Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  プリンタ

HP プリントサーバ Jetdirect
プリンタコネクティビティ(パラレル接続)

HP プリントサーバ

製品一覧
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む

information

パラレル接続
プリンタ動作確認機種
接続ノウハウ

プリンタコネクティビティの確認方法

ステップ1 プリンタとjetdirectをプリンタケーブルで接続します。jetdirectとネットワークケーブルを接続します。プリンタとjetdirectの電源を入れます。jetdirectのStatus-LEDが点滅から点灯に変わったら(5秒程度)、jetdirectのテストボタンを押し構成ページをプリントアウトします。ボタンを9秒から11秒間押し続けStatus-LED(左)がOFF,Activity-LED(右)がONとなった時点でボタンを離すことでASCIIデータ(TEXT)の構成ページがプリントされます。
ステップ2 構成ページ上にPARALLEL PORT : BITRONICS(CENTRONICS)と表示されていればプリンタとのパラレル接続が正常に行われています。またI/O CARD READYと表示されていればネットワーク接続も正常です。
ステップ3 jetadminを使ってjetdirectの設定を行いオペレーティングシステムにプリンタ登録を行って下さい。WindowsNTではプリンタの出力先をjetdirectポートに指定します。Windows95では直接jetdirectポートに接続できないので一度登録した上でプリンタのプロパティから「詳細」 [ポートの追加]を実行してjetdirectポートに接続して下さい。
ステップ4 オペレーティングシステムのプリントテストページおよびアプリケーションからのプリントアウトを行って正常にプリントアウトされるか確認して下さい。
ヒント jetdirectはオートネゴシエーション機能によりプリンタとの最適な接続を自動的に取得しますが、プリンタの種類によってはインタフェース設定を固定にした方が良い事もあります。jetadminユーティリティを使って接続タイプ、双方向パラレル又はセントロニクス、ハンドシェイク方法などを指定することが出来ます。

接続できない/問題が起こるプリンタタイプ

プリンタ種類 不具合内容 プリンタの例
Microsoft Windows Printing system(WPS)規格対応プリント WPSのパラレル仕様上プリントサーバでの利用は出来ません。 ホームユース向け低価格プリンタ(レーザ、インクジェット)
独自インタフェースとプリンタドライバを持つプリンタ パラレル仕様によってはプリントサーバでのネットワーク利用に対応しない場合があります。 ホームユース向け低価格プリンタ(インクジェット)
内蔵フォントを持たないプリンタ jetdirectのテストページ出力が出来ません。 ホームユース向け低価格プリンタ(インクジェット)
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡