Jump to content
日本-日本語

個人のお客様向け Notebook PC

 お問い合わせ
 製品 & サービス 
サポート & ドライバー
   創る・楽しむ   
 

HP G62 Notebook PC 製品特長

エレガントなデザイン
 
HPがお勧めするWindows。
HP製品を見て触って、購入できる展示販売店舗のご案内
Content starts here
HP G62 Notebook PC
 エレガントなデザイン  安心の基本性能  充実のエンターテイメント機能

繊細なテクスチャーに込められた実用性

エレガントでシックなボディ

淡いブラウンの“biscotti”(ビスコッティ)カラーと、繊細なテクスチャーが織りなすデザインパターンが、シックで落ち着いた印象を与えます。立体造形を活かしたその美しいデザインは、傷がつきにくい「HP Imprintテクノロジー」で実現。リビングでも、書斎でも、シーンを選ばないデザインです。
イメージ画像 : 美しい HP Imprintテクノロジー
※ 画像はイメージです

PCの一体感を演出する優れたデザイン

イメージ画像 : PCの一体感を演出する優れたデザイン
※ 画像はイメージです
パームレストとキーボードはフラット形状。パームレストには、トップカバーと同じデザインが施されています。シームレスなフォルムとテクスチャーが途切れることなく、PCの美しさを演出します。

ショートカットボタンで機能にかんたんアクセス

キーボードの上部に、無線LANのオン・オフや各メディアプレーヤーなどの再生・ボリュームコントロールが簡単に操作できる「ファンクションボタン」を配置。良く使う機能へアクセスしやすくなり、とても便利です。

キーボードの左側には、使いやすさをさらに広げる「クイックローンチ・キー」を採用。ブラウザや、電卓、印刷などがワンタッチで呼び出せます。
イメージ画像 : 「クイックローンチ・キー」でブラウザや、電卓、印刷などがワンタッチで呼び出せます。
※ 画像はイメージです

簡単便利な2Wayスクロールバーを備えたタッチパッド

イメージ画像 : タッチパッドにはスクロールバーを配置
※ 画像はイメージです
タッチパッドにはスクロールバーを配置。マウス操作だけでなく、ウィンドウ内に表示される画面のスクロールが容易におこなえます。また、ダブルタップで、タッチパッドのオン・オフを操作できるので、マウス使用時の切り替えが簡単です。

データ移動がらくになる、5in1メディアスロット

本体側面にマルチメディアカード 、メモリースティックなど、5つのメディアをアダプターなしで接続できる 5in1メディアスロットを搭載。面倒なケーブルやアダプター接続なしに、デジタルカメラやビデオカメラなどの保存データを手軽に移動できます。

撮影したデータ 各種カードを直接PCへ挿入可能 撮影した画像を即座に観賞可能!
撮影したデータ   各種カードを直接PCへ
挿入可能
  撮影した画像を即座に
観賞可能!
イメージ画像 : 本体側面に5つのメディアをアダプターなしで接続できる5in1メディアスロットを搭載
※ 画像はイメージです

使ってわかる快適さ、各種インターフェイスを両サイドに配置

USB2.0ポートや、HDMIポートなど、よく使うインターフェイスは本体の前面と側面に配置。周辺機器やケーブル類などを接続する際に、素早く確実なアクセスが可能です。

 HDMIポート

 エレガントなデザイン  安心の基本性能  充実のエンターテイメント機能

世界PCシェア No.1製品の信頼と品質を裏づける、世界No.1※の実績
快適なデジタルライフを実現するための精緻なデザインと、最新のスペックを凝縮したPCをお求めやすい価格で提供できるのはHPならでは。
世界で一番選ばれているという実績は、そのまま信頼と品質の高さの証といえます。世界PCシェアNo.1※のスケールメリットからなる部材調達力により、コストパフォーマンスに優れた美しいデザインのPCを実現しました。

※ 2006年10月〜2012年12月の出荷台数 出典:IDC, Worldwide Quarterly PC Tracker, Q4 2012

Windows 8 と Windows 8.1 の機能を最大限に利用するために、システムには、アップグレードされたハードウェアか個別に購入したハードウェア、ドライバ、および/またはソフトウェアのいずれか、またはその両方が必要になる場合があります。また、Windows 8 と Windows 8.1 の全バージョンで全ての機能を利用できるわけではありません。http://windows.microsoft.com/ja-JP/を参照してください。
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。