の無線LANを標準装備。

わずらわしい配線無しでインターネットに接続できる、インテル製の無線LANを標準装備。家庭内はもちろん、お出かけ先にある無線LANスポットなどで自在にアクセスできます。

周辺機器とワイヤレスで接続できるBluetooth[HP Directplus オプション] ※

さまざまな周辺機器とワイヤレスでつながるBluetoothを選択可能

※ 画像はイメージです  

さまざまな周辺機器とワイヤレスでつながるBluetoothを選択可能。対応オプティカルマウスやヘッドフォンなどもケーブル接続なしでご利用いただけます。

※ オリジナル (量販店) モデルには標準で搭載しています

ロングライフバッテリで、余裕の駆動時間

容量の大きいリチウムイオンバッテリを採用し、より長時間のバッテリでの駆動が可能 (連続使用 約5時間30分+約9時間45分)

容量の大きいリチウムイオンバッテリを採用し、より長時間のバッテリでの駆動が可能。
コンセントの無い場所でも安心してご利用いただけます。

また、6セル+9セルのバッテリセットもご用意 ※。
電力消費の少ない夜間に充電しておき、電力需要の高い時間帯はバッテリで操作するなど、省エネ効果の高い使い方が可能です。

※ HP Directplusオプション
※ 2本同時の使用はできません

大切なデータをしっかり守るHPプロテクトスマート・テクノロジー ※

持ち運びのときやテーブルからの滑落など、不意のトラブルにも安心の「HPプロテクトスマート・テクノロジー (HP 3D DriveGuard) 」を採用 持ち運びのときやデスクからの滑落など、不意のトラブルにも安心の「HPプロテクトスマート・テクノロジー (HP 3D DriveGuard) 」を採用。緊急時にはハードドライブヘッドをセイフティゾーンへ回避させることでディスク面の損傷を防ぎ、振動や衝撃から大切なデータを保護します。
さらに、内蔵されている3Dモーションセンサーにより、PCの使用状況に合った最適なトラブル感知をおこないます。

※ 本製品の耐衝撃・耐圧迫性能は無破損・無故障を保証するものではありません

振動などを感知した際にランプが点灯。
3Dモーションセンサー
振動などを感知した際にランプが点灯。
※ 左記は動作状況をわかりやすくしたイメージです。

安心してご利用いただける、充実のセキュリティ機能

ログオンが必要なWebサイトにも簡単、便利にアクセスできる指紋認証機能

指先ひとつで Windows® やWebサイトへのログオン認証が可能。IDやパスワードの入力が不要になり、操作性が大幅に向上します。

指先ひとつで Windows® やWebサイトへのログオン認証が可能

※ 画像はイメージです

紛失や盗難に備えるパワーオンパスワード

パソコンの起動時にパスワードを入力しないと起動できないようにし、紛失や盗難に備えるパワーオンパスワード機能を標準搭載しています。

盗難対策に効果の高いセキュリティスロット搭載

盗難対策に効果の高いセキュリティスロット搭載

専用ケーブルと本体を接続できるセキュリティスロットを搭載。外出先で利用する場合などに、ケーブルを支柱などに接続しておくことで、簡単に盗難対策がおこなえます。

ノートン・インターネットセキュリティ2011

ノートン・インターネットセキュリティ2011

機能を強化、バージョンアップされたシマンテック社のノートン・インターネットセキュリティ2011 (60日間試用版) をプリインストール。コンピューターウイルス、スパイウェアなどの脅威からPCを保護します。 さらに15か月アップグレードオプションもご用意。

 フィルタリングへの対応について

ドキュメント作成をより快適にするオフィスソフトウェア

Microsoft® 2010で快適操作[HP Directplus オプション]

アプリケーションの機能がパワーアップし、ブラウザー※経由での操作やドキュメントの共同編集などがおこなえる、「Microsoft® Office Personal 2010」または「Microsoft® Office Home and Business 2010」が選択可能。より便利で使いやすくなったオフィスソフトウェアで作業がより効率的になります。

※「ブラウザー機能(Microsoft® Web Apps)を利用する場合、Windows Live™ ID とWindows Live SkyDriveへのアクセスが必要です。

エディション名 Office Home and Business 2010 Office Personal 2010

Office Home and Business 2010

Office Personal 2010















Word ●※
Excel ●※
PowerPoint ●※  
Outlook ●※
OneNote ●※  

※ Office 2010 より新規で追加になったエディションおよび収録アプリケーションや機能。

 デザイン  先進機能

世界PCシェア No.1製品の信頼と品質を裏づける、世界No.1※の実績
快適なデジタルライフを実現するための精緻なデザインと、最新のスペックを凝縮したPCをお求めやすい価格で提供できるのはHPならでは。
世界で一番選ばれているという実績は、そのまま信頼と品質の高さの証といえます。世界PCシェアNo.1※のスケールメリットからなる部材調達力により、コストパフォーマンスに優れた美しいデザインのPCを実現しました。

※ 2006年10月〜2012年12月の出荷台数 出典:IDC, Worldwide Quarterly PC Tracker, Q4 2012

Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。