Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  プリンタ  >  HP Designjet

HP Designjet 活用事例
創形美術学校

大判プリンターTOP

Designjetプリンター
Latexプリンター
旧製品情報
キャンペーン
用紙のご案内
カートリッジの回収
導入事例
デジタルファインアート
広告・動画ギャラリー
HP Designjetプリンターで節電
HP Latex 販売店一覧
カスタマーサポート
カタログ & サンプル
プリンターデモルーム
各種お問い合わせ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
選択ページへ

学校概要

創形美術学校
1969年、すいどーばた美術学院に美術の作家育成を 目的としたプロフェッショナルコース造形科、版画科を設置し スタート。
ファインアート科、ビジュアルデザイン科、研究科の三つの 柱を軸に、多様な絵画表現実習、版画表現実習、 多岐にわたるグラフィックコミュニケーションの発想・研究、 そして時代の先端を行くコンピュータ実習など幅広い教育を 実践いる。

創立から今日まで一貫して、独自の造形教育をモットーに 美術・デザ イン界に活力ある若いアーティストを多く送り 出している。
大判のニーズはかなり前からありました
デザイン科の学生の課題としてポスター制作があるのですが、大判プリントを学校内で出力したいというニーズはかなり前からありました。
B0出力と写真画質が魅力で導入
5年程前、当時B1が出力できる機種としてhpのdesignjet750cを導入しました。これまで大変活躍してきたのですが、5年も経ってそろそろ疲労が出てきていました。
また学校の広告を駅貼りポスターにB0出力できないかと考えていたとこのに、B0出力で写真画質が出来るという新製品を雑誌で見つけて、タイミングとしてまさにぴったりハマッタという感じで、即導入を決めました。
色がとてもきれい
使ってみての感想は、操作性やスピードはもちろんですが、これまでのプリンタと比較して色がとてもきれいですね
学生に結構人気でフル稼働してます
大判プリンタでの出力は、有料で予約制にしているのですが、学生に大変人気でして予約がいっぱいになってフル稼働することもしばしばです。
大判出力で作品の品質があがりました
大判だと作品のインパクトが強く表現できますし、作品のディテールが見えてきます。そのため作品の完成度が向上してきましたね。
  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡