Jump to content
日本-日本語

災害対策のITインフラ選定、その落とし穴?

 お問い合わせ
Content starts here

災害対策においてITインフラを選定する際に、“落とし穴”があること、ご存知でしょうか?


RPO=0秒のシステム構成を構築する上で、ストレージによる同期やデータベースのレプリケーション機能によって複雑なシステム構成を組むことで実装は可能ですが、ビジネス的な観点から見合わないシステム費用になり、現実的とは言えません。しかし、インテル® Itanium® プロセッサー 9300番台搭載のHP Integrity NonStopサーバーであれば、可能になるのです。
インテル® Itanium® プロセッサー 9300番台搭載
インテル® Itanium® プロセッサー
 9300番台搭載

実際のデモを見ませんか?

災害対策のITインフラの落とし穴をもっと知りたい、なぜHPがRPO=0秒のシステム構成ができるのかを理解したい、現在ご利用されているシステムを今後どうすればいいのか情報収集したい ── など、お客様の未来への第一歩を、経験豊富なコンサルタントがお手伝いさせていただきます。

HP大島本社内に常設しています「Executive Briefing Center(EBC)」では、施設内にデーターセンターを併設し、HP製品のデモンストレーションを実機を交えながらご覧いただくことができる施設です。

ぜひご来場ください。

ご予約はこちら
Intel、インテル、Intelロゴ、Itanium、Itanium Inside、Xeon、Xeon Insideは、アメリカ合衆国およびその他の国におけるIntel Corporationの商標です。
ダイアログを開始する
ダイアログを閉じる

ITインフラ選定の“落とし穴”?


RPO=0秒のITインフラ ── ITインフラでの災害対策を構築する際、複数のデータセンター間でのデータ更新を行うDR(Disaster Recovery)構成を組むことが一般的です。データの正確性を重要とする基幹業務向けのITインフラの場合、そのデータセンター間でのリアルタイムでのデータ更新、つまりRPO(Recovery Point Objective:目標復旧地点)を0秒とするのが求められます。
データ更新手段は、ストレージによる同期やデータベースのレプリケーションなど様々な機能がありますが、そこに“落とし穴”があります。
ダイアログを閉じる ダイアログを終了する
ダイアログを開始する
ダイアログを閉じる

RPO=0秒のシステム構成解説


RPO=0秒のシステム構成を構築する上で、ストレージによる同期やデータベースのレプリケーション機能によって複雑なシステム構成を組むことで実装は可能ですが、ビジネス的な観点から見合わないシステム費用になり、現実的とは言えません。
しかし、インテル® Itanium® プロセッサー 9300番台搭載のHP Integrity NonStopサーバーであれば、可能になるのです。全トランザクションを一元管理し、更にはトランザクションをリアルタイムに複製する技術によって、費用の問題も、実装の問題も解決できるのです。
ダイアログを閉じる ダイアログを終了する
ダイアログを開始する
ダイアログを閉じる

実際のデモを見ませんか?


HP大島本社内に常設しています「Executive Briefing Center(EBC)」は、お客様に最適なITの実現による、ビジネス競争力向上を実現するための「レシピ」をお作りする空間として、お客様の課題を一緒に考え、解決に向かうプロセスをご用意しています。そのひとつとして、施設内にデーターセンターを併設し、HP製品のデモンストレーションを実機を交えながらご覧いただくことができます。RPO=0秒の仕組みを始め、HP Integrity NonStopサーバーのテクノロジーを実際のハードウェアで分かりやすくご紹介します。
災害対策のITインフラの落とし穴をもっと知りたい、なぜHPがRPO=0秒のシステム構成ができるのかを理解したい、現在ご利用されているシステムを今後どうすればいいのか情報収集したい ── など、お客様の未来への第一歩を、経験豊富なコンサルタントがお手伝いさせていただきますので、是非ご来場ください。

ご予約はこちら
ダイアログを閉じる ダイアログを終了する