Jump to content
日本-日本語

法人のお客様向け HP rPOS

 お問い合わせ
 製品 & サービス 
サポート & ドライバー
   創る・楽しむ   
 

HP ap5000 All-in-One POS System スペック

 
HPがお勧めするWindows。
Content starts here
HP ap5000 All-in-One POS System

 モデル

  プロセッサー
Celeron® 440 Core™2 Duo E7400
OS POSReady 2009     BM851AW#ABJ (メモリ2GB、160GB HDD)  BM918AW#ABJ (メモリ3GB、64GB SSD)
Windows® 7  BM915AW#ABJ (メモリ2GB、160GB HDD)  BM922AW#ABJ (メモリ3GB、64GB SSD)

 HP ap5000 All in One Celeron,POS Ready(BM851AW#ABJ)

プロセッサー インテル® Celeron® 440 (2.0 GHz, 512K L2 Cache, 800 MHz FSB)
OS
(プリインストール)
Windows® Embedded POSReady 2009
グラフィックス Integrated インテル® Graphics Media Accelerator 3000
ディスプレイ 15インチ 5線式抵抗タッチスクリーン付きTFTディスプレイ、解像度 1,024×768、スタイラス、
指先、爪先、クレジットカード端でのタッチ使用可能。完全な垂直から完全な水平まで90°回転します。
メモリ デュアルチャネル : DDR2 最大4GB DIMMS、2スロットサポート667/800 MHz、標準1×2GB
NIC Realtek RTL8111C Ethernet Connection、10/100/1000、WOL (Wake on LAN) support
キーボード キーボード、マウスは含まれません。PS/2 または USBキーボード、マウスがサポートされます。
磁気ストライプリーダー (MSR) Integrated MSR、ANSI/ISO 7810,7811 1/5,7812,7813適合、OPOS および JPOSドライバレイヤサポート、
3トラック : IATA,ABA,THRIFT、両方向読み取り、LED indicates status of reader
カスタマー向け表示用
真空蛍光ディスプレイ
(VFD)
2行×20文字ディスプレイ (トータル40文字)、RS232インターフェイス、DC5V (工場出荷時COM 2 ポート5V 設定)、
コンプレックス文字、コントロールコマンド、ユーザ定義フォント、インターナショナルフォントをサポート。
JIS X 0208 (Shift JIS)対応。ディスプレイ角度80°回転。高さ調整は出来ません。
広告パネル 透明カバーを備えたパネルは、印刷広告を挿入して掲示可能。テンプレートはHPから提供。
ストレージ ハードドライブ : 2×2.5" 内蔵ハードドライブベイ、1×160 GB 2.5"
オプティカルドライブは外部USB接続のみ (本製品には含まれません)
インターフェイス 5×USB 2.0 (4モニター底面、1側面)、1×RJ-45、RS232ポート : Com1 & 2 (5 V BIOS設定可)、Com 3 (12V BIOS設定可)、1×24V Powered USB、1×PS/2キーボードまたはマウス用、1×パラレル、1×Powered VGA、オーディオ出力、マイク入力
オーディオ/ビジュアル Intel integrated high-definition audio with 2-channel Via VT1708S codec
セキュリティ Kensington Lock サポート
使用環境 温度 10-40℃ (動作時)、湿度 20-85% (動作時)
電源 130W ACパワーアダプター、ENERGY STAR 5.0、動作電圧 90−260 VAC、動作周波数 47−63 Hz
マネージメント機能 Advanced Configuration and Power Management Interface (ACPI)
サイズ
(W×D×H)
40.1×23.7×31.5 cm (底面 W25.0×D23.7 cm)※1
質量 11.05kg
保証期間 標準保証 3年保証 (3年間翌営業日オンサイト対応、3年間パーツ保証)
※1 ap5000 All-in-Oneの詳細なサイズは、こちら を参照してください。
Windowsの全てのエディションとバージョンで全ての機能を利用できるわけではありません。 全てのWindows機能を利用するには、アップグレードされた、または個別に購入されたハードウェア、ドライバまたはソフトウェアが必要です。 http://www.microsoft.com をご覧ください。

Windows 8 PCから更新/アップグレードする場合、全てのWindows機能を利用できるわけではありません。システムには追加のハードウェア、ドライバ、ソフトウェア、ファームウェア、BIOSアップデートが必要です。 バージョン間のアップグレード、たとえばPro以外からProおよびMedia Centerへのアップグレードには追加料金がかかります。 アップデートの詳細はwww.windows.com/everywhere でご確認ください。

一部のアプリは個別に販売されます。 市場によって異なります。 一部の機能にはWindows 8.1 Updateが必要です。 Windows 8デバイスの場合、アップデートはWindows Storeから入手できます。 Windows 8.1デバイスの場合、アップデートはWindows Updateから入手できます。 インターネットアクセスが必要です。 費用がかかります。 一部のデバイスでは電源ボタンを使用できますが、表示されているデバイスでは使用できません。

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe® Reader®が必要です。
アドビシステムズ社のウェブサイトより、ダウンロード(無料)の上ご覧ください。