Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品 & サービス  >  サーバー & システム  >  HP Integrity NonStop サーバー  > テクノロジー

オープンなインターフェイス

HP Integrity NonStopサーバーの開発環境

HP Integrity NonStop サーバー

アドバンテージ
コンテンツに進む
システム担当者様が抱える悩みを解決!HP NonStopソリューションセミナー開催中!!

オープンなインターフェイス
HP Integrity NonStop サーバーは業界標準技術を積極的に採用し、オープンな環境で幅広く使用できるインターフェイスを提供しています。

UNIX/Linux互換インターフェイスのサポート

HP Integrity NonStop サーバーのインターフェイスはPOSIXに準拠しているため、UNIX/Linuxとの互換性が非常に高く、開発や運用に特別なスキルを必要としません。開発言語はC/C++, COBOL, JavaといったANSIやPOSIXに準拠した標準的な言語をサポートしており、開発者はそのAPIを使用してアプリケーションを開発するだけでフォールトトレランス機能を実装したアプリケーションを開発できます。

UNIX/LInux互換インターフェイス概要
図1:UNIX/LInux互換インターフェイス概要

HP Integrity NonStop サーバー上でサポートされるオープンな開発環境

HP Integrity NonStop サーバーでのアプリケーション開発には業界標準的に広く使われているオープンソースの開発環境であるEclipseや、Microsoft Visual Studio を利用できます。
それらにはクロスコンパイラを提供しており、HP Integrity NonStop サーバー用のアプリケーションをPC上でコンパイル、デバッグすることが可能です。そのため、開発者はHP Integrity NonStop サーバーを意識せずに開発することが出来ます。

PC上の開発環境利用の流れ
図2:PC上の開発環境利用の流れ

オープンソースである Java Open Frameworkの技術サポートを提供

HP Integrity NonStop サーバーはMPPアーキテクチャーを生かすため、OS、ミドルウェア、ソフトウェアに至るまでを自社で開発・提供しています。
さらにJavaのアプリケーション開発を効率的に行うために、オープンソースである Java Open Framework のいくつかに対してサポートを提供します。サポートするフレームワークは、以下の通りです。

  • Spring
  • Axis2
  • MyFaces
  • Hibernate

これらをHPとして検証し、動作確認したものについては障害時の支援を行ないます。
そうすることで、ハードウェアからソフトウェアまで一貫したサポートをHPで実現しています。

HP NonStop上でJavaフレームワークを利用する際のソフトウェアスタック
図3:HP NonStop上でJavaフレームワークを利用する際のソフトウェアスタック

HP NonStopソリューションセミナーでシステム担当者様が抱える問題解決策が体験できます!

日頃抱えている業務継続性に対する悩み・疑問を紐解いてみませんか。HP NonStopソリューションセミナーでは業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策を実体験していただきます。ぜひお申し込みください。

ご相談窓口

電話 電話
エンタープライズ向け製品の
ご購入前のご相談
03-5749-8328
09:00-19:00 (月曜−金曜)
10:00-17:00 (土曜)
※祝祭日と5月1日は除く
Webからのお問い合わせ Webサイト
各種製品・サービスの
ご購入について

※機器のお見積については、代理店、または弊社営業にご相談下さい。

ショールーム

ショールーム 導入をご検討のお客様へ
業務アプリケーションの継続・標準化・開発性とシステム担当者様、システム開発者様が抱える悩み・疑問に対する解決策実体験して頂けます。

Executive Briefing Center

≫ 来場予約(無料)

このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡