Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品 & サービス  >  サーバー & システム  >  HP ProLiant サーバー  > アドバンテージ

節電時代のサーバー対策


<一歩進んだ節電対応>
サーバーの引っ越しとリモート管理 〜Onboard Administrator、iLO

製品&サービス

HP ProLiant

HP BladeSystem

HP ConvergedSystem

HP OneView

HP CloudSystem

HP Moonshot System

HP Apollo System

キャンペーン

オンラインストア

製品カタログ

Why HP ProLiant?

サーバー選定/構成

お客様事例

技術的な情報

サポート&サービス

販売店検索

旧製品情報

新着情報

メールニュース配信

販売特約店・販売店向け情報

日本HPサイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
Windows Server 2003をご利用のお客様を対象に、最新サーバーの導入を支援するキャンペーン実施中。
まるごとOneViewはじめて割キャンペーン実施中
コンテンツに進む
節電時代のサーバー対策 この度の東日本大震災により被害を受けられた皆様に、心よりお見舞い申し上げますと共に、一日も早い復旧をお祈り申し上げます。
今般の震災を受け、発電所が大きな打撃を受けたことから電力供給が制限される状況になっております。ITシステムにおいても、従来の電力コスト削減という視点だけでなく、節電機能により効率の良い電力消費を意識することが必須になります。
このシリーズでは、サーバーを始めとするIT機器をお使いの皆様が「今すぐにできる」節電の方法、また「オプション製品を追加してできる」効果的な電力削減の方法についてご紹介します。

サーバーを所有している Insight Controlライセンスを所有している

< 一歩進んだ節電対応 >
サーバーの引っ越しとリモート管理
〜Onboard Administrator、iLO

節電対応の一環として、サーバーをこれまでの設置場所と異なるところに移設するということも想定されます。
HP ProLiant サーバーに搭載するリモート管理機能は、このような状況であっても従来と同じレベルで運用管理を実現できるため、ネットワークさえつながっていれば設置場所を選びません。
本ページでは、HP ProLiant サーバーやHP BladeSystemにおいてリモート管理機能を有効にする手順をご紹介します。

HP ProLiant/HP BladeSystemのリモート管理機能とは?

HP ProLiantサーバーは、iLO (Integrated Lights-Out)と呼ばれる管理用プロセッサーを標準搭載しています。この管理プロセッサーは、サーバー本体のCPUとは独立して稼働しており、OS非依存でのリモート管理を実現します。
iLOにより、下記の機能を利用することができます。
  • 仮想KVM機能
    ネットワーク経由で、遠隔地のPC上のWebブラウザからサーバーのOS画面の表示、操作が可能です。OS非依存のためBIOS設定画面の操作が可能で、ブルースクリーン等、OSに異常が発生した時でも制御ができます
  • 仮想電源
    ネットワーク経由で遠隔地のサーバーの電源On/Offや、電源長押しによる強制シャットダウンが可能です。
  • 仮想メディア
    遠隔地のPCに搭載されたCD/DVD-ROMデバイスやISOファイルを、ネットワーク経由でサーバーに接続することができます。アプリケーションのインストールやパッチの適用、ファイルの転送に利用できるだけでなく、OSメディアからの起動も可能ですので、遠隔地からのOSインストールも可能です。
HP ProLiant/HP BladeSystemのリモート管理機能

HP BladeSystemなら、より高度なリモート管理が可能

HP BladeSystemは、サーバー、ストレージ、電源、ファン、ネットワーク機器をモジュール化し、エンクロージャーと呼ばれる筐体に搭載するモジュール型のサーバーです。
このエンクロージャーには、Onboard Administratorと呼ばれる管理モジュールを搭載しており、エンクロージャーに搭載される全てのモジュールを一元管理することができます。 HP BladeSystemのOnboard Administratorは、iLOの機能に加えて下記の機能を提供します。
  • エンクロージャービューによるGUIでの一括操作
  • 搭載するブレードサーバーの構成情報の管理
  • ユーザー認証によるセキュリティ設定
  • エンクロージャー全体の消費電力管理
HP BladeSystemは標準でiLO Standard Blade Editionが付属しているので、ライセンスの追加の必要なくリモート管理機能を利用することが可能です。

HP ProLiant/HP BladeSystemのリモート管理機能

必要なもの:

HP ProLiant サーバー (DL/MLライン)の場合
  • iLO搭載のHP ProLiant サーバー
  • HP Insight Control ライセンス または iLO Advanced ライセンス
HP BladeSystemの場合
  • HP ProLiant BLラインの全サーバー
    ※iLO Standard Blade Edition標準搭載のため、ライセンス追加は不要

HP Insight Control ライセンスについて:

サーバー管理ソフトウェア「HP Insight Control」はセットアップ、リモート制御、電力管理、ヘルス監視などを可能にするソフトウェアです。 このHP Insight Controlに含まれる「iLO Advanced」は、多くのHP ProLiant サーバーに標準で内蔵されている管理プロセッサー「iLO」の機能拡張を行うライセンスオプションです。HP BladeSystemにおいては、標準でリモート管理機能が有効化されており、ライセンス追加なしでご利用いただくことが可能です。

以下では、リモート管理機能を有効化する手順をご紹介します。
このページのトップへ

ラックマウント型サーバーでリモート管理機能を有効化する手順 (iLO)

iLOが搭載されたラックマウント型サーバーには、背面にiLO専用ポートが用意されています。
リモート管理はこのポートを経由して行いますので、LANケーブル (RJ-45)を利用してネットワークに接続してください。
iLO専用ポート
iLOに接続するためには、IPアドレスの設定とログインユーザーの設定が必要です。
BIOS画面で「F8」キーを押し、設定画面に移動します。
BIOS画面
iLOの設定画面の「Network」タブでIPアドレスの設定、「User」タブでログインユーザーのユーザー名/パスワードの設定を行います。
設定画面
Webブラウザを使用し、設定したIPアドレスへ接続します。
設定したユーザー名/パスワードを使用し、iLOへログインします。
ログイン画面
「管理」メニューから「ライセンス」を選択し、リモート管理機能を有効化するライセンスキーを入力します。
ライセンスキー入力
仮想KVMへのアクセスは、「リモートコンソール」メニューから、「起動」を選択することで起動することができます。
リモートコンソール

仮想KVM
このページのトップへ

ブレード型サーバーでリモート管理機能を有効化する手順 (Onboard Administrator)

HP BladeSystemの場合は、エンクロージャー背面に「Onboard Administrator」に接続するための管理ポートが用意されています。
このポートにLANケーブル(RJ-45)を利用して、ネットワークに接続してください。
Onboard AdministratorのIPアドレスは、ブレード前面のInsight Displayを使用して設定します。
Onboard Administratorポート
Onboard Administratorの初回ログイン時には、デフォルトのユーザー名/パスワードを利用します。エンクロージャーに付属のタグをご確認いただき、Onboard Administratorにログインしてください。
Onboard Administratorにログイン
各ブレードサーバーのリモート管理機能にアクセスするためのIPアドレスを設定します。
Onboard Administratorを利用することで、搭載される全てのブレードサーバーの管理用アドレス(iLOのアドレス)を一括で設定することが可能です。
IPアドレス設定
Onboard Administratorの管理画面上から操作したいブレードサーバーをマウスでクリックすることで、目的のサーバーを管理することができます。
操作したいブレードサーバーをマウスでクリック
「iLO」のリンクから、「内蔵リモートコンソール」を選択することで、リモート管理画面を起動することができます。
リモート管理画面を起動
このように、HP ProLiant及びHP BladeSystemのリモート管理機能を活用いただくことで、サーバーが設置されている場所を選ぶことなく、どこからでも管理を行うことができます。

さらにHP BladeSystemは、iLOで使用する管理ポートを集約し、Onboard Administratorから一元管理することで、エンクロージャー単位での優れたリモート管理機能を提供することができます。

サーバー設置場所の変更や遠隔地へのサーバー導入をご検討のお客様は、ぜひHP ProLiant/HP BladeSystemのリモート管理機能をご検討ください。

このページのトップへ

お問い合わせ

HP ProLiant サーバーに関するお問い合わせは、 弊社販売店、またはHP カスタマー・インフォメーションセンターまでお問い合わせください。その他実施中のキャンペーン情報はプレミアムモールをご覧ください。
HPカスタマーインフォメーションセンターの電話番号は03-5749-8291、平日午前9時から午後7時、土曜午前10時から午後6時、祝祭日、5月1日、年末年始など弊社指定の休業日は除きます。 お問い合わせ

≫ このページのトップへ

印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡