Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバ

ITファシリティソリューション

サーバコンソリデートソリューション

HP ProLiant サーバ

ITファシリティソリューション
Why "HP+NTTファシリティーズ"?
  こんなことに困っていませんか?
  ソリューション
  キャンペーン情報
  お問い合わせ
News release(English)
NTTファシリティーズ
HP BladeSystem
ページ案内
  日本HPサイトマップ
無料アセスメントサービス実施中! お客様のITシステムのファシリティ簡易診断
コンテンツに進む
耐震ソリューション

サーバ台数の増加


分散サーバの課題


ビジネスの成長や業務の拡張に合わせて、サーバを追加することでパフォーマンス向上を図ってきたITシステムでは、各グループに分散された数多くのサーバをトラブル無く運用するために、多くの運用・管理コストがかかってしまいがちです。業務ごとに個別最適したシステムになっているため、その結果、「複雑で全体が見えない」 「リソースの固定化」「バラバラな運用管理とサービスレベル」「維持管理・コストの増大」「情報共有が困難」などの問題が生じ、柔軟な変化を阻害しています。
ITファシリティソリューション
サーバコンソリデートソリューション
  電源ソリューション
  空調システムソリューション
  耐震ソリューション
  雷害・EMCソリューション
  セキュリティソリューション

典型的なITシステムの現状=垂直統合のため、サーバの利用率に無駄。また管理コストもそれぞれに発生

課題解決のポイント


このような分散した複数のサーバを、一箇所に統合し、台数・保守・管理コストを削減することが、サーバコンソリデーションです。統合によって全体を最適化することで、シンプルで全体の可視化が可能になり、効率的なリソース提供、運用管理とサービスレベルの標準化が実現できます。その結果、IT投資が最適化され、より競争力のあるシステム刷新への投資が可能になります。
   
  あるべき姿=割り当てを柔軟に変更することで、リソースを有効活用。管理コストも集中化により削減。

コンソリデーションに最適なブレードシステムアーキテクチャ


サーバコンソリデーションを実現するためにもっとも適したプラットフォームがブレードです。HPのブレードが提供する業界標準のモジュール型コンポーネントおよび一貫した管理、導入インタフェースとプロセスの採用により、優れた柔軟性を維持しながらコストを低く抑えることを実現いたします。省スペース性に優れ、高いパフォーマンスを備えるHP ProLiant BLは、こうしたサーバコンソリデーションに最適です。
   
  コンソリデーションに最適なブレードシステムアーキテクチャ

投資対効果を向上させる技術とソリューション


サーバコンソリデーションを行うことで、管理コストの低減や物理的なセキュリティ対策は容易になりますが、その一方少ないシステム管理者がより大量のサーバを管理することになります。すなわちサーバ統合といっても、設置されているサーバを集めるだけでなく、集中管理に適したソリューションが必要です。HP ProLiant BLでは、導入から運用・メンテナンス・増設といったサーバのライフサイクルを通じて、ユーザーの立場に立った集中管理ソリューションを提供しています。

充実したマネジメントツールにより、サーバ導入や運用の負担を大幅に軽減


■Rapid Deployment パック
従来IT管理者が行なっていたサーバ設置作業をはじめ、各種ハードウエアの設定、OSやアプリケーションのインストールなどを自動化。また、スケジュール機能によりサーバリソースの最適配分も行え、台数削減はもちろん、管理費などのランニングコストの削減にもつながります。
   
  Rapid Deployment パック

■HP Systems Insight Manager
ハードウェア プラットフォーム間および主要オペレーティング システム間で共通の総合的な管理を実現。障害や構成、パフォーマンスの監視機能をグラフィカルに提供。

■Performance Management Pack
ハードウェアのボトルネックの検出・分析など,サーバシステムのパフォーマンス監視が可能。ボトルネックの発生を事前に検出するための情報を収集したり、既存のパフォーマンスの問題をデバッグしたりするためのツールを提供。

■内蔵Lights-Out
遠隔地にあるクライアントからシステムをグラフィカルにリモート管理するテクノロジ。リモート操作用CPUが独立して動作するためOS停止時やBIOSの設定にも利用できる。

モジュール型で拡張性の高いエンクロージャ、電源


将来の更新をあらかじめ想定し、エンクロージャはもちろん、インターコネクト、電源などのコンポーネントを設計。ブレード型サーバのモデルや世代が変わっても,コンポーネントはそのまま利用可能。

ネットワークや電源のケーブルも統合


タワー型やラックマウント型ではあたりまえだった大量のケーブルも、HP ProLiant BLではきわめてシンプル。例えば最大32のネットワーク接続もサーバエンクロージャあたり1本のケーブルに統合可能。サーバブレードの接続もケーブルレスで行なえ、煩雑なケーブル接続作業を大幅に軽減。

電源の効率化


交流⇔直流の変換回数が少ないため、消費電力や発熱量の低減、故障率の低下につながることから注目を集めているデータセンターやマシンルームの直流電源化にも、HP ProLiant BLはいち早く対応。HP ProLiant BLはDC電源での利用を前提に設計されており、交流から直流への変換回数が1回で済むため、このような直流電源化ソリューションにも最適なサーバです。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡