Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  プリンタ  >  HP Designjet

HP Designjet 活用事例
株式会社 トーヨープロセス

大判プリンターTOP

Designjetプリンター
Latexプリンター
旧製品情報
キャンペーン
用紙のご案内
カートリッジの回収
導入事例
デジタルファインアート
広告・動画ギャラリー
HP Designjetプリンターで節電
HP Latex 販売店一覧
カスタマーサポート
カタログ & サンプル
プリンターデモルーム
各種お問い合わせ
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
選択ページへ

会社概要

(株)トーヨープロセス
  • 大判ディスプレイプリント / POP
  • デジタルデザイン / 高品位カラースキャニング
  • DTP制作編集 / デジタル画像加工 / 合成
  • B全ワイドイメージセッタ出力 / 各種写真撮影
  • カラーレンタル

  • 写真製版を本業に、企画・デザインワークからオンデマンド印刷まで、常に先を見据えた営業を展開。製版業界の未来が見える。
    デザイン確認、面付確認、簡易校正……
    手間とコストがかからない方法を模索して、
    デザインジェット5000psに行き着きました。
    常に50〜60本の折込チラシを進行させています。1本のチラシでもフィルムにして印刷に納めるまで、 デザイン・面付の確認や校正で5〜6回お客様に確認を取らなければいけないんです。折込チラシなんてA2や A1の大判は当たり前ですから、以前はA3のカラーレーザープリンタで出力して切貼りをしていたんです。 一々フィルム出力していたら膨大なコストになってしまいますしね。ただレーザーだと色味の問題や、 切ったり貼ったりの手間も大変で、何とかいい方法はないかと考えていました。そんな時タイミングよく、 出入りの販売店さんからhpの大判プリンタを紹介してもらいました。
    写真製版が本業だから、写真が美しく出せなければ会社の姿勢を疑われてしまう。hpの出力品質なら信用を損なう事もありません。
    写真製版が本業ですから、私どもの売りは「画像が美しい事」です。いい画像が出せない機材は 一切入れておりませんし、そうやってお客様の信頼を得てきたんです。ですから導入に際しては出力品質が 一番気になりました。hpのショウルーム(hp printer lab.)にデータを送って試し印刷をしてもらったのですが、 その出来栄えは想像以上でした。ここだけの話ですが、その試し印刷をそのままお客様に納品してしまいました。 余談ですが、以来そのお客様から定期的に仕事をいただいています。
    確認・校正用で導入したのにポスター印刷での使用がメインに……。もう一台追加する予定です。
    導入直後、簡単に大判のポスターが印刷できるので、面白がって知り合いのカラオケスナックやゴルフ場などに サービスでポスターを作ってあげてたんですよ。そうしたらそれが口コミで評判になって、今では月に100枚以上の注文が来るようになってしまいました。 確認・校正用で導入したにもかかわらず、遊びで始めたポスター印刷で使う事の方が多くなってしまい、もう一台追加導入を真剣に考えているところです。
    ※リンク先はDesignjet5000後継機種5500のページになります。
      本ページに記載されている情報は取材時におけるものであり閲覧される時点で、変更されている可能性があります。予めご了承下さい。  
    印刷用画面へ印刷用画面へ
    プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡