Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  プリンター  >  レーザープリンター

HP LaserJet製品のMetaFrame環境での
動作確認状況について

LaserJet MFP(複合機)/ レーザーホーム

サプライ & オプション
旧製品情報
オンラインカタログ
HPオフィスプリンターは
ここに強い!!
  トータルコストで選ぶ!
  帳票出力に強い!
PCL搭載
  セキュリティ機能が
\0から!
HP Laserjetの特長
ソリューション
  フォント製品のご案内
  MPS
  HP Web Jetadmin
保守サービス製品
テクニカルサポート
ご使用済みカートリッジの回収について
ご購入方法
日本HPサイトマップ
トナーカートリッジのリサイクル
HP LaserJet Printer 製品カタログ発送受付ページへ
コンテンツに進む

HPのMetaFrame環境への取り組み

米国Citrix社と米国HPは、Citrix MetaFrame Presentation Server環境におけるHP LaserJet製品と関連するプリンタドライバの動作確認を協力して行いました。この動作確認は、Citrix社がMetaFrame Presentation ServerとICA Client ソフトウェアについての印刷機能の検証に使用している標準的なテスト項目を使用して行なわれました。

HP LaserJet製品の印刷機能の動作確認は今後のCitrix MetaFrameのリリースについても続けて行って参ります。

ターミナルサーバ環境でサポートされるドライバのバージョン
(米国発の情報。最新の2003年5月版)

動作確認環境
HPではWindows NT Terminal Server/MetaFrame 1.8、Windows 2000 Terminal Server/MetaFrame XP Presentation Server、 Windows Server 2003/MetaFrame XP Presentation Serverにおいてすべてのドライバについてテストを行った結果、ここにリストされているバージョンのドライバについて機能・動作が確認されました。また、これらについてドライバがメモリリークやメモリアロケーションの問題が無いことも確認致しました。

※最新情報は次のページをあわせてご覧下さい(英文)
HP printers supported in Citrix Presentation Server environments

サポートされるドライバのバージョン

プリンタファミリ

HPのターミナル・サーバ/ MetaFrame環境のサポート

HPがサーバ上へのインストールをサポートするドライバ・バージョン

PCL

PS

LJ 1000 Not supported N/A N/A
LJ 1100 ファミリ/LJ 1100A Yes 4.3.2.201 N/A
LJ 1150 ファミリ Yes 60.5.17.2 - Win2k
4.19.1300.435 - NT
N/A
LJ 1200 ファミリ/LJ 1220 Yes 4.3.2.208 1.0以降
LJ 1300 ファミリ Yes 60.5.17.2 - Win2K
4.19.1300.435 - NT
60.5.17.2 - Win2K
11.19.1300.1 - NT
LJ 2100 ファミリ Yes 4.3.2.201 4.0
(M、TN モデルのみ)
LJ 2200 ファミリ Yes 4.3.2.192 4.30以降
LJ 2300 ファミリ Yes 60.5.30.01 - Win2k
4.19.2300.440 - NT
60.5.30.1 - Win2k
1.0.0.0 - NT
CLJ 2500 ファミリ Yes 4.14.2500.18 1.0.0.0
LJ 3100 ファミリ Yes(印刷のみ) Use the HP LaserJet Series II(PCL4) driver N/A
LJ 3150 ファミリ Yes(印刷のみ) Use the HP LaserJet Series II(PCL4) driver N/A
LJ 3200 ファミリ Yes 4.3.2.209 4.0(Mモデルのみ)
LJ 3300 ファミリ Yes 4.13.3300.9 4.13.3300.9
LJ 4000 ファミリ Yes 4.3.2.201 4.0以降
LJ 4050 ファミリ Yes 4.3.2.201 4.0以降
LJ 4100 ファミリ Yes 4.20.4100.400 3.0.8以降
LJ 4200 ファミリ Yes 60.03.13.02 - Win2k
4.18.4200.420 - NT
60.03.13.02 - Win2k
2.0.0.0 - NT
LJ 4300 ファミリ Yes 60.03.13.02 - Win2k
4.18.4200.420 - NT
60.03.13.02 - Win2k
2.0.0.0- NT
CLJ 4500 ファミリ Yes 4.3.2.201 4.1.1以降
CLJ 4550 ファミリ Yes 4.3.2.207 4.50以降
CLJ 4600 ファミリ Yes 4.20.4600.430 4.14.4600.14
LJ 5000 ファミリ Yes 4.3.2.201 4.0以降
LJ 5100 ファミリ Yes 4.20.5100.460 1.0.0.0
CLJ 5500 ファミリ Yes 4.20.5500.460 60.03.14.02 - Win2k
2.0.0.0 - NT
LJ 8000/8100 ファミリ Yes 4.3.2.201 4.0以降
LJ 8150 ファミリ Yes 4.3.2.207 1.0以降
CLJ 8500 ファミリ Yes 1.0以降 2.0以降
CLJ 8550 ファミリ Yes 4.3.2.201 4.3.2.20以降
LJ 9000 ファミリ Yes 4.20.9000.430 1.0.0.1以降
LJ 4 ファミリ Yes 4.3.2.200 4.0以降
LJ 5 ファミリ Yes 4.3.2.200 4.0以降
LJ 6 ファミリ Yes 4.3.2.200 4.0以降
ここにリストされているバージョンは、動作の確認されているバージョンであり、これ以降のバージョンも同様にサポートされます。

解決された問題

■異なる組み合わせのドライバを使用した場合に頻発するブルースクリーン
この現象は、HP製pclドライバ(version 4.3.2.38~4.3.2.50)がサーバにインストールされており、旧版のhp製ドライバ(version 4.3.2.38以前)またはMicrosoft社製ユニバーサルドライバがクライアントにインストールされている場合に発生します。この状況では、サーバ上のドライバはクライアントの構成を読み出そうとします、しかしドライバの構造がことなるため設定が正常にレポートされません。このためドライバ処理が無限ループに入り、サーバ上でスルースクリーンを発生する原因となります。この状況を回避するためには、この表にリストされているドライバにアップデートします。
■ブルースクリーン
この問題は、HP製PCLドライバ(Version4.3.2.38以前)が、アレイバウンダリにまたがるアクセスをした場合に発生します。システムメモリのアロケーションとサーバの負荷により、バッファを越えて不正なページを数バイトアクセスし、Stop 0x50が発生します。
■間欠的に発生するブルースクリーン
ドライバ実行時にNT4.0ターミナルサーバのメモリ不足によって間欠的なブルースクリーンが発生します。

未解決の問題

■オートクリエートの際にクライアントドライバの設定が引き継がれない
これは、MetaFrame の制約です。オートクリエートの際に、トレイの設定や簡易設定は読み込まれません。クライアントのドライバ設定のうち、用紙サイズと印刷方向のみがオートクリエートの際に読み込まれます。その他の設定は、サーバにインストールされたドライバのデフォルト設定が使用されます。
MetaFrame XP Presentation ServerにFeaTrue Release 1/Service Pack 1以降がインストールされている場合、オートクリエートされたプリンタのプロパティを開いて必要なデバイスの設定タブから、トレイの構成や両面機能やハードディスクの設定を行うことができます。これらの設定はユーザがログアウトする際にユーザのプロファイルに保存されるため、次回にユーザがログインした時に有効になります。この機能はMetaFrame XP FeaTrue Release 1とService Pack 1以降の機能です。

解決されたMicrosoft社の問題

■NT ターミナルサーバにおけるHP PCLドライバで印刷中のクライアントのログオフ時のブルースクリーン
これはNTの不具合です。マイクロソフト社はhotfix, Q330305を用意しています。Hotfixについてはマイクロソフト社へお問い合わせください。

日本における動作確認について(日本発の情報)

HP LaserJet製品のプリンタドライバのドライバ機能に関する部分のソフトウェアモジュールは使用する言語に依存せず、同一製品モデルの同一印刷言語タイプ、同一バージョンのプリンタドライバであればその動作は基本的に言語によらず同一と考えることができます。そのため、米国側で行なわれた動作確認の結果をWindowsとMetaFrameの環境の言語依存性を考慮することによって、その他の言語の環境について拡張して考えることが可能です。 弊社日本側では、これを踏まえて日本語のWindowsとCitix MetaFrameの環境において、以下のバージョンのプリンタドライバについて、基本印刷動作について確認を行っています。 未解決な問題については、米国発の情報に準じます。
検証環境
MetaFrameサーバ MataFrameXP Presentation Server for Windows, FeaTrue Release 3
サーバOS Windows2000 Server Edition SP3
ICAクライアント ICA7.00
クライアントOS Windows2000 Server SP3
サポートされるドライババージョン

プリンタファミリ

ターミナルサーバ/ MetaFrame環境のサポート

動作確認を行ったドライババージョン

PCL

PS

LJ 4100 ファミリ Yes 4.20.4100.430 3.0.8
LJ 4200 ファミリ Yes 60.3.14.2 60.3.14.2
LJ 4300 ファミリ Yes 60.3.14.2 60.3.14.2
CLJ 4550 ファミリ Yes 4.3.2.207 5.00.2195.2307
CLJ 4600 ファミリ Yes 4.20.4600.400 1.0.0.0
LJ 5100 ファミリ Yes 4.20.5100.400 1.0.0.0
CLJ 5500 ファミリ Yes 4.18.5500.400 60.3.14.2
LJ 8150 ファミリ Yes 4.3.2.207 1.0.0.0
CLJ 8550 ファミリ Yes N/A 4.3.2.201
LJ 9000 ファミリ Yes 4.20.9000.400 2.0.14
LJ 4、5、6 ファミリ Yes 4.3.2.200 N/A
ターミナルサーバ環境には最新版のドライバを使用することを推奨します。上表のドライババージョンは本環境で動作確認されたバージョンのリストであり、これ以降のバージョンでも同様にサポートされます。最新版のドライバは、弊社のWebサイトで入手が可能です。またMetaFrame環境においては最新のICAクライアントソフトウェアの利用と最新版サービスパック及びHOTFIXの適用を推奨いたします。詳しくはCitrix社のWebサイトをご参照ください。
Citrix、MetaFrame、ICAはCitrix Systems, Inc.の登録商標です。また、その他本文書に使用されている企業・団体名、製品名は、それぞれ各社・各団体の商標または登録商標です。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡