Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  プリンタ  >  HP Designjet

HP Designjet 活用事例
株式会社エキープ・エスパス

大判プリンターTOP

Designjetプリンター
Latexプリンター
旧製品情報
キャンペーン
用紙のご案内
カートリッジの回収
導入事例
デジタルファインアート
広告・動画ギャラリー
HP Designjetプリンターで節電
HP Latex 販売店一覧
カスタマーサポート
カタログ & サンプル
プリンターデモルーム
各種お問い合わせ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
選択ページへ
株式会社エキープ・エスパス

 お客様概要

株式会社エキープ・エスパス
設立● 1969年
資本金● 1,000万円
本社● 東京都港区

 大判出力機を導入する時はつねにHP製品を選択

株式会社株エキープ・エスパス 代表取締役 田中喜一氏
株式会社エキープ・エスパス
代表取締役
田中喜一氏
株式会社エキープ・エスパス 設計主任 志津充晃氏
設計主任
志津充晃氏
東京、南青山に本社を置くエキープ・エスパスは、ランドスケープデザインに特化した建設コンサルタントである。
1969年の設立以来、公共分野における都市開発、公園計画を中心に数多くの大型プロジェクトに参加。著名な施設、建造物の屋外空間デザインを数多くを手がけてきた。 近年はさらに民間分野にも力を入れ、著名建築家とのコラボレーション作品など、建築外構計画や住宅地外構計画も行なっている。そんな同社が業務にCADシステムを導入したのは今から7〜8年前。ほぼ同時期に大判出力機も導入し、必要に応じて買い替えながら現在に至っているが、常にHPの大判出力機を選び続けているのだという。

「出力に関して求めるのは、まずスピード。私たちの仕事では例えばトレーシングペーパーに100枚、200枚と出力しますから、早ければ早いほどいい。その点HP製品は当初から早かったですが今は一段と早くなっている。インクの乾きまで早い感じで、ほんの数年で大きく進化した感じですね。 だからいつも安心して選べるのです。」そう田中氏は語る。

田中氏の主なワーキングは、色鉛筆を駆使してフリーハンドでスケッチを行っていくこと。―これが氏の基本的なデザインスタイルなのだ。そしてこのスケッチを基にスタッフがCAD図面を起していく わけだが、この手描きスケッチをデジタル化し、プリンタで出力して活用するユニークな手法を、同社の志津氏が考案した。

 手描きスケッチならではの繊細な色のニュアンスを再現するDesignjet70

print_img
田中氏がA1に手描きしたスケッチを
スキャンし、色補正してA2で出力。
Designjet 70設置画像
エキープ・エスパス青山本社
Desingjet 70
「まずA1のスケッチを4分割してスキャンしてパソコンに取り込みます。そしてPhotoshopで1枚に繋ぎあわせ、色などを補正しDesignjet70でA2に出力します。」(志津氏)

田中氏のスケッチは同社のすべてのデザインワークの基盤であり、プレゼンテーションはもちろん打合せにも持ち歩き、皆で書き込んだりしながら使用する。A1サイズに手描きされた元原稿ではこんな使い方は難しいが、A2にリサイズし、いつでもリプリントできる状態にしてあれば、思うぞんぶん幅広く活用できるのだ。

「一種の作品データベースですね。これが可能になったのも、手描きの色のニュアンスをDesignjet70が繊細なカラー階調表現で再現できるから。モノクロの線もシャープだし出力品質にも満足しています。」(志津氏)

実は同社は最近、オフィスを公共事業主力の部門と民間部門との2つに分けた。Designjet70はその時に導入されたのだという。
「Designjet70の魅力は速さと出力品質だけでなく、そのコンパクトさにもあります。当社のこの青山オフィスで扱う民間事業は、まだ規模が小さいのでオフィスも狭く、Designjet70のコンパクトな筐体が非常にありがたいのです。価格もモノクロレーザープリンタより安いくらいで、コストパフォーマンスが非常に高いですね。――性能も価格もサイズも、このままどこまでも進化して行ってほしいですね。」(田中氏)

 使用機種

HP Designjet 70製品画像
HP Designjet 70
■A2プラスサイズ。
■用途に合わせた4通りの給紙が可能。
■最高1,200×600dpi。
■A2カラー線画最速44秒。
■顔料系黒インク採用。
■最小線幅0.04mmを実現。
■HP カラーレイヤリングテクノロジ採用。
製品詳細はこちら ≫
  本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡