Jump to content
日本-日本語

個人のお客様向け ノートPC

 お問い合わせ

HPのテクノロジー

価値のあるテクノロジーをお客様に
 
Content starts here
HPのテクノロジー 価値のあるテクノロジーをお客様に 困ったを完全解決!あんしんのサポート
ここにもHPのあんしん1 HPのテクノロジー
ここにもHPのあんしん2 信頼の証

HPのテクノロジー

「お客様に価値のあるテクノロジーを。」
ただ新しい技術を追い求めるのではなく、お客様にとって楽しく、そして役に立つテクノロジーこそが本当のテクノロジーだと、
HPは考えています。
SSD、HP Imprintテクノロジーは、HPが常にお客様のことを考えて採用してきた“価値のある”テクノロジーの一例です。

このサイトをご覧になるには、最新の「Adobe Flash Player」をインストールする必要があります。「Adobe Flash Player」のダウンロードはこちらから

サウンドへのこだわり

  Beats Audio™

アメリカ音楽業界でもトップクラスのアーティストであるDr.Dreとのコラボレーションによる、迫力のある重低音を中心とするクリアな音が特長のオーディオシステム「Beats Audio™」家庭用パソコンは、ブルーレイ、オンラインゲーム、地デジといったエンターテインメントを楽しむための機能がますます充実していくことでしょう。
どの用途であっても、購入前に検討されるのが、画面の大きさや解像度など「観る」ためのスペックですが、「音質」に関しては、なぜかまだそこまで気にされることはありません。

しかし、五感の一つに響く「音質」は、人間の心を豊かにするとても大切な分野のひとつであるとHPはずっと考えてきました。これまでHPは、“より良い音で楽しみ、生活を、心を豊かにしてほしい”という思いから、時代に見合ったサウンドテクノロジーを採用しています。

アメリカ音楽業界でもトップクラスのアーティストであるDr.Dreとのコラボレーションによる、迫力のある重低音を中心とするクリアな音が特長のオーディオシステム「Beats Audio™」の開発に成功

最新のモデルでは、アメリカ音楽業界でもトップクラスのアーティストであるDr.Dreとのコラボレーションによる、迫力のある重低音を中心とするクリアな音が特長のオーディオシステム「Beats Audio™」の開発に成功。Dr.Dreの専用モデルのみならず、多くのモデルで採用しています。音を匡体内部で共鳴させ、「本物の音」を忠実に再現するための素材選びから、ハードウェアの設計、またソフトウェアによるチューニングによるアプローチも実現しており、他にはない「本物の音」を追及しています。
Beats Audioは、音にこだわるHPだからこそ生み出された技術なのです。

HPは、ただ“新しいから”とか“流行りだから”という理由から、なんでもむやみに新しい技術を取り入れるということはしません。
その判断は、“お客様の生活が便利になるよいテクノロジーだから広めたい”、“世の中に役に立つテクノロジーだから全製品へと展開したい”という思いを持てる技術であるかどうかにあります。パソコン市場において、常に業界標準となるべき技術を見極め、支援し、業界をリードしてきた歴史がHPの誇りであり、この社会に存在する意義なのです。
変化の激しいこれからのテクノロジーだからこそ、この思いを忘れずに、HPは技術革新とその採用に取り組みます。

ハリのある高音域と迫力の重低音を提供する「Beats Audio™」テクノロジーに対応し、最高レベルの音響システムをお楽しみいただけます

※ 画像はイメージです。実際の製品とは異なる場合があります 

■ 「 Beats Audio™ 」ソフトウェア

好みに合わせてサウンドをチューニングできる 「 Beats Audio™ 」ソフトウェア

再生中の音源を、画面上のパラメーターにて好みのミックスにイコライジングすることができます。
気に入ったイコライジングが出来たら、自分専用のプリセットとして保存することも可能です。

直感的な使いやすさへのこだわり

  タッチ・テクノロジー

世の中でも普通に使われるようになったこの「タッチ・テクノロジー」は、HPがどこよりも先に追及してきた技術の一つです

パソコンやスマートフォンなどの最近のトレンドとして、タッチパネルを使った製品への人気が高まっています。今では、世の中でも普通に使われるようになったこの「タッチ・テクノロジー」は、HPがどこよりも先に追及してきた技術の一つです。

実は、タッチ機能付きのタブレットPCの開発は、もともと、米国のとある大学からの「学生にPCを紙のノートと同じように使用させたい」というリクエストが、HPに来たときから始まったものです。

コンピュータをより簡単に、より自由に使っていただくことへのこだわりから生まれ、育まれた技術が、HPの「タッチ・テクノロジー」なのです

また、Windows®7で主流になってきたタッチパネル機能搭載PCですが、HPでは、2007年に「HP TouchSmartシリーズ」を発表したときから、個人向けのオールイン・パソコンでのタッチ機能つき大型液晶パネルを発売しています。コンピュータをより簡単に、より自由に使っていただくことへのこだわりから生まれ、育まれた技術が、HPの「タッチ・テクノロジー」なのです。

長時間駆動へのこだわり

  ロングライフバッテリ

ノートパソコンのモバイル利用時の要望として高いのは、バッテリの長時間利用についてです。
HPの個人向けノートパソコンでは、ほぼすべての機種で「ロングライフバッテリ」に対応し、容量の大きいリチウムイオンバッテリを採用していますので、バッテリの駆動時間が大幅にアップしています。

例えば、HP Pavilion dm1-4100は、バッテリ駆動時間なんと約10時間30分※。
軽量コンパクトで、デザインもお洒落なパソコンを、電源ケーブルなしで持ち歩きたい、そんな要望にもしっかりお答えしています。

ご家庭内でコンセントのない場所で自由にノートPCを使っていただくことができ便利

ただ、HPの本当のこだわりは、モバイルパソコンだけにとどまらないところにあります。モバイルパソコンの長時間駆動バッテリは当たり前。14-16インチサイズのスタンダードノートパソコンこそ、長時間駆動バッテリを採用することで、今や欠かせない節電対応が可能になるのです。パソコンを持ち運ばなくても、昼間は長時間駆動バッテリで作業し、夜間に充電することだけでも、大きく家庭内の節電に取り組むことができます。

もちろん、ご家庭内でコンセントのない場所で自由にノートPCを使っていただくことができ、便利であることは言うまでもありません。

※ HP Pavilion dm1-4116AU パフォーマンスSSDモデルに搭載。

美しさ & 強さへのこだわり

  HP Imprint (エイチピー・インプリント)

HPの個人向けノートパソコンでは、その多くの機種にデザイナーが開発した美しいデザインや色味を忠実に再現しながら、かつ光沢感のある美しい外観を仕上げる(印刷する)「HP Imprint」と呼ばれる特殊加工技術が使われています

HPの個人向けノートパソコンでは、その多くの機種に「HP Imprint」と呼ばれる特殊加工技術が使われています。
「HP Imprint」は、デザイナーが開発した美しいデザインや色味を忠実に再現しながら、かつ光沢感のある美しい外観を仕上げる(印刷する)。

また、同時に傷に強く、光沢感あるデザインがあせないといった大きな特長を持っています。そして、この技術を可能としているのが、京都にある創業82年の歴史を持つ、日本写真印刷の開発による「NISSHA IMD(In-mold Decoration)」という素材加工の技術です。

この技術は、日本だけのモデルに限らず世界共通で採用されています。本社のデザインチームが、斬新なデザインパターンを妥協なしに仕上げることと、製品の実用性にこだわる中で、世界中の様々な加工技術を吟味した結果、選ばれた誇らしき日本の技術なのです。HPは、HPオリジナルのデザインにこの「NISSHA IMD」を組み合わせた製品デザインの技術を「HP Imprint」と呼んでいます。

Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。