Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  プリンター  >  インクジェットプリンター  >  A3プリンタートップ

特集:徹底解剖(3)

プリンター

インクジェットプリンター
ご家庭向け
インクジェットプリンター
ビジネス向け
お得なキャンペーン情報
プリンター検索
機能から探す
比較一覧から探す
HPプリンターを使いこなそう
スマホからプリント
新基準スマホ印刷
スマホアプリダウンロード
HP All-in-One Printer Remote
[アプリ]HP ePrint
メールするだけでプリント
HP ePrint
Googleアカウントをお持ちの方必見
Google Cloud Print™
遊べて学べるプリンターアプリ
Printables
Photo Creation
Webプリントを節約
Smart Web Printng
インク・サプライ品情報
プリンターサプライ & オプション
対応インクカートリッジ検索
インク製品取扱店 検索
カタログ
カタログ
関連情報
■サポート情報
FAQ & ドライバダウンロード
修理、保証について
各種OSへの対応
お問い合わせ
カスタマ登録
メールマガジン登録
プリンター情報
オンラインストア情報
■サイトマップ
インクジェットプリンターサイトマップ
オンラインストアはこちら
HPのインク取扱店舗はこちら
メールマガジン登録
コンテンツに進む
image 

第3回 HP Photosmart 8753の出力法を検証する

 
for Windows for Mac
<<トップ

 Windows版  (2/3)

 ≪back  |1|2|3| next≫  

 ■アプリケーションカラー管理でプロファイルを指定して出力する方法

1.Photoshop CSで出力する画像を開く。
  2.ファイル→用紙設定(ページ設定)
プリンターを選択。用紙のサイズ、縦/横位置を指定。
  image
  image
  3.ファイル→プリントプレビューを選択。
[その他のオプション]を表示して、カラーマネージメントを選択。
  image
  4.[プリントカラースペース:]で使用する用紙とインク専用のプロファイルを選択。
マッチング方法:は階調優先の写真画像では[知覚的]が原則。色調優先の場合は[相対的色域を維持]を使用。[黒点の補正を使用]オプションはデータよりも再現色域の狭いプリンターを使用する場合はオンにする。データよりも再現色域の広いプリンターでは強いてオンにする必要は無い。元データのシャドー再現性を補正する機能。[相対的色域を維持]を使用した場合は、併用が勧められている。
  image
  5.用紙とインクセットのプロファイルを指定。
  image
  6.ファイル→印刷(プリント)を選択。
  image
  7.使用するプリンターHP Photosmart 8700 Seriesを選択。
  image
  8.必要なプリント枚数を指定。
  image
  9.印刷のプロパティをクリック。プリンターの詳細設定をおこなう。
  image
  10.HP Photosmart 8700seriesのプロパティが開く。
用紙の種類/品質タブを選択。
用紙の種類を選択。
用紙の種類:初期設定は[自動]でHPの専用紙を自動認識する。
  image
  11.カスタム用紙や用紙の種類を自分で設定したい場合は、メニューから選択。
使用する用紙が分かっている場合は指定した方が確実だ。
  image
  12.品質設定は4種類。[きれい]モードで十分な画質が得られる。
[最大 dpi]を選択する必要はほとんどないが、最高画質を望む場合(時間がたっぷりある場合も)はご利用頂きたい。
  image
  13.[カラー]タブをクリックして、カラーマネージメント:[アプリケーションによる管理]を指定する。ドライバソフトでカラー補正は一切行わない設定で、プリントプロファイル制作ツール等でチャートを出力する場合、またそのプロファイルを指定してプリントする場合に、この[アプリケーションによる管理]モードを使用する。
  image
  14.プレミアムプラスフォト用紙と9色インクを使用した場合の設定は以下の通り。
プロパティの設定が終了したら[OK]ボタンをクリック。
  image
  image
  image
  15.[プリント]ダイアログで[OK]ボタンをクリックしてプリントする。
  image
  以上でカラーマネージメントを使用したモニタとカラーマッチングの取れたプリント出力を得ることができます。誤解しないで頂きたいのはカラーマネージメントを行うことで、通常出力よりも綺麗なプリントが得られるわけではないということです。全体のカラーマッチングが取れる、モニタとの整合性が向上するというメリットはありますが、彩度を含めたプリンターの最高画質を引き出せるのは、プリンタードライバの自動出力設定なのです。
 ≪back  |1|2|3| next≫  
このページのトップへ
印刷用画面へ
 
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡