Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  プリンタ

HP プリントサーバ Jetdirect
プリンタ動作確認機種

HP プリントサーバ

製品一覧
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む
沖データ MICROLINE

information

パラレル接続
プリンタ動作確認機種
接続ノウハウ

検証テスト・動作確認機種(OK)

検証条件

OSテスト環境

テスト実施

評価

機種:沖データ
MICROLINE 620cL
Jetdirect(F/W): J3263A(H.06.00)
接続タイプ: セントロニクス
確認: Apr-98
Windows 95 HP
Windows NT4.0 HP
Windows 95 with Net Ware HP
双方向パラレル接続不可(プリンタ個別の情報を参照)
機種:沖データ
MICROLINE 700n
Jetdirect(F/W): J3263A(H.06.00)
接続タイプ: セントロニクス
確認: Mar-98
Windows 95 HP
Windows NT4.0 HP
Windows 95 with Net Ware HP
双方向パラレル接続不可(プリンタ個別の情報を参照),PostScriptプリンタ
機種:沖データ
MICROLINE 703N
Jetdirect(F/W): J3263A(H.06.00)
接続タイプ: セントロニクス
確認: Apr-98
Windows 95 HP
Windows NT4.0 HP
Windows 95 with Net Ware HP
双方向パラレル接続不可(プリンタ個別の情報を参照),PostScriptプリンタ
機種:沖データ
MICROLINE 8350SEU
Jetdirect(F/W): J3263A(H.08.05)
接続タイプ: 双方向パラレル
確認: Jan-00
Windows 98 HP
Windows NT4.0 HP
Windows 95 with Net Ware HP
ドットインパクトプリンタ
機種:沖データ
MICROLINE 900PSULT
Jetdirect(F/W): J3263A(H.06.00)
接続タイプ: セントロニクス
確認: Apr-98
Windows 95 HP
Windows NT4.0 HP
Windows 95 with NetWare HP
双方向パラレル接続不可(プリンタ個別の情報を参照),PostScriptプリンタ 
弊社規定の検証テストを実施し正常動作が確認されたものです。
テスト実施欄の、HPは日本HPにおいて検証テストを実施したもの、DEは販売店様または協力会社様において弊社規定の検証テストを実施され弊社に報告されたものを示します。
評価欄の、○は正常に出力が行えたもの、◎は高速に出力が行えネットワークプリンタとしての利用に適しているもの、☆は加えてHP Jetadminによるアドバンスド管理が可能なものを示します。
このページのトップへ

検証テスト・不具合機種(NG)

検証条件

OSテスト環境

テスト実施

評価

機種:沖データ
MICROLINE 400cL
Jetdirect(F/W): J2593A(D.04.04)
接続タイプ: セントロニクス
確認: Dec-95
Windows 95 HP
Windows NT 3.51 HP
Windows 3.1 with NetWare HP
パラレル接続のハンドシェイクが機能しないため、大きなデータを出力するとバッファオーバフローが発生
弊社規定の検証テストを実施し不具合が確認されたものです。
テスト実施欄の、HPは日本HPにおいて検証テストを実施したもの、DEは販売店または協力会社様において弊社規定の検証テストを実施され弊社に報告されたものを示します。
評価欄の×は、Jetdirect と正常に接続できないため利用できないもの、△は接続でき出力は行えるが何らかの不具合が発生するものを示します。
このページのトップへ
接続に関しての一般情報
弊社にて確認または弊社に寄せられた情報により動作が確認されたものです。
プリンタ個別の情報
MICROLONE 620cL
JetdirectとMICROLINE 620cLを接続するとJetdirectのオートネゴシエーション機能により双方向パラレル(Bitronics)として判断され接続が確立しますが、実際にプリントアウトを行うとスプーラがハングした状態になります。これは双方向パラレルでのハンドシェイクが確立できないためのエラーと考えられます。
Jetdirectのインタフェースをセントロニクスに固定してプリンタ接続を行うことにより問題を回避できます。実際の設定ではJetdirectとプリンタを接続しJetadminを使ってプリンタ名、アドレスなどの設定に加えてオプション設定としてパラレル接続をCentronicsに設定しJetadminを終了します。続いてJetdirectの電源を入れ直すとセントロニクスとして固定されます。
MICROLONE 700n/703N/900PSULT
JetdirectとMICROLINE 700n/703N/900PSULTを接続するとJetdirectのオートネゴシエーション機能により双方向パラレル(Bitronics)として判断され接続が確立しますが、実際にプリントアウトを行うとスプーラがハングした状態になります。これは双方向パラレルでのハンドシェイクが確立できないためのエラーと考えられます。
Jetdirectのインタフェースをセントロニクスに固定してプリンタ接続を行うことにより問題を回避できます。実際の設定ではJetdirectとプリンタを接続しJetadminを使ってプリンタ名、アドレスなどの設定に加えてオプション設定としてパラレル接続をCentronicsに設定、またPostScriptプリンタなのでステータスページ言語をPostScriptに変更しJetadminを終了します。続いてJetdirectの電源を入れ直すとセントロニクスとして固定されます。
PostScriptプリンタのためアプリケーションからの印刷以外でのテキスト出力では日本語が文字化けします。この場合プリンタプロパティの「デバイスの設定」から”TrueTypeフォント=ソフトフォントとしてダウンロード”を指定することで出力できるようになります。
Macintoshユーザーのお客様へ
このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡