Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  BladeSystem  >  c-Class  >  インターコネクト

HP BladeSystem c-Class 10/10Gb バーチャルコネクト Flex-10 イーサネットモジュール

製品&サービス

HP BladeSystem

HP ProLiant

キャンペーン

オンラインストア

製品カタログ

製品情報

技術情報

導入事例

サポート&サービス

販売店検索

旧製品情報

メールニュース配信

日本HPサイトマップ

 
コンテンツに進む
HP BladeSystem c-Class 10/10Gb バーチャルコネクト Flex-10 イーサネットモジュール イメージ
概要
モデル/オプション
仕様
システム構成
カタログ

概要説明

  HP BladeSystem c-Class 10/10Gb バーチャルコネクト Flex-10 イーサネットモジュールは、データ センタのネットワークを簡素化し、変化に柔軟に対応することが可能な、I/O仮想化テクノロジを実装したHP BladeSystem c-Class専用のイーサネットモジュールです。
従来は、サーバーブレードの増設・交換時には、LAN側のネットワーク機器の設定変更を行う必要がありましたが、本製品を導入することにより、サーバーブレードとLANを完全に切り離すことが可能となります。サーバー管理者が本製品の設定を変更するのみで、LAN側の設定変更が必要なくなります。従来はネットワーク管理者と話し合いを行い、数日間かかっていたサーバー構成の変更作業も、数分の作業で完了することが可能となります。
また、本製品では画期的なI/O分割テクノロジが実装されています。HP Flex-10テクノロジは、Flex-10対応の10GbEネットワークアダプタと組み合わせて使用することで、物理ポートを分割してポート数を増やすことが可能です。データ センタ ネットワークへのケーブル アップリンクを削減することによって、インフラコストの大幅な低減を実現します。

バーチャルコネクト Flex-10 イーサネットモジュールのフロント ベゼル 概要図
図1:バーチャル コネクトEthernetモジュールのフロント ベゼル
  1. モジュール ロケータUUID
  2. モジュール ステータス インジケータ
  3. 10Gb CX4バックライト式ポート番号およびステータス インジケータ
  4. 10Gb CX4リンク インジケータ
  5. リンク インジケータ
  1. リンク インジケータ
  2. アクティブ多重化ポート インジケータ
  3. バックライト式ポート番号およびステータス インジケータLED
  4. バックライト式ポート番号およびステータス インジケータLED
  5. アクティブ多重化ポート インジケータ

モデル

HP BladeSystem c-Class 10/10Gb バーチャルコネクト Flex-10 イーサネットモジュール 455880-B21
(販売終了)
HP BladeSystem c-Class バーチャルコネクト Flex-10 Enterprise Edition for c7000 591973-B21
注: バーチャルコネクト Flex-10 x 2、VCEM for c7000ライセンスのセット。VCEMには、 1年 24x7 テクニカルサポート & アップデート権付。

特長

性能

  • 10Gbダウンリンク(サーバー側) x 16ポート
  • 10Gb CX4 アップリンク(外部側) x 1ポート : モジュール間のスタッキング、または対抗スイッチへのアップリンク
  • 10Gb SFP+ アップリンク(外部側) x 8ポート
  • 10Gbクロスコネクト(隣接モジュール側) x 2ポート : 冗長化とスタッキングを実現
  • 仮想ネットワーク機能、仮想アドレス付与機能を提供
  • サーバー側10Gbイーサネットポート当たり、最大4枚のFlexNICを提供
    • 分割されたFlexNICは、サーバー・OSからは物理的なPCI-eデバイスとして認識
    • FlexNICの帯域は100Mbps〜10Gbpsまで管理者が自由に設定可能 (100Mbps単位)
  • ライン レート、フルデュプレックス240Gbpsブリッジング ファブリック
  • 1マクロ秒未満のレイテンシ
  • 最大9216バイトのMTU - ジャンボ フレーム
  • 最大8192個のMACアドレスおよび1000個のIGMPグループを設定可能
  • すべてのアップリンクで、VLANタギング機能、パススルー、リンクアグリゲーション機能を提供

管理

  • 各種管理を行うバーチャル コネクト マネージャ(VCM)はモジュールに内蔵
  • HTTPの安全でスクリプト可能なコマンド ライン インターフェース経由で使用可能
  • Onboard Administratorを利用して、簡単にセットアップ、管理可能
  • SNMP v.1、v.2対応により、管理と保守の負担を軽減
  • LDAP互換性により、ネットワーク・サーバー管理に役割ベースのセキュリティが使用可能
  • あらゆるアップリンクでのポート ミラーリングによって、ネットワーク アナライザによるネットワーク トラブルシューティングを提供
  • IGMPスヌーピングにより、ネットワーク トラフィックが最適化され、ストリーミング アプリケーションのようなマルチキャスト アプリケーションで使用される帯域幅を削減
  • サーバー側VLANタグを認識、指示
  • LANマネージャに対するパススルー デバイスとして動作
  • Virtual Connect サポートユーティリティ ver.1.5.0を使うことで、複数モジュールのファームウェアを遠隔アップデート可能

バーチャル コネクト サーバーのプロファイル

  • Flex-10対応のネットワークアダプタを、管理者が自由に設定した帯域幅でポート当たり最大4つのFlexNICを作成可能
  • FlexNIC当たり、100Mbps〜10Gbpsの通信速度を設定 (100Mbps単位)
  • サーバーの設置前にサーバーの接続を設定が可能で、設置作業を容易に
  • サーバーのネットワーク接続の移動、追加、変更を即座に実行可能
  • LAN/SAN管理者は、設定作業を一度行うことで、その後のサーバーの変更に伴う設定変更の作業が不要

その他

  • 10Gbpsだけでなく、1GbpsのサーバーNICも接続可能 (10GBASE-KX4規格を除く)
  • エンクロージャ内の複数のバーチャルコネクトイーサネットモジュールをスタッキングすることで、 サーバーのあらゆるイーサネットポートを任意のアップリンクに接続可能
  • バーチャル コネクトFCモジュールとの併用で、完全なLAN/SAN環境のバーチャル コネクト ソリューションを実現可能
  • モジュール間のスタッキングや、対抗スイッチへの接続用に、各種トランシーバやケーブルをご用意
    • CX4 銅線ケーブル:0.5m、1m、3m、15mの各モデル
    • SFP+規格のトランシーバ:SR、LR、LRMの各モジュール
    • 両端がSFP+トランシーバを備えた銅線ケーブル:0.5m、1m、3m、7m
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡