Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバー  >  サーバーストレージ

HP SmartアレイP411コントローラー

製品&サービス

HP ProLiant

HP BladeSystem

HP ConvergedSystem
HP OneView
HP CloudSystem

HP Moonshot System

キャンペーン

オンラインストア

製品カタログ

Why HP ProLiant?

サーバー選定/構成

お客様事例

技術的な情報

サポート&サービス

販売店検索

旧製品情報

新着情報

メールニュース配信

販売特約店・販売店向け情報

日本HPサイトマップ

 
コンテンツに進む
製品画像

製品情報/QuickSpecs

 
  概要説明 保証/サービス
  仕様一覧   ドライバー & ソフトウェア
  システム構成   カタログ
 

HP SmartアレイP411コントローラー

HP SmartアレイP411は、HPの外部接続専用のPCI Express 2.0(PCIe)Serial Attached SCSI(SAS)RAIDコントローラーです。このロープロファイル(ハーフハイト)のカードは外部に4ポートコネクタを2つ、合計8つのポートを備えています。P411は標準でRAID 0、1、1+0をサポートし、フラッシュバック式ライトキャッシュ(FBWC)またはバッテリバックアップ式ライトキャッシュ(BBWC)使用によりRAID 5および5+0対応に、さらにSmartArrayAdvanced Pack(SAAP)ライセンスキーによってRAID 6(ADG)、6+0 にアップグレードできます。
製品イメージ

モデル

HP SmartアレイP411コントローラー

HP Smartアレイ P411/512 FBWCコントローラー 578229-B21
HP Smartアレイ P411/1G FBWCコントローラー 572531-B21
HP Smartアレイ P411/256 コントローラー 462830-B21
HP Smartアレイ P411/512 BBWCコントローラー 462832-B21

アップグレード オプション

オプションのアップグレード

HP Smartアレイ 512MB フラッシュバック式ライトキャッシュ(FBWC) 534916-B21
注: P410のファームウェアバージョンが2.74以降の場合に利用可能。他のキャッシュが取り付け済みの場合は取り外して交換となります。
HP Smartアレイ 1GB フラッシュバック式ライトキャッシュ(FBWC) 534562-B21
注: P410のファームウェアバージョンが2.74以降の場合に利用可能。他のキャッシュが取り付け済みの場合は取り外して交換となります。
HP Smartアレイ 512MB BBWCキット 462967-B21
注: 256MBキャッシュ付きからアップグレードする場合は、搭載済みキャッシュを取り外して交換する必要があります。
HP Smartアレイ BBWC用バッテリ(650mAh) 462969-B21
HP Smart Array Advanced Pack (SAAP) 516471-B21
注: 機能を有効にするには、ライセンスキー、256MB以上のキャッシュが必要です。
詳しくは、HPのWebサイトhttp://www.hp.com/go/saap(英語)を参照してください。

製品のハイライト

Smartアレイの利点

HPのSmartアレイ ファミリ製品の革新的なデザインと統合化によって、お客様に比類のない価値を提供します。Smartアレイ製品を豊富なユーティリティ類とともに使用することによって、TCO(維持管理費)を大幅に削減することができます。HP Smartアレイ ファミリは、以下の利点によって、投資に対する回収を最大限にすることができます。
Smartアレイ コントローラーのすべてのモデル間でデータの互換性があるため、性能、容量、および可用性向上に対するニーズが発生した場合は、いつでも簡単にアップグレードできます。Smartアレイ コントローラーのすべての機種は、他のSmartアレイ コントローラーのデータ フォーマットを認識します。
一貫性のあるコンフィギュレーション/管理ツール。すべてのSmartアレイ製品は、とても見やすく分かりやすい管理およびユーティリティ ソフトウェアを使用しています。これらのツールによって、HP製サーバー ストレージの設置とメンテナンスに必要なトレーニングや技術の専門知識を減らし、TCO(維持管理費)を低減できます。
ユニバーサル ハード ドライブ フォーム ファクタは、複数のHP製サーバー、ディスク エンクロージャー、ストレージ システムにわたって使用するためのものです。多くのプラットフォーム間で互換性があるため、これらのドライブを自由に配備/再配備し、ストレージ容量を迅速に増やしたり、システム間でデータを移行したり、スペア ドライブを簡単に管理したりできます。
事前予防保証により、HP Insightマネージャを使用して、ドライブの障害が発生しつつある場合に通知を受けるだけでなく、実際に障害が発生する前にそのドライブを交換することができます。詳しくは、HPカスタマー センターに問い合わせるか、またはHP製サーバーのマニュアルを参照してください。

主な機能

  • SA-P411コントローラーはエキスパンダー接続にも対応し、最大100台のドライブをサポートします。
  • SA-P411コントローラーは、HP 60 Modular Smart Array、およびHP 70 Modular Smart Arrayをサポートします。
  • 6Gb/s SASテクノロジーによって、高性能と物理リンク当たり最大600MB/秒のデータ帯域幅を実現し、3Gb/s SATAテクノロジーとの互換性も持ち合わせています。
  • フラッシュバック式ライトキャッシュ(FBWC)またはバッテリ バックアップ式ライトキャッシュ(BBWC)付きモデルでは、RAID 5、5+0、アレイ拡張、論理ドライブ拡張、RAID移行、およびストライプ サイズ移行が可能になります。
  • さらに、Smart Array Advanced Packライセンス キーにより、RAID 6(ADG)、6+0、オフラインでのミラーの分割と結合、ドライブ消去などが可能になります。
  • SASおよびSATAハードディスク ドライブの両方に対応しているので、必要に応じて、コンピューティング環境に合わせたドライブ テクノロジの配備が可能になります。
  • SASテープ製品をサポートします。
  • アレイ コンフィギュレーション ユーティリティ、Systems Insight Manager、アレイ診断ユーティリティ(ADU)、およびSmartStartといった、すべてのSmartアレイ ファミリ製品間にソフトウェアの一貫性があります。
  • 2TBを超える論理ドライブをサポート。
  • 256 MB 40ビット ワイドDDR2 キャッシュ モジュール(オプションのバッテリー アップグレードも可能)
  • ロープロファイルPCI Expressフォーム ファクタ - 標準プロファイルサイズのブラケットを装備して出荷されますが、ロープロファイル用ブラケットも付属、標準的サイズのPCI Expressスロット、ロープロファイルのPCI Expressスロットの双方に対応できます。

管理機能

  • オンライン アレイ拡張(BBWCまたはFBWCが必要)
  • オンラインでの高度な容量拡張(BBWCまたはFBWC、およびSmartアレイAdvanced Packが必要)
  • オンライン論理ドライブ拡張(BBWCまたはFBWCが必要)
  • オンラインRAIDレベル移行(BBWCまたはFBWCが必要)
  • オンライン ストライプ サイズ移行(BBWCまたはFBWCが必要)
  • オフラインでのミラーの分割と再結合(BBWCまたはFBWC、およびSmartアレイAdvanced Packが必要)

ポート

  • 2個の外部4ポートコネクターによる8つのSAS物理リンク

性能

HPのハイ パフォーマンス アーキテクチャにより、性能に対する業界の新たな基準が設定されます。
  • 6Gb/s SAS(物理リンク当たり600MB/秒の帯域幅)
  • 6G b/s SAS物理リンク(3Gb/s SATAとの互換性)
  • 256MB 40ビット ワイドDDR2キャッシュモジュール(オプションのバッテリ アップグレードも可能)

ネイティブコマンドキューイング

ネイティブ コマンド キューイング(NCQ)は、個々のハードディスク ドライブが受け取った読み出しおよび書き込みコマンドを、その実行順序を内部的に入れ換え、ドライブ ユニットのヘッドの余分な移動を減らすよう最適化し、SATAハードディスク ドライブの性能を向上させるために開発された技術です。サーバーやストレージ タイプのアプリケーションでよくみられるハードディスクへの読み書き要求が多数、同時に発生するような状況においてNCQは有効に機能します。NCQの機能が働くためにはハードディスク ドライブとコントローラーの両方がNCQに対応している必要があります。

フォールト トレランス

障害の発生したドライブの交換中も、データを使用可能にし、サーバーを稼動させます。次のような複数のフォールト トレランス構成がサポートされています。
  • ADG(アドバンスト データ ガーディング)によるRAID 6:最高レベルのフォールト トレランス機能です。この方式は、パリティ データの2つのセットを、複数のドライブにわたって割り当て、同時書き込み操作を可能にします。このレベルのフォールト トレランス機能を使用すると、同時に2台のドライブで障害が発生した場合でも、ダウンタイムやデータの消失が発生しません。
  • RAID 6+0:サポートするには8台以上のドライブが必要で、4台分がパリティデータ用として使用されます。主な利点は、外部ストレージ デバイス間でRAIDがストライピングされることです。
  • 注:RAID 6および6+0を使用するには、256MB以上のキャッシュ、バッテリ キット、およびSmartアレイAdvanced Packライセンス キー オプション アップグレードが必要です。
  • 分散データ ガーディング(RAID 5):複数のドライブにパリティ データを割り当て、同時書き込みが可能です。最大14台のハードディスク ドライブにおすすめします。
    • RAID 5は、SA P411が256MBのキャッシュとバッテリ キット オプションを装備している場合のみ使用できます。
  • RAID 5+0:これは、5つの構成要素にわたってストライピングされたRAID 0アレイです。RAID 0のストレート ブロックレベル ストライピングとRAID 5の分散パリティが結合されています。
  • ドライブ ミラーリング(RAID 1、1+0):ドライブ アレイの半分をデータに割り当て、残りの半分をミラー化するデータに割り当てて、すべてのファイルを冗長化します。ドライブ ミラーリングは高性能RAIDです。

使いやすさ

次の一貫性とアップグレード機能によって、Smartアレイファミリは、業界で独自の存在となっています。
  • GUIベースのコンフィギュレーション、管理、および診断ソフトウェア ツール
  • 製品世代間での共通データ フォーマット
  • サーバーと外付けHP Modular Smart Arrayエンクロージャー間のデータ移行

サーバー サポート

適合機種についてはサーバー側のシステム構成図をご確認ください。

オペレーティング システム

Microsoft Windows 2003 x64
Microsoft Windows 2003
Microsoft Windows 2003 x86
Microsoft Windows 2008 Server x64
Microsoft Windows 2008 Server x86
Novell Open Enterprise Server、NetWare 6.5
SP5
Red Hat Enterprise Linux 4、5、および6(x64およびx86)
SUSE Linux Enterprise Server 9(x64およびx86)
SUSE Linux Enterprise Server 10(x64およびx86)
SUSE Linux Enterprise Server 11(x64およびx86)
VMWare

注: Linux OSのサポートと認定について詳しくは、次のHPのWebサイトを参照してください。
注: VMwareサポートの詳細については http://h71028.www7.hp.com/enterprise/cache/505289-0-0-0-121.html [英語]をご参照ください。

ソフトウェア セット

すべてのSmartアレイ製品が、アレイ コンフィギュレーション ユーティリティ(ACU)、アレイ診断ユーティリティ(ADU)、およびSystems Insight Managerを含む共通のコンフィギュレーション、管理、および診断ツールを共有します。こうしたソフトウェア ツールにより、製品の世代交替時のトレーニング コストが軽減され、フィールドにおけるトラブルシューティングの試行錯誤がなくなります。これらのツールによって、HP製サーバー ストレージの設置とメンテナンスに必要なトレーニングや技術の専門知識を減らし、維持管理費を低減できます。
このページのトップへ戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡