Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  プリンタ  >  大判プリンタ

大判プリンタ
よくある質問(500)

大判プリンターTOP

Designjetプリンター
Latexプリンター
旧製品情報
キャンペーン
用紙のご案内
カートリッジの回収
導入事例
デジタルファインアート
広告・動画ギャラリー
HP Designjetプリンターで節電
HP Latex 販売店一覧
カスタマーサポート
カタログ & サンプル
プリンターデモルーム
各種お問い合わせ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む

Designjet 500

designjet 500

Windows XP には対応していますか?

下記の表のバージョン以降にて対応しております。

製品名

ドライバ/RIP

対応方法

詳細

HP Designjet 500 HP-GL/2ラスタ HPソフトウェア DownLoad

その他の製品Q&A

Designjet 800
Designjet 800ps
Designjet 1050c/1050c plus
Designjet 1055cm/1055cm plus
Designjet 5500
Designjet 5500ps

500シリーズではモノクロのみでの使用は可能でしょうか?

可能です。但しモノクロ印刷しかされない場合でも、カラーインクもセットして頂かないと動作いたしませんし、インク詰まり防止の為に定期的にカラーのテスト印刷をして頂く必要があります

インクは染料インクですか?顔料インクですか?

黒インクは顔料インク、それ以外のカラーインクは染料インクです。

Designjet500のカタログ/Web等で、「LT2000からの出力にはWindowsドライバをお使いください」とありますがADIドライバを使用する場合より印刷結果は悪くなるのでしょうか?

LT2000に対応するADIドライバの機能をWinドライバに含んでおりますので、悪くなることはありません。

HP-GL/2カードはどんな時に必要ですか?また、装備している場合と装備していない場合では機能面でどう違うのですか?

メモリの増設時やWindows以外の環境でのご使用、他社製HP-GL/2ドライバのご使用の場合に必要です。また、アプリケーション独自のドライバをご使用される場合も必要です。(この場合、標準添付のWindowsドライバ使用時よりも、アプリケーションの持つ機能を最大限に発揮できる場合がございます。 詳細はアプリケーションメーカー様にお問い合わせ下さい。)それ以外には、ネットワーク通信の負荷が高い環境での負荷の軽減や、プロッタ側で処理をさせて、PCの負荷を軽減することも出来ますので、HP-GL/2カード増設をお勧めします。

インクカートリッジ1個で何枚位印刷できるのか。

A1のCAD図面を高速モードで普通紙に出力すると約985枚印刷できます。

印刷スピードは?

他社との速度比較に使用したサンプル画像A1カラー線画図面を最速約90秒(高速モード)でプリント。同等画質の線画はカラーで3倍(当社従来機※1比)、モノクロで2倍(当社従来機※2比)、カラーイメージでもA1が3分という、他を圧倒する超高速プリントを 実現しました。右図のサンプル(A1サイズ)を使用した他社とのプリント速度比較では、Designjet 500(モード:高速) で1分37秒、他社大判プリンタ(モード:高速) で2分36秒というデータがでております。
※1:Designjet 450c(モード:高品質)とDesignjet 500(モード:標準)の比較 ※2:Designjet 430(モード:高品質)とDesignjet 500(モード:標準)の比較

ランニングコストは?

お求めやすい低価格、69mlの大容量インクと長寿命のインクヘッドによるランニングコスト、 また標準装備のロールフィード(1067mm(B0)モデルはスタンドも標準装備)など、Designjet 500/ 500psはコストパフォーマンスを徹底追及しました。
使用サンプル
A1サイズ グラフィックデータプリントコスト
用紙代 インク&プリントヘッド代 合計
コート紙
(最高速度モード)
94円 74円 168円
(日本規格協会 SCID N5,Adobe Illustrator8.0Jから出力、20MB)
使用サンプル
A1サイズ CAD図面プリントコスト
用紙代 インク&プリントヘッド代 合計
普通紙
(最高速度モード)
53円 11円 64円

JWCADからの出力は可能ですか?

Windows版なら添付のWindowsドライバから出力可能。DOS版ならHP-GL/2カードを装着して、ソフトをダウンロードされたサイトからHP-GL/2相当のドライバをダウンロードすれば可能です。

図面を印刷する場合、Designjet430とDesignjet500で極細線等の印刷結果が良いのはどちらでしょうか?

500の方が解像度が高い為、430よりもきれいに印刷できます。
※ Designjet500 最高解像度:1200×600dpi(モノクロ・カラー)
※ Designjet430 最高解像度: 600×600dpi(モノクロ)/ 300×300dpi(カラーアップグレード時)

Designjet430にカラーオプションを付けたものと、Designjet500では、印刷結果が良いのはどちらでしょうか?

500の方が解像度が高い為、430よりもきれいに印刷できます。
※ Designjet500 最高解像度:1200×600dpi(モノクロ・カラー)
※ Designjet430 最高解像度: 600×600dpi(モノクロ)/ 300×300dpi(カラーアップグレード時)

Designjet430やDesignjet500にWordやExcel等のアプリケーションから印刷できますか?

印刷できます。

500と800の違いがよくわかりません

標準の制御言語(HPGL/2・RTL対応であるか否か)、データをため込む機能(キューイング機能)の有無、標準でのネットワーク対応、出力スピード、イメージデータ(写真等)出力時の解像度といった点が主に違います。

800psと500psの色は何故違うの?

RIPエンジンの違いにより機種間の色の違いは多少出てきます。もちろんそれぞれの機種のICCプロファイルを適用させて出力することにより、500psと 800psの色合いを近くすることは可能ですが、原則的に完全には一致しません。

Macから出力をしたい

500の場合はオプションのHPGL/2カードが必要になります。また、500はMacでご使用できるドライバをご用意しておりません。お手数ですが、ご使用されるアプリケーションのメーカー様がご用意されているドライバの有無、Designjet500に対応可能か否かなどの詳細をアプリケーションメーカー様にお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。
A&A社のMacPlotPlusのページへ

ロールフィードユニット、スタンドは標準でついていますか?

B0モデルにはスタンドは標準でついておりますが、A1モデルにはスタンドはついておりません。必要な場合はオプションでご購入頂くようになります。ロール紙については標準で対応しておりますので、ロールフィードユニットのようなオプション品はございません。

スタンド無しでも使えますか?

A1モデルは本体下にゴム足が付いておりますので問題なくお使い頂けます。B0モデルはスタンドを取り外して使うことはできません。

メモリ増設について

メモリ増設にはオプションのHPGL/2カードが必要です。HPGL/2カード上の空スロットに増設用64MB/128MBのメモリのいずれかを増設します。

メモリの増設は、どのようなときに必要ですか?

画像や、要素数の多い図面、長尺印刷をされる場合は増設されたほうが、より快適な速度でプリンタをご使用になれますので、メモリの増設をご推奨いたします。

ロール紙を取り付けたままカット紙のセットは可能ですか?

ロール紙が印字面にセットされた状態のままですと、カット紙はセットできません。ロール紙を巻き取ってから、カット紙をセットして頂くようになります。

ネットワークでの使用は可能ですか?

オプションのネットワークカードJetDirect610nまたは600nのどちらかを取り付けていただければ大丈夫です。また、500の場合ネットワークの負荷を減らす為HPGL/2カードも併用して下さい。

DOS版のアプリケーションは使用できますか?

500の場合はオプションのHPGL/2カードが必要になります。また、500はDOS版アプリケーションでご使用できるドライバをご用意しておりません。お手数ですが、ご使用されるアプリケーションのメーカー様がご用意されているドライバの有無、Designjet500に対応可能か否かなどの詳細をアプリケーションメーカー様にお問い合わせ下さいますようお願い申し上げます。

染料インク、顔料インクは両方使用できますか?

500に対応するカラーインクは染料系のみ、黒インクは顔料系のみですので、5000シリーズの様に各色染料・顔料切り替えて使用するということはできません。

純正紙でインクジェット普通紙より薄い用紙はありますか?

インクジェット普通紙より薄い用紙では、半透明ボンド紙、ベラム紙(綿ベース)がございます。
半透明ボンド紙のご紹介
ベラム紙(綿ベース)のご紹介

連続出力は可能ですか?

500は本体にデータをため込む機能がございませんので、複数データの連続出力はできません。同一データのみ可能です。 ただし、 Windowsのスプール機能による連続出力は可能です。(1枚目の印刷が終了した段階で、次の印刷が自動で開始されます。)

500/500psの違いは?

500psには、Illustrator、PhotoshopといったDTPで一般的に使用されているAdobe社のアプリケーションでの出力に対応するポストスクリプトドライバ(以下PSドライバ)が標準で付いております。 500にはPSドライバがございません。また、500psには、PSドライバで処理されたデータを画像として出力する為の機能(RIP)を持つソフトウェアがついております。

インクカートリッジとプリントヘッドの違いは?

インクカートリッジはインクタンクの部分です。プリントヘッドはインクカートリッジから送られてくるインクを紙に噴射していく部分です。

Designjet500のオプションのプリントヘッドとは、どのようなもので、どんなときに交換が必要なのでしょか?

インクを吹き出す部分です。インクを吹き出す部分が摩耗したり、何らかのトラブルが起きた場合、プロッタのフロントパネルで交換を促すメッセージが表示されます。

黒メインで使いたいのですが、カラーインクがなくなってしまった状態のまま使用可能ですか?

インクが一色でもなくなったら、そのインクカートリッジを交換して頂かないと出力ができません。

HP-GL言語に対応していますか?HP-GL/2カードを付ければ出力できますか?

500はHP-GLには対応しておりません。カードを入れても出力できません。

従来の400シリーズと比べてどれくらい速いですか?

線画はカラーで約三倍、モノクロで約二倍速くなります。

他機種のスタンドを流用できますか?

できません。各機種専用のスタンドを使用して下さい。

スピンドルとは何のことですか?

ロール紙を取りつける際の芯棒になるものです。ロールフィードユニットには一本標準で付いております。

オプションの用紙スタッカとはどのようなものですか?

カットされた用紙を受ける部分で、スタンドに取り付けます。

A2サイズ幅の純正ロール紙はありますか?

インクジェット普通紙、コート紙、モノクロ&カラートレーシングペーパには A2サイズのロール紙製品がございます。
A2サイズ幅、純正ロール紙のご紹介

スピンドルは各用紙サイズに合わせて使うものですか?

プロッタ本体のサイズに合わせてご使用頂きます。用紙を固定するための付属キャップは移動可能ですので、各用紙サイズに対応できます。

他社製メモリは使用可能ですか?

仕様があえばご使用は可能かと思われますが、純正品以外のメモリを追加した場合は動作保障対象外となります。又、メモリが原因による故障も修理保障対象外となります。
ご使用済みカートリッジの回収について
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡