Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  > ノートブック  > パーソナル

HP TouchSmart tx2 Notebook PC

タッチ & ツイスト

 

個人向けノートパソコン

17.3インチワイド
ENVY dv7-7200
dv7-7000
15.6インチワイド
Ultrabook™
ENVY Ultrabook 6-1100
ENVY dv6-7200
dv6-7000
g6-2200
14.0インチワイド
Ultrabook™
ENVY TouchSmart Ultrabook4-1100
ENVY Ultrabook 4-1100
Ultrabook 14-b000(インテル®モデル)
Sleekbook 14-b000(AMDモデル)
13.3インチワイド
Ultrabook™
SpectreXT 13-2100
ENVY SPECTRE XT 13-2000
11.6インチワイド
ENVY x2
dm1-4300(AMDモデル)
 

製品情報

サウンド
HPのWindows 8を楽しむ
その他取扱い製品
詳細スペック
製品カタログ
 

ご購入・お問い合わせ

問い合わせ
オンラインストア
取扱い店舗を探す
あんしんのサポート
 

関連情報

リカバリメディアキット
フィルタリングへの対応
有寿命部品および消耗品について
製品リサイクル
HP Directplus Station オープン HP製品を体感してください
コンテンツに進む
HP Pavilion Notebook PC tx2
トップ
製品特長
ソフトウェア
フォトギャラリー
360°ビュー
スペック
モデル一覧 (価格情報)
オプション
カタログ (PDF)
 タッチ & ツイスト  洗練されたデザイン  高度な基本性能  エンターテインメント機能

直感的な操作が可能なタッチ&ツイスト・ノートPC

ペンでも指でも、直感的に操作できるディスプレイを搭載。画面の向きをツイストしたり、ボタンひとつで表示を縦/横に切り換えたりと、さまざまなシーンでご活用いただけます。 ペンや指で自由にタッチ操作できるクリアなディスプレイ
ペンでも指でも入力可能なディスプレイ
専用の電子ペン (デジタイザー) を近づけた際に、ペン以外のタッチ操作がオフになる最新テクノロジーをディスプレイに採用。
指でもペンでも設定を変えることなく、自在に入力が可能です。その優れたアルゴリズムにより、手のひらをつけてのペンでの文字入力もコンピューターが識別、誤操作もなくスムーズにおこなえます。
ペンでも指でも快適操作
電子ペンで多様な描写も自由自在
画数の多い文字や、イラストなどの細かい描写をする際には、専用電子ペンでの入力が威力を発揮いたします。PCに登録されていない文字や記号のメモがとれるのも、タッチスタイルのPCならでは機能です。
心地良いマルチタッチで、デジタルライフを満喫
キーボードやペン入力だけでなく、フリック、ローテイト、ピンチなど、直感的な指先の操作も可能。通常のパソコンと同じようにクリックやドラッグすることはもちろん、画面を指先でスクロールさせての閲覧も快適におこなえます。
また、タッチパネル上に2本の指で「M」を描くと、マルチエンターテインメントソフト“HP MediaSmart”が起動。ユニークな操作で手軽に動画、音楽などのコンテンツを満喫できます。

 HP MediaSmartの詳細はこちら
フリック ローテイト ズーム / ピンチ
Internet Explorer® などの進む・戻るや上下のスクロールが、指先で画面をはじくような操作で快適に楽しめます。 片方の指を支点に、もう一方の指を回し (ピポッド)、画像を回転できます。 画像の拡大・縮小をマルチタッチでおこなえます。

フリック ローテイト ピンチ
フリック ローテイト ズーム / ピンチ
Internet Explorer® などの進む・戻るや上下のスクロールが、指先で画面をはじくような操作で快適に楽しめます。 片方の指を支点に、もう一方の指を回し(ピポッド)、画像を回転できます。 画像の拡大・縮小をマルチタッチでおこなえます。

マルチタッチ対応表

対応モデル アプリケーション フリック(縦) フリック(横) ローテイト ズーム / ピンチ
全モデル Internet Explorer® 7.x スクロール上・下 戻る・進む ×
全モデル フォトギャラリー(Windows) スクロール上・下 戻る・進む
全モデル Adobe® Reader® スクロール上・下 戻る・進む
全モデル Windows Journal × × × ×
全モデル Windows Media Player™ スクロール上・下 戻る・進む × ×
全モデル ペイント(Windows) × × × ×
オフィスモデルのみ Outlook® 2007 スクロール上・下 戻る・進む ×
オフィスモデルのみ Excel® 2007 スクロール上・下 × ×
オフィスモデルのみ PowerPoint® 2007 スクロール上・下 × ×
オフィスモデルのみ Word® 2007 スクロール上・下 × ×
快適な操作を実現する“HP デュアルモード・テクノロジー”
ペンでも指でも操作できるタッチパネルは、“HP デュアルモード・テクノロジー”の搭載により、高速応答と安定した操作性、高速カーソル移動、超低筆圧タッチを実現。さまざまな直感的な操作を快適におこなえます。

HPデュアルモード・テクノロジーは、N-trig社との協力により実現しました。
 N-trig社についての詳細はこちら 日本HP外のウェブサイトへ
クリアで美しいディスプレイ
液晶ディスプレイには※、省電力・長寿命なLEDバックライトを搭載。従来モデルと比較して、輝度が約14.5%向上しました。
さらに静電式タッチパネルの採用で、クリアで繊細な描画性能を実現。DVDムービーや写真などのコンテンツを鑑賞する際に、よりリアルで美しい映像をお楽しみいただけます。

※タッチPC用に最適化された、従来より光沢を抑えたグレアタイプ
LEDバックライトを採用した12.1インチワイドTFT WXGA (1,280 x 800ドット) デュアルモード・テクノロジ採用カラー液晶ディスプレイを搭載

静電式タッチパネルについて
従来のタッチ操作が可能なPCでは、タッチパネルに感圧方式が採用されていたため、表面に圧力を感知する層や保護層が必要でした。
tx2で採り入れた静電方式ではその層が不要となり、クリアな映像を表現することが可能となりました。
ディスプレイの向きを自在にツイスト
画面の向きを180度ツイストすることができるので、向き合う相手にディスプレイを回転させて見せることができます。また、画面を表にして閉じ、タブレットPCとしても使えます。

さらに、ボタンひとつで画面表示を縦/横に自在に切り替えることができます。通常の横長表示だけでなく、縦長表示も可能なので、表計算ソフトでは横長の表示、文書作成などでは縦長の表示など自由な使い方が可能です。
これらツイスト機能や画面表示切り替え機能により、さまざまなシーンでご利用いただけます。
PCスタイル ディスプレイ反転 タブレットスタイル
PCスタイル ディスプレイ反転 タブレットスタイル
縦置きでのタッチ操作を実現する専用スタンド※
専用のHP tx Series Notebook Standを用いることで、縦置きでのタッチ操作が可能となり、デスクトップ上のスペース効率がアップいたします。さらに傾斜を3段階調節できるので、より快適なポジションでの操作も実現いたしました。ブラックとシルバーを基調とした落ち着いたデザインのため、リビング、書斎などさまざまなシーンでご活用いただけます。 HP tx Series Notebook StandHP tx Series Notebook Stand

 ※オプション
製品の信頼と品質を裏づける、世界No.1※の実績
快適なデジタルライフを実現するための精緻なデザインと、最新のスペックを凝縮したPCをお求めやすい価格で提供できるのはHPならでは。
世界で一番選ばれているという実績は、そのまま信頼と品質の高さの証といえます。世界PCシェアNo.1※のスケールメリットからなる部材調達力により、コストパフォーマンスに優れた美しいデザインのPCを実現しました。
※  2006年10月〜2012年12月の出荷台数 IDC, Worldwide Quarterly PC Tracker, Q4 2012
世界PCシェア No.1
このページのトップへ

Windowsのエディション、またはバージョンによっては、ご利用いただけない機能もあります。 Windowsの機能を最大限に活用するには、ハードウェア、ドライバー、およびソフトウェアのアップグレードや別途購入、またはBIOSのアップデートが必要となる場合があります。 Windows 10は自動的にアップデートされ、常に有効化されます。 ISPの料金が適用され、今後アップデートの際に要件が追加される場合もあります。 詳細については、 http://www.microsoft.com/ja-jp/ をご覧ください。
PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡