Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  プリンタ  > HP インクジェットプリンタ  > HP インクジェットプリンタ用 サプライ&アクセサリ

第3回 用紙の耐水性・耐光性について

プリンターサプライ &
オプション

オンラインストア
コンテンツに進む
HP純正フォト用紙には、それぞれ耐光性、耐水性の違いがございます。これらの違いによって用紙の使い分けをお勧めします。
特に耐光性については、純正用紙とインクを使用した時に最長い耐光年数を得ることができます。

用紙選択のヒント!

第1回 用紙の違いについて 第2回 用紙のコーティングについて
  第3回 用紙の耐水性・耐光性について 第4回 用紙の新パッケージについて
第5回 用紙のサイズについて 第6回 用紙の特長について

耐光性

■HP アドバンスフォト用紙

 プリントカートリッジ  耐光年数*
 HP110(3色カラー)  約50年
 HP177(全6色を使用)  約40年
 HP38(全8色を使用)  約200年

*ガラスフレームに入れた場合

■HP プレミアムプラスフォト用紙

 プリントカートリッジ  耐光年数*
 HP134(3色カラー)
 HP135(3色カラー)
 HP136(3色カラー)
 約82年
 HP134(3色カラー)+HP138(フォトカラー)
 HP135(3色カラー)+HP138(フォトカラー)
 HP136(3色カラー)+HP138(フォトカラー)
 約105年
 HP177(全6色を使用)  約100年
 HP58(フォトカラー)  約50年

*ガラスフレームに入れた場合

■HP プレミアムプラスフォト用紙がなぜ長持ちするのか?

最上コーティングである「イメージング層」にヒミツがあります。
イメージング層は、3種のポリマー層からなっており、インクの蒸発を防ぎ、写真の保存性をアップさせます。
HPプレミアムプラスフォト用紙 コーティング

耐水性

HP アドバンスフォト用紙を以下の4つの条件で耐水実験をしてみました。

1  水をプリントサンプル表面にこぼし、1分間放置。その後布でふき取る
2  プリントサンプルを垂直にし、霧吹きで水滴を噴射、そのまま24時間 おく。
3  プリントサンプルを斜め45°に傾け、水を流す。
4  水平に置いたプリントサンプルに水をかけ、30秒後に 布で拭く。
結果
HP58、HP110、HP138のインクを使用した場合、
写真イメージは大きく損なわれないことが分かりました!

キレイに印刷するPOINTは?

HPプリンタ + HP純正用紙 + HP純正インク


HPプリンタは純正用紙とインクを使用したときに、その性能を最も発揮するよう
設計されています。純正インクとともに、純正用紙のご利用を是非お奨めいたします。


用紙選択のヒント!

第1回 用紙の違いについて 第2回 用紙のコーティングについて
  第3回 用紙の耐水性・耐光性について 第4回 用紙の新パッケージについて
第5回 用紙のサイズについて 第6回 用紙の特長について
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡