Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバー  >  サーバー オプション

HP IPコンソールスイッチ G2 仮想メディア機能付

製品&サービス

HP ProLiant

HP BladeSystem

HP ConvergedSystem
HP OneView
HP CloudSystem

HP Moonshot System

キャンペーン

オンラインストア

製品カタログ

Why HP ProLiant?

サーバー選定/構成

お客様事例

技術的な情報

サポート&サービス

販売店検索

旧製品情報

新着情報

メールニュース配信

販売特約店・販売店向け情報

日本HPサイトマップ

 
コンテンツに進む

製品情報/QuickSpecs

  Showcase 仕様一覧
Viewerダウンロード システム構成
カタログ
サポート & ドライバー
IPコンソールスイッチ G2(1x1Ex8)仮想メディア機能付
IPコンソールスイッチ G2(2x1Ex16)仮想メディア機能付
IPコンソールスイッチ G2(4x1Ex32)仮想メディア機能付

概要

HPのIPコンソールスイッチG2は、仮想メディアとCommon Access Card(CAC)の機能を備え、IP Viewerソフトウェアと連携してさまざまなオペレーティングシステムが稼動する複数のサーバーへのリモートアクセスを可能にする、異種データセンター管理のキーコンポーネントです。仮想メディア機能を使用すると、データセンターやリモートオフィス内にある接続中のサーバーにリムーバブルドライブまたはISOイメージをリモートでマッピングして、ソフトウェアのインストールやアップグレードを実行できます。また、このコンソールの直感的なユーザーインターフェイスを使用して、ローカルコンソールから、設定、仮想メディア、表示、さらにはセキュリティ、アップグレードなどのメニューを利用できます。「CAC」は「Common Access Card」の略語で、「スマートカード」とも呼ばれます。CACを使用すると、公共機関の職員や企業の社員は、そのネットワークアクセス情報をクレジットカードの半分ほどの大きさのカードにすべて保存できます。保存したデータは、外付けのUSBリーダーで読み取るかまたはPC/サーバーのポートに接続して読み取ることができます。Redbirdアプライアンスは、USB CCID Generic Smart Card/CACデータの読み取りとユーザーのステーション(ローカルまたはリモート)からエンドサーバーへの転送のサポートを追加します。

カスケード環境では、管理者は、仮想メディアおよびCAC対応HP IPコンソールスイッチG2を使用して、1つのコンソールから2つの階層またがる最大1024台のサーバーを管理できます。仮想メディア対応の別のHPサーバーコンソールスイッチと組み合わせて階層化すると、アプリケーションのインストールファイルやアップグレードファイルを1つのコンソールから2つの階層内のいずれかにある任意のサーバーに到達させることができます。

HP IPコンソールスイッチG2仮想メディア機能付は、仮想メディアをサポートしない、Cat5ベースのすべてのHPサーバーコンソールスイッチおよびインターフェイスアダプターと下位互換性があります。

HP IPコンソールスイッチを標準の方法でラックにマウントすると、フロントパネルのラックスペースのうち1U(4.4cm)分が占有されます。ただし、ラックのサイドレールにマウントするか、またはHP 1Uラックマウント型キーボードあるいは1UのTFT7600ラックマウント型キーボード/モニターの背後にマウントすることにより、「0U」形状でマウントすることもできます。
  HP IPコンソールスイッチ G2 (1x1Ex8) 仮想メディア機能付
  HP IPコンソールスイッチ G2 (1x1Ex8) 仮想メディア機能付
 
  1. 電源およびステータス インジケーターLED
  2. LAN1
  3. LAN2
  4. S1、S2、およびS3(将来使用予約)
  5. カスケード接続専用ポート
  6. RJ-45シリアルセットアップポート
  1. ローカルコンソールVGA
  2. ローカルコンソールUSBポート
  3. ターゲットデバイスポート(1〜4)
  4. ターゲットデバイスポート(5〜8)
  5. 電源コネクターAおよびB
  HP IPコンソールスイッチ G2 (2x1Ex16または4x1Ex32) 仮想メディア機能付
  HP IPコンソールスイッチ G2 (2x1Ex16または4x1Ex32) 仮想メディア機能付
 
  1. 電源およびステータス インジケーターLED
  2. LAN 2およびLAN 2
  3. S1、S2、およびS3(将来使用予約)
  4. カスケード接続専用ポート
  5. RJ-45シリアルセットアップポート
  1. ローカルコンソールVGA
  2. ローカルコンソールUSBポート
  3. ターゲットデバイスポート(1〜16)
  4. ターゲットデバイスポート(7〜32)
  5. 電源コネクターAおよびB

モデル

HP IPコンソールスイッチG2

IPコンソールスイッチ G2 (1x1Ex8) 仮想メディア機能付 AF620A
IPコンソールスイッチ G2 (2x1Ex16) 仮想メディア機能付 AF621A
IPコンソールスイッチ G2 (4x1Ex32) 仮想メディア機能付 AF622A

特長

  • ターゲットサーバーポート数の増大:
    • 1台のスイッチで最大32個のターゲットサーバーポートが提供されるため柔軟性が向上します。
  • ビデオサポートの改善:
    • 新しいビデオ圧縮技術により、リモートセッションの性能を低下させることなく1600×1200(@60Hzリフレッシュレート)または1680×1050(@60Hzリフレッシュレート)16ビットカラーを利用できるようになります。
    • 高解像度設定で、接続できるケーブルの長さが延長されました。
  • セキュリティの向上:
    • サーバーに対するCACサポート
    • デュアルスタックIPv6とIPv6アドレスのステートレス自動設定
    • リモートセッションで、キーボ―ド、ビデオ、マウス、および仮想メディアの動作が128ビットSSL、AES、DES、またはDES3を使用して完全に暗号化されます。
    • データセンターへのリモートコンソールセッションを、他のリモートユーザーと共有できます。管理者は、セキュリティ対策のために、ステルスモードを使用してリモートセッションを秘密裏に監視することもできます。
  • LDAP内蔵:
    • LDAPを使用したMicrosoft Active Directory統合が標準装備されています。
    • LDAPを導入しない構成では、スイッチ上のローカルセキュリティデータベースも使用できます。
  • リモートおよびローカル仮想メディア:
    • 管理者は、ワークステーション上のローカルメディアをデータセンターやリモートオフィスのリモートサーバーにマッピングして、アプリケーションのインストールやアップグレードを簡単に行うことができます。
    • 仮想メディアおよびCAC対応HP IPコンソールスイッチG2に、USB CD-ROM、USB DVD、USBディスケットドライブ、またはUSBキーを直接接続して接続中のサーバーにマッピングできます。
    • ローカルでHP 1Uラックマウント型キーボード(USB対応)またはHP TFT7600 RKMと組み合わせて使用すると、USBドライブをキーボードのフロントUSBポートに接続できるため使いやすさがアップします。
    • 仮想メディアのサポートには、仮想メディアインターフェイスアダプターを使用する必要があります。
  • 仮想メディアインターフェイスアダプター、CAC対応:
    • 新しいインターフェイスアダプターは、仮想メディアをサポートし、ProLiantサーバーでCACを使用できるようにします。
    • 仮想メディアインターフェイスアダプターは、USB 2.0(仮想メディア対応)、USB1.1 (フルスピードマウス、キーボード) をサポートします。
  • カスケード接続のサポート:
    • 2層のカスケード接続を利用でき、最大1024台のサーバーをサポートできます。すべての層が仮想メディア互換のコンソールスイッチとインターフェイスアダプターで構成される場合、仮想メディアを任意の層のサーバーにマッピングできます。
  • IP Viewer 4.1ソフトウェア:
    • 仮想メディア対応HP IPコンソールスイッチG2、仮想メディア対応HP サーバーコンソールスイッチG2、、および従来のCat5ベースHP IPコンソールスイッチをサポートします。
    • リモート仮想メディアセッションのサポート
    • WindowsおよびLinuxクライアントと互換性があります。
    • ターゲットサーバーにソフトウェアをインストールする必要はありません。

対象となる用途および市場

HPコンソールスイッチ製品ファミリは、ネットワーク管理者、システム管理者、エンジニアリングマネージャー、情報担当責任者、情報システム管理者などに特に役立ちます。
  • 24時間×7日間稼動のデータセンター - 担当者が配置されているデータセンターでは、HP IPコンソールスイッチを使用することで、サーバーへのアクセスレベルを低下させることなく、コンピュータールームの担当者の数を減らすことができます。技術者は、そのデスク上またはブース内にあるローカルワークステーションにIP Viewerソフトウェアをロードし、LAN/WAN接続経由でコンピュータールームのサーバーにアクセスできます。
  • 担当者が配置されているリモートサイト - HP IPコンソールスイッチを使用すると、LANまたはWAN経由でローカルのKVM機能にアクセスできます。リモートユーザーは、ローカルコンソールの前にいる場合と同じように、サーバーにアクセスして操作できます。
  • 異機種環境 - HP IPコンソールスイッチは、標準のPS/2またはUSB KVM接続を備えるあらゆる種類のサーバーに接続されます。これには、BladeSystemやシリアルデバイスも含まれます。(注1)

機能

新機能:
  • Common Access Card(CAC)サポート
  • シリアル接続(エミュレーションではない)
  • DVDサポート
  • ローカルポートで最大1600×1200のビデオ解像度をサポート
    • ワイドスクリーン ビデオ サポート モードには、1680×1050、1440×900、1280×800、1024×640、800×500が含まれます。
  • 1個のローカルポートと1個のタイヤリングポート
    • デジタルアプライアンスでは、「ローカルポート」は、1つのタイヤリング接続と1つのローカルKVM接続を意味します。2つのポートは互いに独立します(優先権や共有はありません)
  • 仮想メディア(VM)のサポート。また、カスケード接続専用ポートを介した最大2層(ベースレベルと1つ下のレベル)のカスケード接続をサポート
  • 既存のITFCサーバーモジュールをサポート(下位互換性)
  • デュアルスタックIPv6とIPv6アドレスのステートレス自動設定
  • 仮想メディア経由でのDVD-ROMデータのサポート
  • Syslogのサポート
  • BladeSystem c-Classサーバーをサポートするための、BladeSystem c-Class KVMインターフェイスアダプター
標準機能:
  • 4x1Ex32モデルは、最大6人のユーザーをサポートします。内訳は、リモートユーザーが4人、ローカルユーザーが1人、およびカスケード接続ユーザーが1人です。2x1Ex16モデルは、最大4人のユーザーを同時にサポートします。内訳は、リモートユーザーが2人、ローカルユーザーが1人、およびカスケード接続ユーザーが1人です。 (注:  KVMサーバーコンソールスイッチG2にカスケードした場合のみ、カスケード接続ユーザーをサポートします。)
  • フルリモートKVM機能 - ローカルでの制御とほとんど変わらない性能での、サーバーおよびシリアル接続されたデバイスのリモートKVM制御
  • リモート仮想メディア - 仮想メディアインターフェイスアダプターと組み合わせて使用する場合、LANまたはWAN上の任意の位置から、ソフトウェアやファームウェアを簡単にロードおよび更新できます。
  • iLOとの互換性 - IP Viewerソフトウェアから、直接、簡単にリモートKVMとiLOセッションを切り替え
  • ローカル コンソール ユーザー インターフェイス - コンソールモニター上にシステム関連のすべての情報を表示。リモートのオンボードWebインターフェイス(OBWI)と同じ概観と操作性
  • プログラマブルスキャンニング - システム内の任意またはすべてのコンピューターを連続的にスキャンすることにより、システムのパフォーマンスを評価できます。この機能では、ユーザーが、スキャン対象のコンピューターや接続時間を設定できます。
  • コンフィギュレーションNVRAM - NVRAM(不揮発性RAM)によって、キーボードから入力されるコマンドを使用したコンフィギュレーション情報の設定が簡単になります。設定されたコンフィギュレーション情報は、ユーザーが変更するまでNVRAMに保存され、装置の電源が切られても失われることはありません。
  • パスワードによる保護 - 権限のないユーザーからシステムを保護するために、スイッチボックスでは、ローカルパスワードオプションが提供され、セキュリティが保護されます。また、個々のユーザーの認証やリモートユーザーのアクセス権限の設定も可能です。
  • スイッチファームウェアの更新 - スイッチのアプリケーションコードは、フラッシュROMを介して迅速かつ簡単に更新できます。更新は、バージョン3.0以降のIP Viewerソフトウェアを使用して、LAN経由でリモートで行うことができます。
  • 空間を節約する複数の0U取り付け方式 -
    • ラック背面へのマウント - HPコンソールスイッチは、スイッチに付属のスライドレールを使用してHP 1Uラックマウント型キーボードまたはTFT7600ラックマウント型キーボード/モニターの背面にマウントできます。
    • 側面へのマウント - ラック側面へのマウントに対応しているラックキャビネットでは、ユニットを側面にマウントするためのレールが用意されています。
  • PS2仮想メディアインターフェイスアダプターは、PS2のマウス/キーボード接続と仮想メディア用のUSBポートを備えるサーバーをサポートします。仮想メディアを使用する場合は、このインターフェイスアダプターの使用をおすすめします。
  • USB仮想メディアインターフェイスアダプターは、Microsoft Windowsを実行するIntegrityサーバーなど、PS2のマウス/キーボード接続を使用できないサーバーをサポートします。
    • AF629Aの仮想メディアインターフェイスアダプターで、USB 2.0(仮想メディア)、USB1.1(マウス、キーボード)(フルスピード) プロトコルがサポートされます。AF624Aの仮想メディアインターフェイスアダプターで、USB 1.1(フルスピード) プロトコルがサポートされます。
    • システムは、AF603AおよびAF604Aもサポートします。
  • 仮想メディアが不要な場合の、インターフェイスアダプターを使用したさまざまなサーバー接続のサポート
    • PS/2
    • USBマウスおよびキーボード
    • VT100シリアルコンソールのサポート(エミュレーションではありません)
    • フロント診断コネクターによるBladeSystemのサポート
  • 次の入力デバイスは、仮想メディアおよびCAC対応HP IPコンソールスイッチG2にUSBメディアをローカルで接続するための、便利なフロントUSBパススルーポートを提供します。
    • HP 1Uラックマウント型キーボード(USB対応)
    • HP TFT7600ラックマウント型キーボード/モニター
注:詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/kvm [英語]を参照してください。

カスケード構成

カスケード接続(「タイヤリング」とも呼ばれます)とは、ピラミッドのように1台のスイッチを頂点にしてその下に1台以上のスイッチを接続する機能のことです。スイッチをカスケード接続すると、管理者は、1つのローカルまたはリモートコンソールから多数のサーバーにアクセスできます。仮想メディア対応HP IPコンソールスイッチG2は、特定の条件下で最大2層のタイヤリングをサポートします。
  • HP IPコンソールスイッチG2は、カスケード構成の第2層に配置できるようになりました。(注: 第1層にKVMサーバーコンソールスイッチ G2 仮想メディア機能付の配置が必須)
  • HP IPコンソールスイッチG2は、上側のスイッチのサーバーポートからその下のスイッチのカスケード(タイヤリング)専用ポートにCat5ケーブルを接続して、仮想メディア対応のHP KVMサーバーコンソールスイッチまたはCat5ベースの任意のHP KVMサーバーコンソールスイッチとカスケード接続できます。HP KVMサーバーコンソールスイッチのカスケード接続にはインターフェイスアダプターは不要です。
  • サーバーが仮想メディア対応のHP KVMサーバーコンソールスイッチに仮想メディアインターフェイスアダプターを使用して接続されていれば、どの階層にあるサーバーにも仮想メディアをマッピングできます。仮想メディア操作を行うには、仮想メディア対応HPコンソールスイッチに仮想メディアインターフェイスアダプターを接続する必要があります。
  • HP IPコンソールスイッチG2は、Cat5ベースの従来のHPサーバーコンソールスイッチの下にはカスケード接続できません。
  • カスケード接続されているHP KVMサーバーコンソールスイッチG2仮想メディア機能付および接続されているすべてのインターフェイスアダプターのファームウェアをアップグレードするには、カスケード接続されたHP KVMサーバーコンソールスイッチG2のオンボードWebインターフェイス(OBWI)に接続する必要があります。
注:HPサーバーコンソールスイッチのカスケード接続について詳しくは、ラックオプション編のシステム構成図を参照してください。

  仮想メディア対応PS2インターフェイスアダプター(製品番号:AF624A)
  仮想メディア対応PS2インターフェイスアダプター(製品番号:AF624A)
  1. ビデオコネクター
  2. マウスコネクター
  3. キーボードコネクター
  1. USBコネクター(仮想メディア専用)
  2. RJ-45コネクター
   
  仮想メディア対応USBインターフェイスアダプター(製品番号:AF629A)
  仮想メディア対応USBインターフェイスアダプター(製品番号:AF629A)
 
  1. ビデオコネクター
  2. USBコネクター
  1. RJ-45コネクター

KVMのサポート

HP ProLiantサーバーのサポート

オペレーティングシステムの種類を問わず、すべてのHP ProLiantサーバーがすべてのHP IPコンソールスイッチでサポートされます。

シリアル管理されているサーバーやデバイスのサポートには、HPシリアルコンソールサーバーが使用される場合もあります。

仮想メディアを使用する場合のKVMサポート(仮想メディアインターフェイスアダプターが必要です)

仮想メディア使用のためのHP ProLiantサーバーサポート

USBストレージデバイスおよびUSBドライブキーをサポートでき、Microsoft Windows 2003以降、Red Hat 4以降、またはSLES 10以降が稼動できるすべてのHP ProLiantサーバーがサポートされます。仮想メディアインターフェイスアダプターを仮想メディア対応HPコンソールスイッチに接続して使用する必要があります。
注: 一部のハードウェア構成やオペレーティングシステムでは、仮想メディアの転送速度がUSB 1.1の速度に限定されることがあります。
注: USBサポートについて詳しくは、HPのWebサイトhttp://h18004.www1.hp.com/products/servers/platforms/usb-support.html [英語]を参照してください。

保証

3年間のパーツ保証が備わっております。(3-0-0)

注: HP Care packサービスについて詳しくは、世界各地にあるHPのサービス窓口またはHP製品販売店にお問い合わせいただくか、またはHPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/carepackを参照してください。
注: HPのサービス製品について詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/jp/servicesを参照してください。

関連オプション

仮想メディア対応インターフェイスアダプター

仮想メディアおよびCAC対応HP KVMコンソールUSBインターフェイスアダプター AF629A
仮想メディア対応PS2インターフェイスアダプター AF624A
注: サーバー上にPS/2のマウスおよびキーボード接続ならびにUSBポートが1個必要です。

シリアル接続用インターフェイスアダプター

シリアルインターフェイスアダプター
注: VT100シリアル(エミュレーションではありません)
AF625A

仮想メディア対応USB 2.0インターフェイスアダプター(HP Integrityサーバー用)

仮想メディア対応PS2インターフェイスアダプター
注: サーバー上にPS/2のマウスおよびキーボード接続ならびにUSBポートが1個必要です。
AF604A

CAT5eケーブル

IPコンソールスイッチ用インターフェイスアダプター1本パック 262588-B21
IPコンソールスイッチ用インターフェイスアダプター8本パック 262587-B21
コンソールスイッチ用USBインターフェイスアダプター AF628A
BladeSystem c-Class KVM Interface Adapter - 1 pack
注: HP BladeSystems c-Class製品のみをサポートします。
AF605A
BladeSystem CAT5 KVMインターフェイスアダプター
注: HP BladeSystems p-Class製品のみをサポートします。
AF100A
シリアルインターフェイスアダプター
注: VT100端末エミュレーション
373035-B21

CAT5eケーブル

CAT5e Cable 3', 4 pack 263474-B21
IPコンソールスイッチ用CT5 6フィートケーブル8本パック 263474-B22
IPコンソールスイッチ用CT5 12フィートケーブル8本パック 263474-B23
CAT5e Cable 20', 4 pack 263474-B24
IPコンソールスイッチ用CT5 40フィートケーブル1本パック 263474-B25
注1: HP IPコンソールスイッチ G2を他社製サーバー機器と接続している場合、IPコンソールスイッチの保証期間中は部品保証を提供させて頂きます。他社サーバー機器との接続動作については保証をいたしかねます。
注: 本書の内容は、将来予告なしに変更されることがあります。本書の内容は、そのままの状態で提供されるもので、いかなる保証も含みません。
注: HP製品およびサービスに対する保証については、当該製品およびサービスの保証規定書に記載されています。
注: 本書のいかなる内容も、新たな保証を追加するものではありません。本書の内容につきましては万全を期しておりますが、本書中の技術的あるいは校正上の誤り、省略に対して、責任を負いかねますのでご了承ください。
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡