Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  BladeSystem  >  c-Class  >  メザニンカード

NC542m デュアルポート 10GbE ネットワークアダプター

製品&サービス

HP BladeSystem

HP ProLiant

キャンペーン

オンラインストア

製品カタログ

製品情報

技術情報

導入事例

サポート&サービス

販売店検索

旧製品情報

メールニュース配信

日本HPサイトマップ

 
コンテンツに進む
NC542m デュアルポート 10GbE ネットワークアダプター

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧
  ドライバー[英語]
  システム構成
  カタログ

概要

本製品は、HP BladeSystem c-Class対応の10Gbアダプターポートフォリオの最も新しく強力なメンバーです。HP NC542mは、Mellanox ConnectXファミリの最新バージョンをベースに、10GbEアダプターの中で最高の総スループットと最短のレイテンシを実現します。金融サービス、仮想化環境など、ミッションクリティカルなアプリケーションに最適なこのアダプターは、すべてのBladeSystem c-Class G6サーバーで機能します。NC542mを新しいProCurve 6120XGブレードスイッチと組み合わせると、サーバーエッジとネットワーク間の全範囲に及ぶ高帯域幅、高性能インターフェイスが生まれます。
HP NC542mデュアルポートFlex-10 10GbE BLcアダプター
HP NC542mデュアルポートFlex-10 10GbE BLcアダプター
このページのトップへ

特長

  • 高スループットと低レイテンシを実現する業界最高レベルの性能
  • すべてのG6 c-Classサーバーの、メザニンスロット1、2、または3(フルハイトサーバーの場合)またはスロット1および2(ハーフハイトサーバーの場合)でサポートされます。
  • G6以外のc-Classサーバーの、メザニンスロット2または3(フルハイトサーバーの場合)またはスロット2(ハーフハイトサーバーの場合)でサポートされます。
  • Type Iアダプター
  • Mellanox LLE(Low Latency Ethernet)テクノロジーをサポート
  • IEEE 802.1p QoS、802.3xフロー制御、および802.3ap 10GBase-KR
  • 9Kジャンボフレーム
  • 2個の10Gbポートにより、アダプター当たり最高40Gbの全二重速度を実現
  • HP独自のFlex-10テクノロジー*をサポート。10Gb Flex-10バーチャルコネクトモジュールと組み合わせた場合、このテクノロジーにより、各ポートで最大4個の「物理機能」NICに対して100Mb〜10Gb/秒の範囲で任意の帯域幅を設定できるようになります。
    * Flex-10のサポートは、ファームウェアアップデート(2010年末頃)で追加される予定です。
このページのトップへ

モデル

NC542m デュアルポート 10GbE ネットワークアダプター 539857-B21
注: ベイ3〜8(HP BladeSystem c7000エンクロージャーの場合)またはベイ3、4(HP BladeSystem c3000エンクロージャーの場合)の10Gbインターコネクトに接続されている各サーバーブレードにNC542mネットワークアダプターカードを搭載する必要があります。
注: NC532mは、2GB以上のサーバー メモリを必要とします。
注: NC542mは、Flex-10デバイスと接続されていない場合、1000Mb/秒または10000Mb/秒でのリンクをサポートします。1Gb Ethernetインターコネクトに接続されている場合、NC542mがサポートする速度は1000Mb/秒だけです。
このページのトップへ

キットの内容

  1. NC542mメザニンアダプター
  2. クイックインストールカード
  3. 製品保証書
  4. ドライバー、ユーザーガイド、およびユーティリティ(HPのWebサイトhttp://www.hp.com/ 「英語]から取得)
このページのトップへ

標準機能

HP ProLiant サーバー

各サーバーのシステム構成図を参照
http://h50146.www5.hp.com/products/servers/proliant/sh_system.html
このページのトップへ

パフォーマンス

デュアルポート10 Gigabit Ethernetスループット

ポート当たり20,000Mb/秒の全二重Ethernet転送速度(全二重で合計40Gb/秒)により、応答時間が短縮され、ボトルネックが解消されるため、次世代データセンターに必要な優れたネットワークパフォーマンスが実現します。NC542mは、最新のMellanox ConnectX -2 ENコントローラーを使用して、高帯域幅と低レイテンシを可能にし、業界最高レベルの性能を提供します。

HP BladeSystem c-Class 10/10GbバーチャルコネクトFlex-10イーサネットモジュール

本製品は、2010年末頃に提供予定のファームウェアアップデートによりFlex-10の完全な機能をサポートする予定です。

ジャンボフレーム

ジャンボフレーム(別名:拡張フレーム)の転送単位(MTU)は9Kバイトで、これは標準の1500バイトEthernetフレームの6倍です。本製品は、スループットとCPU利用効率の向上を実現する手段としてジャンボフレームをサポートしています。ジャンボフレームを使用することにより、高スループットとCPUの利用効率の向上を実現します。ジャンボフレームは、データベース転送やテープバックアップに最適です。

802.1p QoSタギング

IEEE QoS(Quality of Service)802.1pタギングにより、アダプターは、QoS対応のネットワーク全体にまたがってフレームに優先レベルのマーク(タグ)を付けることができるため、トラフィックフローが改善されます。

TCP/IPステートレスオフロード

システム全体の応答性能を向上させるために、標準的なTCP/IPステートレスオフロード技術がサポートされています。
  • TCP/IPチェックサムオフロード(TCO)は、TCPとIPのチェックサム計算をCPUからネットワークアダプターに移すことにより、CPUの負荷を軽減します。
  • LSO(Large Send Offload、TCPセグメンテーションオフロード(TSO)とも呼ばれます)により、TCPセグメンテーションをCPUではなくアダプターが処理できるようになります。

インタラプトコアレッセンス

インタラプトコアレッセンス(割り込み調停)は、複数のパケットをグループ化することでホストに対する割り込みの回数を減らす機能です。このプロセスにより、ホストの効率が最適化され、サーバーのCPUを他のタスクに使用できるようになります。

Receive-Side Scaling(RSS)

Receive-Side Scaling(RSS)は、ネットワークアダプターからの受信側のネットワーク負荷を複数のプロセッサーで分担できるようにすることで、1基のプロセッサーがシステム全体のボトルネックにならないようにします。

TOE

本製品は、TOEをサポートしません。

iSCSI

本製品は、高速iSCSIやiSCSIブートをサポートしません。

Low Latency Ethernet

Low Latency Ethernetは、レイヤー2 10GbEネットワーク経由で実現される効率的なRDMAトランスポートで、パフォーマンスを重視するアプリケーションや低レイテンシアプリケーションに向いています。LLEは、Mellanox社によって使用できるようになった時点でサポートされる予定です。
このページのトップへ

標準保証と保守サービス

この製品の標準保証は、1年間のパーツ保証です。ただし最大3年間、本製品が装着されている製品の保証の残余期間は保証されます。 HPは、HPの保証規定に基づき保証サービスを提供いたします。オプション製品やソフトウェア製品を含むお買い上の製品の詳しい保証内容と保証規定については以下のWebページをご覧ください。日本語による日本保証規定は、Japan:にあるJapanese(pdf)をご参照ください。 http://h18004.www1.hp.com/products/servers/platforms/warranty/ [英語]

標準保証のアップグレードには、HP Care Packハードウェアサービスをご用意しております。HP Care Packは製品本体の保証内容をお客様の希望される保守レベルにアップグレードするサービスです。豊富なサービスメニューで、お客様のビジネスニーズにお応えいたします。詳細は下記Webサイトをご参照ください。http://www.hp.com/jp/carepack/
このページのトップへ
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡