HP OfficeJet Pro X・HP OfficeJet Enterprise X 共通プラットフォーム

超高速・高品質の秘密
HP ページワイドテクノロジー

 

HP ページワイドテクノロジーとは?

HP OfficeJet Pro Xシリーズ及びHP OfficeJet Enterprise Xシリーズの高速、高品質の秘密。
それは用紙幅全体を一度に印刷できる固定ヘッドを採用しており、印刷時に用紙のみが送られるため。
またノズル数が42,240個もあるため、精細な印刷を可能とし品質を保ったまま超高速印刷を実現できます。


イメージビデオ

印字品質を犠牲にせず、驚異的な印刷速度を達成

42,240個のノズルをページ幅
(レターまで)に配置しているので
用紙全体を一度に印刷が可能

解像度1,200 dpiによる
オフィス文書に十分な印字品質

プリンター寿命まで安定した性能を発揮


ここがポイント!

レーザープリンターでは印刷命令から出力までの間に定着器のウォームアップ時間が入るため、1枚目の出力に時間がかかります。
HP OfficeJet Pro Xの場合はインクジェットなので最速9.5秒で1枚目が印刷されます。

 
 

※wirthconsulting.org(2013年1月時点)検証の元、HP Officejet Pro X551dw/X576dwと競合他社1,000ドル未満のレーザー/インクジェット カラーデスクトップ複合機、および800ドル未満のプリンターで比較しています。ISO 24734準拠サンプルページ(4ページ)を最速カラー印刷モードで印刷しております。 詳細はHow HP measures inkjet printing speed(英語)をご覧ください。