Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ
HP Designjetプリンターサイト内

製品&サービス  >  プリンタ  >  HP Designjet

HP Designjet 活用事例
共同カイテック 株式会社

大判プリンターTOP

Designjetプリンター
Latexプリンター
旧製品情報
キャンペーン
用紙のご案内
カートリッジの回収
導入事例
デジタルファインアート
広告・動画ギャラリー
HP Designjetプリンターで節電
HP Latex 販売店一覧
カスタマーサポート
カタログ & サンプル
プリンターデモルーム
各種お問い合わせ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
選択ページへ

会社概要

共同カイテック 株式会社
 1950年11月に共同電気株式会社を設立。空気絶縁型バスダクトの製造を開始する。1987年にフロアシステム事業部開設。 コンピューターネットワークに対応したOAフロアシステムの製造に着手する。1997年には環境部を開設し、屋上緑化事業を開始。 オリジナリティーをキーワードに地球との共生を開発の原点とした製品づくりをめざしている。
  • バスダクト(電気幹線システム)の製造・設計・販売
  • ネットワークフロアシステムの設計・製造・販売
  • 屋上緑化用ユニット式天然芝・かん水システム・花壇造園用部材の設計・製造・販売
  • 共同カイテック 株式会社 共同カイテック 株式会社
    共同カイテック 株式会社 共同カイテック 株式会社
    共同カイテック 株式会社,新井さん 共同カイテック 株式会社,新井さん
    共同カイテック 株式会社,新井さん 共同カイテック 株式会社,新井さん
    電気配線図の設計図面に活用
    バスダクトとは電気容量の多い施設(自動車工場など大規模工場、大型オフィスビル、集合住宅等)の電力幹線として開発されました。 アルミや銅板でできた電線路で、電磁波の発生がほとんどなく、防災性にすぐれ、リサイクル可能な幹線です。 またバスダクトシステムは電力の取り出し口を自由に選べること、集中幹線方式なので負荷の片寄りにも対応できることが特長です。 HP Designjet 430はそのバスダクトシステムの電気配線図を出力するために使用しています。
    他社プリンタとの比較検討の結果
    大判プリンタはCADを使い始めたときに一緒に導入しました。CADで入力した図面を施工業者へ納品するための大判出力機です。当初は他社のプリンタを使用していましたが、 スピードが遅く、用紙の差込みが不便でした。そこでA1サイズプリンタを各社比較検討した結果、丈夫で長持ちすることやコスト面からHP Designjet 430を選択しました。 私たちの作成する電気配線図は、機械製図のように精密な図面を必要としていませんので、画質精度はあまり気にしないで購入しましたが、曲線がきれいに出ますし、 フォントもはっきり印字されるようになりました。
    曲線、フォントもくっきり、きれい 曲線、フォントもくっきり、きれい
    曲線、フォントもくっきり、きれい 曲線、フォントもくっきり、きれい
    HP Designjet 430の印象はとにかく頑丈 HP Designjet 430の印象はとにかく頑丈
    HP Designjet 430の印象はとにかく頑丈 HP Designjet 430の印象はとにかく頑丈
    とても頑丈だという印象
    HP Designjet 430の印象はとにかく頑丈だということです。私たちの部署ではCAD出力の使用頻度が非常に高く、多いときは1日でA1サイズを50〜80枚ほど出力します。 現在使用しているdesignjet 430は2台目になります。前機は部品が磨耗し寿命がきたため、今年5月に買い換えたのです。それほどプリンタを酷使しますので丈夫であることがなにより重要ですね。 またHP Designjet 430は寿命がくるまで故障らしい故障がなかったというのも、毎日の作業の中では大切な要素です。またロール紙のオプションにしたので用紙の取り付けも面倒ではありませんし、 出力スピードの面でも満足しています。
    システム構成 システム構成
    システム構成 システム構成
    カラーアップグレードも検討中
    HP Designjet 430はオプションでカラーアップグレードが可能なので、将来的にはカラー出力も考えています。AutoCADに付属する3Dソフトを導入したばかりで、まだ青写真の段階ではありますが、 3Dパースなどを表現できればプレゼンテ−ション用の資料として使えるのではないかと思っています。これからはプレゼンテ−ション的に、ビジュアル要素を加えて一目でわかるような図面のニーズが多くなってくるのではないでしょうか。
    designjet430の詳細 designjet430の詳細
    designjet430の詳細 designjet430の詳細
      本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡