Jump to content 日本-日本語  
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ
製品 & サービス  >  サーバー & システム  >  HP ProLiant サーバー 

日本HPと日本マイクロソフト、
超大規模並列処理型 DWH アプライアンス製品と
BI機能特化型アプライアンス製品の提供を開始

- 競合他社の約 1/3 のコストで最大 500 テラバイトの処理が可能な DWH アプライアンス製品と セルフ サービス BI を実現する BI 機能特化型アプライアンス製品を提供 -
コンテンツに進む

製品&サービス

HP ProLiant

HP BladeSystem

HP ConvergedSystem
HP OneView
HP CloudSystem

HP Moonshot System

HP Apollo System

キャンペーン

オンラインストア

製品カタログ

Why HP ProLiant?

サーバー選定/構成

お客様事例

技術的な情報

サポート&サービス

販売店検索

旧製品情報

新着情報

メールニュース配信

販売特約店・販売店向け情報

日本HPサイトマップ

 
 

アナウンス - 2011年3月10日

日本ヒューレット・パッカード株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:小出 伸一、以下 日本HP) と日本マイクロソフト株式会社(本社:東京都港区、代表執行役 社長:樋口 泰行、以下 日本マイクロソフト)は、2011年3月10日(木)より、大規模 DWH(Data Warehouse)専用アプライアンス製品「HP Enterprise Data Warehouse Appliance」と、BI(Business Intelligence)機能に特化したアプライアンス製品「HP Business Decision Appliance」の提供を開始します。

「HP Enterprise Data Warehouse Appliance」は、MPP (超大規模並列処理) 技術を採用した SQL Server® の大規模 DWH 専用エディションである「Microsoft® SQL Server 2008 R2 Parallel Data Warehouse エディション」と、日本HPのx86サーバー「HP ProLiant サーバー」およびストレージ「HP StorageWorks P2000 G3 MSA ディスクアレイ(以下、HP StorageWorks P2000)」を組み合わせることにより、競合他社の DWH 用アプライアンス製品と比較して約 1/3(注1)の低コストで数百テラバイトを超える大量データの高速処理を可能にします。

(注1)2011年3月10日現在。処理可能なデータ量あたりの初期コストを競合他社製品と比較。

また、「HP Business Decision Appliance」は、HP ProLiant サーバーのパフォーマンスを最大化できるように最適化された Microsoft SQL Server 2008 R2 Enterprise エディションと Microsoft SharePoint® 2010がプリインストールされたアプライアンス製品であり、「セルフ サービス BI」(注2)を実現する「PowerPivot」機能により、企業内の誰もがデータを簡単に活用できるシステムを、短期間で構築することを可能にします。

日本HPと日本マイクロソフトは、これらのアプライアンス製品の提供にあたり、膨大なデータを全社員で活用することにより迅速な経営を目指すお客様を主な対象として、両社が連携してマーケティングや販売活動を行っていきます。

(注2)「セルフ サービス BI」は、マイクロソフトが提唱する概念であり、システム部門や専任担当者の協力を得ることなく、企業内の誰もが自分自身で自由に様々なデータを加工・分析できる理想的な状態を表します。SQL Server が提供する「PowerPivot」の機能により、ユーザーは、Microsoft Excel® や Web ブラウザーなどの誰もが簡単に利用できるツールを使って、セルフ サービス BI を行うことができます。


本日発表の新製品につきましては下記をご覧ください。

 HP Enterprise Data Warehouse Appliance
 HP Business Decision Appliance

関連情報につきましては下記をご覧ください。

 プレスリリース
 HP ProLiant
 このページのトップへ戻る

HP Enterprise Data Warehouse Appliance

  HP Enterprise Data Warehouse Appliance  
 

 HP Enterprise Data Warehouse Appliance

  • HP Enterprise Data Warehouse Appliance は、使用するハードウェアによって拡張性が制限される SMP 型とは異なり、コンピューター ノードをデータラック単位で追加することで容易にスケールアウトできるため、数テラバイト規模から数百テラバイトを超える規模の DWH までフレキシブルに構築できる SQL Server 2008 R2 Parallel Data Warehouse エディションを搭載しています。
  • MPP (超大規模並列処理) 技術によりクラスター化された複数のコンピューター ノードに分析処理を分散し、各ノードに搭載されたリソースを使って並列で実行するため、膨大なデータに対する検索処理をより高速に実行できます。
  • クラスター化による冗長化によって、ノードに障害が発生してもスペアのデータベース ノードにより処理を継続できるため、高い可用性を確保し意思決定の遅れを防ぐことができます。コンピューター ノードを構成するデータベース ノードには、HP ProLiant サーバーを、ストレージ ノードには HP StorageWorks P2000 といった業界標準のハードウェアを採用することにより、競合製品に比べ処理可能なデータ量あたりの初期コストを約 1/3 に抑えることを可能にしました。
  • ソフトウェアは CPU 数単位で課金するライセンス モデルを採用し、ユーザーからの接続を無制限で可能としているため将来接続ユーザーが増えた場合でも追加コストは発生しません。
製品詳細はこちら
 このページのトップへ戻る

HP Business Decision Appliance

  HP Business Decision Appliance  
 

 HP Business Decision Appliance

  • HP Business Decision Appliance は、SQL Server と SharePoint の組み合わせによってセルフ サービス BI を実現する PowerPivot 機能により、企業内の誰もが簡単にデータを利用できる BI 環境を迅速に構築することを可能にした、BI 機能特化型のアプライアンス製品です。
  • ユーザーは従来、サイジングのための事前検証や、SQL Server と SharePoint およびそれを搭載するハードウェアを別々に調達し、そのハードウェアに最適なパフォーマンスを引き出すためのパフォーマンス チューニングに多大な時間を要していましたが、HP Business Decision Appliances では、HP ProLiant 用にチューニング済の SQL Server と SharePoint がサーバー ハードウェアにあらかじめインストールされた状態で出荷されるため、ユーザーは検証作業、システム構築作業を行うことなく、全社員が利用しても最高のパフォーマンスを提供できる BI 環境を構築することが可能になります。
製品詳細はこちら
 このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡