Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  プリンタ  >  HP Designjet

HP Designjet 活用事例
織作 峰子

大判プリンターTOP

Designjetプリンター
Latexプリンター
旧製品情報
キャンペーン
サプライ & オプション
HP純正用紙
サードパーティ製品(用紙)
カートリッジの回収
導入事例
HP テクノロジー
デジタルファインアート
広告・動画ギャラリー
HP Designjetプリンターで節電
HP Latex 販売店一覧
サービス & サポート
カタログ & サンプル
プリンターデモルーム
各種お問い合わせ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
選択ページへ

会社概要

織作 峰子
 写真家。1981年度ミスユニバース日本代表。1982年より、写真家・大竹省二氏に師事。1983年から2年間「FOCUS」誌でユーディ・メニューイン、コラ・ボゲール等、世界のアーティストを撮影。 1998年から松竹株式会社の女優カレンダーの撮影を担当するなど、現在にいたるまで雑誌、広告などで活躍し、写真展も全国で多数開催している。また、『新日曜美術館』(NHK)、『キーパーソンズ』(NHK衛生第一)のキャスターなどテレビ、CFにも多数出演。 写真集に『IMPRESSIVE PHOTOGRAPH』(広美出版事業部)ほか。 
織作 峰子さん 織作 峰子さん
織作 峰子さん 織作 峰子さん
印刷を想定した写真出力
 カメラで撮影した写真は印画紙へ引き伸ばすというのが写真本来の姿ですが、写真集やカレンダーにする場合そこに印刷工程が入りますから、実際の写真と色味、風合いが違ってきます。 HP Designjet 20psはCYMKに加えてライトシアン、ライトマゼンタを加えた6色インクを使い、印刷工程にほぼ近いかたちで出力されます。多くの方に私の作品を見ていただくことを考えると、 印刷された作品の色合いをあらかじめシュミレーションしておくことは大切なことだと思っています。
印画紙に近い色再現性
 HP Designjet 20psは人に薦められて導入しましたが、これまでのインクジェットプリンタという概念をはるかに超えた高写真画質には驚きました。 フィルムスキャナなどで読み込んだ写真をA3サイズに引き伸ばして出力しますが、粒状感が全くなく、微妙な色合いまで忠実に再現してくれます。実際の印刷に近い出来栄えだと思います。 オートカラーキャリブレーション機能によって色調整をしっかりと行なえば、安定したプリントアウトが可能ですから、印刷時の色の指示にも使えます。
写真展のレイアウトシュミレーションにも
 私は年に何度か全国にわたって写真展を開催しています。その都度テーマを設けて、半切や四つ切サイズに引き伸ばした写真パネルを展示しています。 テーマに沿った写真をどのようなレイアウトでお見せしていくのか、イメージを広げていくことは写真展を開催するうえでとても重要なことです。 そこでHP Designjet 20psを使って、写真を実際に出力してみて展示レイアウトをシュミレーションしています。写真を大判パネル加工して、いちいち広げていかなくても、 事務所内でレイアウト確認が行えますからとても助かります。
システム構成 システム構成
システム構成 システム構成
写真のデジタル化時代を迎えて
 PCを使って写真をデジタル化していくことは、私たち写真家の表現世界を大きく広げてくれました。Photoshopを使えばさまざまなサイズ、風合いを出すことも簡単にできます。 私は過剰な写真加工は望みませんが、たとえばカラー写真をモノクロに焼きなおすなど、苦労なくシュミレーションが可能です。これまで撮影してきた多くの写真をPC上で閲覧、加工処理できるのです。 HP Designjet 20psはそのデジタル処理された写真をみごとに再現してくれますから、作品を展開する上で大いに役立っています。
designjet20psの詳細 designjet20psの詳細
designjet20psの詳細 designjet20psの詳細
  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡