Jump to content

ビジネスを加速させるHPのインクジェットプリンター

製品特長
オンラインストアはこちら HPのインク取扱店舗はこちら メールマガジン登録
Content starts here
「オフィスにはレーザー」の常識はもう古い。ビジネスを加速させるHPのインクジェットプリンター
レーザープリンター派のあなたに レーザーを凌ぐHPのインクジェット インクジェットプリンターはのあなたに インクジェットでお悩みならHPで決まり!

圧倒的な印刷速度で、ビジネスを加速させる。

世界最速 * のカラーデスクトップ・プリンター。
1分間に最大70ページの驚異的な速度で印刷するので、同価格帯のレーザープリンターよりも圧倒的な速さで印刷することが可能です **
印刷スピード

生まれながらに50%※2省コスト

HPのインクジェットプリンターなら導入コストも印刷コストもレーザープリンターに比べてほぼ半分程度。
つまり生まれながらに省コストなのです。
ランニングコストの比較イメージ
導入コストの比較イメージ

インクジェットプリンターはエコに優しい(省エネ)

HP インクジェットプリンターが採用する技術はレーザープリンターなどよりも省エネで、最大88.5%※4 も消費電力を節約できます。
1週間の消費電力の比較

クッキリ印刷ができ、水に強い!

クッキリ印刷ができ、水に強い!
新インクとして顔料系インクを採用したことにより、
普通紙にもにじみやずれがない、クッキリした印刷が可能になりました。
また、インクジェットでありがちだったにじみにも強く、
水をこぼした際や蛍光マーカーをつかった場合でもほとんどにじむことがありません。

HPはビジネス向けの機能が豊富!

ビジネスをサポートする機能を満載しています。スピーディに協力にバックアップいたします。
下記機能の他にもたくさんございます。
スマホやタブレットと相性抜群
Eメールの添付ファイルをそのまま
プリントできる。
無線LANルーターがなくても直接
プリントできる。
複数枚の原稿を自動でコピー & スキャンできるADF機能
自動で原稿を読み込むことができる
ADF機能。原稿を差し替える手間が
省けるので、ビジネス効率が大幅に
向上します。

自動両面プリントコピー/スキャン/FAX
用紙を入れ替える手間をかけずに、自動で両面プリント、コピー、スキャン、FAXがおこなえ、手間が軽減され、生産性向上につながります。

場所をとらないコンパクト仕様

場所をとらないコンパクト仕様
ビジネスインクジェットプリンターなら本体も交換用インクも場所をとらないコンパクト仕様。
レーザープリンターに比べて広い設置場所を必要としませんので、
限りあるオフィス空間で邪魔になりません。

故障時のサポート体制が万全

故障時のサポート体制が万全
もしものトラブル時のダウンタイムを最小限に抑える
強力なアフターサポート体制をご用意しています。

ご購入から1年間無償のアフターサービス

万一の故障でも最短翌営業日にお届け!
1年間の無償保証期間内の場合、最短でも翌営業日に交換品をお届けする「HPクイック・エクスチェンジサービス」というものがございます。
プリンター故障によるビジネスへの影響を最小限におさえるため、お客様からのご連絡に迅速に対応できるサポート体制を整えております。


ご購入から2年目以降のアフターサービス

リモート診断後、最短翌営業日にお届け!
2年目以降も有償でサポートサービスを行っています。 お客様から故障のご連絡をいただいた場合、お客様と共同で問題点を特定しリモート診断だけで解決できる場合はお電話にて迅速に 解決のサポートをいたします。
また、リモートで解決できないとHPが判断した場合、最短で翌営業日に故障したハードウェアを交換いたします。
機能から自分にあった製品を選ぶ
世界トップクラスの次世代インクジェットプリンター! HP Officejet Pro Xシリーズの詳細を見る
* wirthconsulting.org(2013年1月時点)検証の元、HP Officejet Pro X551dw/X576dwと競合他社1,000ドル未満のレーザー/インクジェット カラーデスクトップ複合機、および800ドル未満のプリンターで比較しています。ISO 24734準拠サンプルページ(4ページ)を最速カラー印刷モードで印刷しております。詳細はこちらをご覧ください。www.hp.com/go/printerspeeds
** ISO 24734サンプルページを一般オフィスモードで片面連続印刷した際の印刷速度。
※1 1996年〜2012年世界インクジェット出荷台数。出典:IDC, Worldwide Quarterly Hardcopy Peripherals Tracker, 2013 Q2
※2 012年9月時点でUS$300未満のカラーレーザープリンターおよびUS$600未満のカラーレーザー複合機それぞれの普及機種との比較です。コストはサプライの現地価格に よって算出しています。詳細は www.hp.com/jp/50cut でご確認ください。
HP Officejet ProシリーズのISOは最大容量のカートリッジで連続印刷した場合に最大のコスト効率を達成します。詳細はwww.hp.com/go/learnaboutsuppliesでご確認ください。
HP Officejet 7500A/6700 Premium/4620は40%省エネ・低ランニングコスト。
※3 ランニングコストはA4普通紙文書のプリント可能枚数測定に関する国際標準規格である「国際標準ISO/IEC 24711」に準拠した方法で算出。
※4 消費電力量は、TEC(Typical Electricity Consumption)値を元に数値を算出しています。1日288枚、稼働とスリープ/オフが繰り返される5日間(平日)+スリープ/オフ状態の 2日間(休日)を条件として算出しております。消費電力量は、お客様のプリンター使用状況(プリント枚数、使用頻度、印刷文書、勤務時間、日数など)により異なります。