Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
 お問い合わせ

製品&サービス  >  プリンタ

FAQ:よくある質問

HP プリントサーバ

製品一覧
日本HPサイトマップ
コンテンツに進む

Jetdirectハードウェア

Q: JetdirectカードにIPアドレスを設定したいのですが、どのような方法がありますか。
A: 下記の方法があります。
1) BOOTP,DHCPにより、自動的に設定する方法。BOOTPまたはDHCPのサーバが必要です。(DHCPに対応するには、ファームウエアのアップデートが必要な場合があります。)
2) Install Network Printer Wizard(Install CD-ROMに入っている)を使用して設定する方法。Jetdirectの構成時にIPアドレスを指定することができます。
3) telnetによる方法。Jetdirectは電源投入後5分間BOOTP/DHCPでIPアドレスが設定されなかった場合、デフォルトのIPアドレスとして、192.0.0.192というIPアドレスを持ちます。このIPアドレスに対して、telnetでログインすることで、IPアドレスを対話的に設定することができます。
4) RARPによる方法。Reversed ARPというプロトコルを使用して設定します。(主にunix環境)なお、2)と3)による方法でIPアドレスを設定した場合、次回以降の電源投入時には、設定したアドレスが保持されます。
5) Jetdirectカードを弊社のLaserJet,Designjetなどに内蔵している場合、各プリンタ、プロッタのフロントパネルからIPアドレスの設定が可能です。
戻る
Q: telnetでIPアドレスを設定する際に、syslog serverという項目がありますが、これは何を設定すればいいのでしょうか。
A: Syslogは主にunix環境で使用される、システムのエラーなどのログを取る機能です、Windows環境では通常使用しませんので、設定する必要はありません。
戻る
Q: Jetdirectの設定をクリアしたいので、工場出荷時のリセットをするにはどうすればいいでしょうか。
A: 外付型(300x,WP110など)Jetdirectシリーズの場合、Jetdirectのテストボタンを押しながら、電源を入れ、テストボタンを5秒以上押しつづけることで工場出荷時へのリセットが行えます。 内蔵Jetdirect cardの場合、cardの入っているプリンタ(LaserJet,Designjet)の工場出荷時リセット(コールドリセット)を行うことでJetdirect cardの工場出荷時へのリセットが行えます。コールドリセットの方法に関しましては、プリンタによって異なりますので、お使いのプリンタのマニュアル(ユーザーズガイド)を参照して下さい。
戻る
Q: download managerでfirmwareのupdateを行おうとしていますが、TCP/IPで行うと、ダウンロードを始めるところで失敗してしまいます。
A: TCP/IPで行う場合、JetDIrectのfirmwareバージョンによっては、SNMPのCommunity Nameを設定しておく必要があります。telnetでログインして、Community Nameを設定し、同時に、download manager Configuratorの中で、SNMPのCommunity Nameを設定できます。
戻る
Q: download managerでfirmwareのupdateをIPXで行いたいのですが、IPXプロトコルをインストールしているのに、download manager ConfiguratorがIPXプロトコルを選択できない状態になるのですが。
A: NetWare clientをインストールするとIPXプロトコルを正常に認識される場合がありますので、お試しください。
戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡