Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫ お問い合わせ

製品&サービス  >  RCS

HP RCS(Remote Client Solution)


HP RCS

HP CCI
HP MultiSeat Computing
HP Blade Workstation
ソリューション
ブレードPC
HP bc2200 Blade PC
HP bc2800 Blade PC
   
旧モデルの情報
   
シンクライアント
デスクトップ型
t5325
t5565
t5630w
t5570
t5570e
t5730w
t5740
t5740e
t5740ex
t5745
gt7720
   
ノート型
6360t
4320t
   
インターネットアプライアンス
t5740wi
   
旧モデルの情報
HP CCI SI Partner紹介
CCI パートナー
ソリューション
導入事例
イベント・セミナー
カタログ
マニュアル
ビジネスデスクトップ
デスクトップ向けモニター
新聞・雑誌広告
ギャラリー
製品のリサイクルに
ついて
サービス & サポート
ご購入”前”のお問合せ
ご購入”後”のお問合せ
日本HPサイトマップ
HP Converged Infrastructure
コンテンツに進む
ブレードPC/ワークステーションブレードで実現するリモート・クライアント・ソリューション

HP RCS

トップ
構成概要と
構築イメージ
導入のメリット

 HP RCSによるクライアント統合が企業とユーザの双方に多大な恩恵をもたらす

ブレードPC/ワークステーションブレードによる物理的な統合化、仮想化技術により、クライアント環境をデータセンターに集約。HP RCSは企業、ユーザ双方に多大なメリットをもたらします。
 セキュリティ
一元的なデータ保全とセキュリティ対策
RCSはウィルス対策、盗難、データの消失、不正行為などのセキュリティ問題、およびソフトウェア・ライセンスに対する不正利用など、現在のPCがかかえるリスクを軽減します。
  • 全てのクライアントに対し、IT管理者がタイムリーにセキュリティ・パッチの適用、ソフトウェア・ライセンスに対する不正利用を防止。一貫したバージョン管理と運用手順の確立が可能です。
  • 一元的なデータ・バックアップとリカバリ、及び、瞬時の障害復旧が可能です。
  • 機密性の高い情報が、ユーザ側に流動性の高いデジタル化されたデータとして散在化するリスクを排除。一元的なアクセス制御が、企業のセキュリティ・ポリシーの遂行をサポートします。
  • ソフトウェア・ライセンスの不正利用を防止します。
  • ユーザによるOS環境の大幅な変更や、独自のアプリケーション追加などを制限できるため、システムの不安定化を回避します。
セキュリティ

 アジャイル
アジリティ(俊敏性)の向上
変化する企業のニーズにITが敏速に対応できるように、RCSはシンプルで、柔軟なクライアント環境を提供します。
  • イメージファイルを各ブレードPCへ自動的に配布・インストールする管理ツールによって、作業工数を格段に削減します。
  • 各階層でシステムが二重化。自己回復機能を備えた、高度な耐障害性を実現するクライアント環境です。
  • ユーザとブレードPCが1対1の関係を保つシンプル設計。システム拡張時のキャパシティ計画を容易にします。
  • 複数のユーザがネットワークにアクセスした際も、ダイナミックアロケーションによってデータセンターの仮想PC環境を、必要なユーザへ動的に配分します。
アジャイル

 コストダウン
飛躍的なTCOの削減
RCSは、クライアント環境の集中的な運営・サポートによってTCOを飛躍的に削減し、さらに、省電力・省スペース化を実現します。
  • 集約化のメリットにより、従来のPC環境と比べて運用・管理コストが低減されます。
  • 「自動切替」や「自動再生」によりヘルプデスク業務や出張修理などの保守サポートの作業工数が削減されます。
  • データセンターの一元管理によるプロセスの標準化が可能です。
  • 省電力型のCPUを採用したブレードPCとシンクライアントにより、総電力の消費量、発熱量が削減されます。
コストダウン

 ユーザビリティ
高いユーザビリティを実現
データセンターで集中管理されることにより、一貫したサービス・レベルを実現するRCS。ネットワークにより共有化、仮想化されたクライアント環境のため、障害時にユーザが被るダウンタイムによる機会損失を軽減します。
  • IT管理者によるタイムリーなセキュリティ・パッチにより、ユーザ自身による作業負担を軽減します。
  • 万一の障害の際も、復旧のリードタイムが日単位から分単位に削減されます。
  • ユーザのプロファイルデータやファイルは仮想化されたストレージに一元的に格納、保持されるため、データ損失のリスクが軽減。さらに、耐障害性と障害復旧が強化されます。
  • Microsoft® RDPを備えたユーザ・アクセス(シンクライアント、PCなど)であれば、ネットワークを介しユーザはどこからでもブレードPCにアクセスすることが可能です。
  • 既存サーバベースド・コンピューティングとの融合が可能です。
  • 一旦セッションを切断し、別の場所から再接続することが可能。継続的な作業環境を維持することができます。
ユーザビリティ
このページのトップへ


戻る  

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡