Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  プリンタ  >  大判プリンタ

大判プリンタ
よくある質問(800)

大判プリンターTOP

Designjetプリンター
Latexプリンター
旧製品情報
キャンペーン
用紙のご案内
カートリッジの回収
導入事例
デジタルファインアート
広告・動画ギャラリー
HP Designjetプリンターで節電
HP Latex 販売店一覧
カスタマーサポート
カタログ & サンプル
プリンターデモルーム
各種お問い合わせ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む

Designjet 800

Designjet 800 HP Designjet 800

Windows XP には対応していますか?

下記の表のバージョン以降にて対応しております。

製品名

ドライバ/RIP

対応方法

詳細

HP Designjet 800 HP-GL/2ラスタ HPソフトウェア DownLoad

その他の製品Q&A

Designjet 800
Designjet 800ps
Designjet 1050c/1050c plus
Designjet 1055cm/1055cm plus
Designjet 5500
Designjet 5500ps

800シリーズではモノクロのみでの使用は可能でしょうか?

可能です。但しモノクロ印刷しかされない場合でも、カラーインクもセットして頂かないと動作いたしませんし、インク詰まり防止の為に定期的にカラーのテスト印刷をして頂く必要があります

インクは染料インクですか?顔料インクですか?

黒インクは顔料インク、それ以外のカラーインクは染料インクです。

Designjet430にカラーオプションを付けたものと、Designjet800では、印刷結果が良いのはどちらでしょうか?

800の方が解像度が高い為、430よりもきれいに印刷できます。
※Designjet800 最高解像度:2400×600dpi(モノクロ・カラー)
※Designjet430 最高解像度: 600×600dpi(モノクロ)/ 300×300dpi(カラーアップグレード時)

インクカートリッジ1個で何枚位印刷できるのか。

A1のCAD図面を高速モードで普通紙に出力すると約985枚印刷できます。

印刷スピードは?

A1カラー線画図面を最速約70秒(高速モード)でプリント。同等画質の線画はカラーで3倍(当社従来機※1比) 、モノクロで2倍(当社従来機※2比)、カラーイメージでもA1が3分という、他を圧倒する 超高速プリントを実現しました。
※1:Designjet 750c(モード:高品質)とDesignjet 800(モード:標準)の比較
※2:Designjet 700(モード:高品質)とDesignjet 800(モード:標準)の比較
使用サンプル
他社とのプリント速度比較図(A1サイズ)
光沢紙グラフィックス
(他社に比べて1.5倍高速)
Designjet 800
(モード:高品質)
他社大判プリンタ
(モード:フォトきれい)
16分14秒 25分20秒
使用サンプル
普通紙カラー線画 Designjet 800
(モード:高速)
Designjet 750c
(モード:高速)
69秒 4分8秒
プリント時間にデータ転送時間は含みません。

ランニングコストは?

お求めやすい低価格、69mlの大容量インクと長寿命のインクヘッドによるランニングコスト、 また標準装備のロールフィード(1067mm(B0)モデルはスタンドも標準装備)など、Designjet 800/ 800psはコストパフォーマンスを徹底追及しました。
使用サンプル
A1サイズ グラフィックデータプリントコスト
用紙代 インク&プリントヘッド代 合計
コート紙
(最高速度モード)
94円 74円 168円
(日本規格協会 SCID N5,Adobe Illustrator8.0Jから出力、20MB)
使用サンプル
A1サイズ CAD図面プリントコスト
用紙代 インク&プリントヘッド代 合計
普通紙
(最高速度モード)
53円 11円 64円

MACから出力したいのですが?

800psは付属のPostScriptドライバをお使いください。
800の場合にはMac用ラスタドライバ(OSX用)をお使いください。OSX以前のバージョンの場合は弊社ではご用意しておりませんので、他社製ドライバを別途ご用意いただきますようお願いします。(A&A社 MacPlot+など)

今使っているCADソフトで出力は可能ですか?

基本的にWindows上で動くアプリケーションであれば、Windowsドライバからの出力で印字できると思われますが、念の為ソフトベンダー様にご確認下さい。 ただし独自ドライバをもっているソフトで、HP-GLを使用してデータを出力される場合は出力不具合が起こる場合がございます。もし出力不具合が起きなくても、800/500はHP-GL/2からの言語サポートになりますのでHP-GL出力による不具合はサポート外になります。

メモリ増設について

標準メモリの内訳は内蔵32MB、スロット64MB、合計96MBとなっておりますので、増設の際は標準でついている64MBのメモリと増設用の128MBのメモリを付け替えて頂きます。

500シリーズとのとの違いは?

HP-GL/2のサポート(カードの有無)、LANカードの有無、HDDの有無、メモリ搭載量の違い、イメージデータの最高解像度の違い、PSモデルは内蔵ハードRIP とソフトRIPの違いなどが挙げられます。

800・800psの違いは?

800psには、Illustrator、PhotoshopといったDTPで一般的に使用されているAdobe社のアプリケーションでの出力に対応するポストスクリプトドライバ(以下PSドライバ)が標準で付いております。800にはPSドライバがございません。また、800ps本体には、PSドライバで処理されたデータを画像として出力する為の機能を持つ装置(RIP)が内蔵されております。

HDDが搭載されている事により、どのような利点があるのですか?

さかのぼってデータが再出力できます(キューイング機能)。また、複数部データを並べて出力することにより用紙を節約する事ができます(ネスティング機能)。

キューイング機能とは何ですか?

複数のデータを溜め込む機能のことです。複数データの連続出力が可能です。

ネスティング機能とは何ですか?

紙の無駄がないようにデータを並べ替える機能のことです。

純正紙でインクジェット普通紙より薄い用紙はありますか?

インクジェット普通紙より薄い用紙では、半透明ボンド紙、ベラム紙(綿ベース)がございます。
半透明ボンド紙のご紹介
ベラム紙(綿ベース)のご紹介

他機種のスタンドを流用できますか?

ご使用できません。各機種専用のスタンドを使用して下さい。

スピンドルとは何のことですか?

ロール紙を取り付ける際の芯棒になるものです。ロールフィードユニットには一本標準で付いております。

A2サイズ幅の純正ロール紙はありますか?

インクジェット普通紙、コート紙、モノクロ&カラートレーシングペーパには A2サイズのロール紙製品がございます。
A2サイズ幅、純正ロール紙のご紹介

スピンドルは各用紙サイズに合わせて使うものですか?

プロッタ本体のサイズに合わせてご使用頂きます。用紙を固定するための付属キャップは移動可能ですので、各用紙サイズに対応できます。

他社製メモリは使用可能ですか?

仕様があえばご使用は可能かと思われますが、純正品以外のメモリを追加した場合は動作保障対象外となります。又、メモリが原因による故障も修理保障対象外となります。
ご使用済みカートリッジの回収について
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡