Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品&サービス  >  プリンター  >  インクジェットプリンター  >  A3プリンタートップ

特集:徹底解剖(4)

プリンター

インクジェットプリンター
ご家庭向け
インクジェットプリンター
ビジネス向け
お得なキャンペーン情報
プリンター検索
機能から探す
比較一覧から探す
HPプリンターを使いこなそう
スマホからプリント
新基準スマホ印刷
スマホアプリダウンロード
HP All-in-One Printer Remote
[アプリ]HP ePrint
メールするだけでプリント
HP ePrint
Googleアカウントをお持ちの方必見
Google Cloud Print™
遊べて学べるプリンターアプリ
Printables
Photo Creation
Webプリントを節約
Smart Web Printng
インク・サプライ品情報
プリンターサプライ & オプション
対応インクカートリッジ検索
インク製品取扱店 検索
カタログ
カタログ
関連情報
■サポート情報
FAQ & ドライバダウンロード
修理、保証について
各種OSへの対応
お問い合わせ
カスタマ登録
メールマガジン登録
プリンター情報
オンラインストア情報
■サイトマップ
インクジェットプリンターサイトマップ
オンラインストアはこちら
HPのインク取扱店舗はこちら
メールマガジン登録
コンテンツに進む
 

第4回 HP Photosmart 8753をより深く利用する(応用編)

  ・より深く理解し利用する方法を検証
<<トップ

 より深く理解し利用する方法を検証  (4/4)

123|4| <<トップ  

■耐光性テストその後の報告

1回目執筆以降、約2ヶ月半耐光性テストを継続した結果をご報告しておきましょう。南向きの透明ガラス窓の内側に貼付けた状態で75日間放置しておいたものです。
空隙型の代表としてF社の超光沢汎用インクジェットペーパーを取り上げ、同じプリンター同じインクで用紙のタイプが違うとどれだけ差が出るものかが、はっきりした膨潤型ペーパーの耐光優位性が再認識できました。
ただしインクべた濃度のパッチ部分で測色した測色値は、図の作例から受ける印象とは大違いで大きな差は出ませんでした。
光によって変化しているのは濃度の薄い部分で、濃い部分が変化するのには更に時間が掛かるということを表しているのだと考えられます。
■HP Photosmart 8753+プレミアムプラスフォト用紙
75日後のデータと出力直後(3時間後)のデータ。
下側のパッチを測色した平均デルタE値は5.12
7/27に出力したサンプル図 7/27に出力したサンプル図
7/27に出力したサンプル図 7/27に出力したサンプル図

 ▲7/27に出力したサンプル図

5/12に出力したサンプル図 5/12に出力したサンプル図
5/12に出力したサンプル図 5/12に出力したサンプル図

 ▲5/12に出力したサンプル図
■HP Photosmart 8753+F社空隙型ペーパー
75日後のデータと出力直後(3時間後)のデータ。
下側のパッチを測色した平均デルタE値は6.33
7/27に出力したサンプル図 7/27に出力したサンプル図
7/27に出力したサンプル図 7/27に出力したサンプル図

 ▲7/27に出力したサンプル図

5/12に出力したサンプル図 5/12に出力したサンプル図
5/12に出力したサンプル図 5/12に出力したサンプル図

 ▲5/12に出力したサンプル図
123|4| <<トップ
このページのトップへ
印刷用画面へ
 
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡