Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  プリンタ  >  HP Designjet

HP Designjet 活用事例
Museum fur die Archaologie des Eiszeitalters

(ノイウィート-ゼゲンドルフ・ドイツ)

大判プリンターTOP

Designjetプリンター
Latexプリンター
旧製品情報
キャンペーン
用紙のご案内
カートリッジの回収
導入事例
デジタルファインアート
広告・動画ギャラリー
HP Designjetプリンターで節電
HP Latex 販売店一覧
カスタマーサポート
カタログ & サンプル
プリンターデモルーム
各種お問い合わせ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
選択ページへ

 会社概要

 Museum fur die Archaologie des Eiszeitalters 使用テクノロジ
  • 活動分野:公共施設
  • 本社所在地:ノイウィート-ゼゲンドルフ (ドイツ)
  • 創業:1988年
  • 電話番号:+49 (0) 2631 977 215
  • URL: http://home.rhein-zeitung.de
  • 社員数:20人
  • HP Designjet 5500psプリンタ
  • HP Productivity Photo Semi-Gloss (日本未発売)
  • HP UVインク
  • HP Photosmart 7550プリンタ
  • アプリケーション実行用のHPワークステーション
  • サードパーティ製のタッチスクリーン モニタ
  • スペシャリスト向けHP印刷ソフトウェアおよびサービス
「HP Designjet 5500 プリンタとPosterJet RIPで作り出される品質、スピード、およびカラーは、本当に素晴らしいものです。それにHP純正インクと特殊HP大判プリンター向けメディアを組み合わせることによって、素晴らしい結果が生まれます」
Museum fur die Archaologie des Eiszeitalters、学術研究員、Antje Justus博士
年間来館者数が100,000人を超える (そのほとんどが学生) ドイツで唯一の氷河期を専門とするこの博物館は、ノイウィートの美しいSchloss Monreposにあります。公営のMuseum fur die Archaologie des Eiszeitaltersは、マインツにあるRomisch Germanischen Zentralmuseumsの一部門です。この博物館には、同館所属の考古学者や学術研究員によって、考古学的に重要な周辺地域の遺跡からのみならず、アフリカ、イスラエル、ロシアおよび中国の遺跡から発掘された出土品が展示されています。

考古学のPR

「この博物館は1988年に開館しましたので、当時の展示品はその時期までの発掘物に限られていました」と、学術研究員のAntje Justus博士は説明します。「それ以来、発掘を続けてきましたので、すべての新しいデータを加えるために、展示を新しくしてゆく必要がありました。また、この博物館は、本来、科学者によって科学者のために設立されたのですが、現在では、当博物館の素晴らしい発掘物を見に訪れる数千もの来館者のことを考慮に入れる必要があります。考古学者としての私たちは、PRを学ぶ必要がありました。」

劇的なイメージ

この博物館が対応する必要があった最初のステップは、10室ある展示室の1番目の展示室に印象的な導入展示を行うことでした。そこで、2点の巨大な芸術的展示物が製作されました。1つは、地球の年代と生命の進化における人類の進化を描いたもので、もう1つは、この500万年の間に起こった気候の変化を表すものです。

博物館側としては、この芸術的展示物を、小さなプリントを貼り合わせるのではなく、7 x 5mサイズのグラフィックにしたいと考えていました。これを製作するための解決策が、60インチHP Designjet 5500大判プリンタとPosterJet RIP (Raster Image Processing) でした。スタッフは、博物館の顧問であるケルン大学のMario Stiller氏を介して、ケルンのEisfeld DatentechnikのRobert Eisfeld氏を紹介されました。Eisfeld Datentechnikは、大判プリンタ用のソフトウェア開発のスペシャリストであり、HPパートナーです。Eisfeld氏は、そのグラフィックをPosterJet RIPを使用してDesignjet 5500で印刷しました。これにより、スピードと品質の両方が向上し、大判プリントでも簡単に作業できます。不可欠な品質と耐久性を確保するために、HP UVインクと、光沢フォト用紙2、キャンバス、Paper-Backed Fabric Silk Satin (日本未発売) を含む特殊HP大判プリンター向けメディアが使用されました。

最高の品質

「HP Designjet 5500プリンタとPosterJet RIPで作り出される品質とカラーは、本当に素晴らしいものです。それにHP純正インクと特殊HP大判プリンター向けメディアを組み合わせることによって、最高のソリューションが生まれます」と、Justus博士はさらに続けます。「長さ7mのグラフィックにより、来館者は、時代の変遷に対して非常に強い印象を受け、また、細かい部分までよく確認することができます。」Mario Stiller氏は次のように述べています。「博物館側は、この常設展示に対して非常に高い品質と耐久性を必要としていました。UVインクと半光沢紙を使うことにより、Designjetの印刷はまるで絵画のように鮮やかで、PosterJetのおかげで印刷スピードも非常に速くなりました。私たち全員が非常に大きな感銘を受けました。」この博物館は現在、PosterJet RIPを搭載したDesignjet大判プリンタの購入を計画しています。
パートナー
  • 会社名:Eisfeld Datentechnik GmbH & Co. KG
  • 本社所在地:ケルン (ドイツ)
  • 電話番号:+49 (0) 221 53 44 500
  • 社員数:17人
  • URL: www.posterjet.com
  • 業務内容:大判印刷デバイス用のソフトウェア開発
  • 製品:PosterJet RIPおよびプリント ドライバ
  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡