Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバ  >  サーバストレージ

内蔵 Smart アレイ コントローラ

製品&サービス

HP ProLiant

HP BladeSystem

HP ConvergedSystem

HP OneView

HP CloudSystem

HP Moonshot System

HP Apollo System

キャンペーン

オンラインストア

製品カタログ

Why HP ProLiant?

サーバー選定/構成

お客様事例

技術的な情報

サポート&サービス

販売店検索

旧製品情報

新着情報

メールニュース配信

販売特約店・販売店向け情報

日本HPサイトマップ

 
サーバーを、再定義しよう。Reimagine the server. Think compute. HP ProLiant Generation 9
Windows Server 2003をご利用のお客様を対象に、最新サーバーの導入を支援するキャンペーン実施中。
まるごとOneViewはじめて割キャンペーン実施中
コンテンツに進む
内蔵Smartアレイコントローラ 製品写真

製品情報/QuickSpecs

 
  Showcase
  仕様一覧
  システム構成
  カタログ

モデル


内蔵 Smart アレイ コントローラ 128293-B21

製品の主な機能


  • ソフトウェアベースのRAIDよりも使いやすく、高性能
  • 内蔵型のハードウェアRAID コントローラ
  • Wide Ultra2 SCSI
  • 32ビット アーキテクチャ
  • 最大6台の内蔵ドライブに対するフォールト トレランスRAID をサポート
  • ProLiant ML 370 およびDL 380 サーバでのみ使用可能

内蔵 Smart アレイ コントローラ は、エントリ レベルのハードウェアベース フォールト トレランスを提供するインテリジェント アレイ コントローラで、最大6台のWide Ultra2 SCSI 内蔵 ハードディスクドライブ をサポートします。内蔵 Smart アレイ コントローラ は、現在普及しているソフトウェア ベースRAID に代わる費用対効果の非常に高い製品です。 ProLiant ML 370およびDL 380サーバに内蔵でき、サーバ内蔵ストレージのあらゆるニーズに対応する確実なデータ保護を提供します。


対象となる環境


内蔵 Smart アレイ コントローラは、以下の環境で優れた投資保護を実現します。

  • 非RAID : これまで、データ保護、セキュリティ、および性能向上について明確なニーズが発生していなかったストレージ操作環境。
  • ソフトウェアRAID : ソフトウェア RAIDを使用してストレージを操作しているが、データ ストレージ要件の増大にともない、エントリ レベルのハードウェア RAIDが持つ安定性、効率、および性能向上が求められている環境。

Smartアレイのアドバンテージ


HPの Smart アレイ ファミリ製品の革新的なデザインと統合化によって、お客様に比類のない価値を提供します。Smart アレイ製品をさまざまな用途で使用することによって、他のサーバ ストレージ RAID 製品よりも維持管理費(TCO )を大幅に削減することができます。 Smart アレイ ファミリは、以下の点によって、投資金額以上を回収することができます。 アップグレード。Smart アレイ コントローラのすべてのモデル間でデータの互換性があるため、性能、容量、および可用性の向上が必要になった場合、いつでも簡単にアップグレードできます。Smart アレイ コントローラは、異なる世代のSmart アレイ コントローラのデータ フォーマットも認識します。データの互換性については、一定の制限や例外事項があります。詳しくは、HP カスタマー インフォメーション センターにお問い合わせください。
一貫性のあるコンフィギュレーションと管理ツール。すべての Smart アレイ製品は、標準の管理およびユーティリティ ソフトウェアを使用しています。これらのツールによって、HP社製サーバ ストレージのインストールと保守に必要なトレーニングや技術の専門知識を減らし、維持管理費を低減できます。コンフィギュレーション、管理、および診断ソフトウェア ツールには、アレイ コンフィギュレーション ユーティリティ(ACU )、Array Diagnostics Utility(ADU )、 Insight マネージャ (CIM )、 SmartStart などがあります。
スナップショットとストレージ プール。HPは、StorageWorks バーチャル リプリケータをサポートするエンタープライズ ストレージ アーキテクチャ ビジョンに向けた次のステップを提供します。このオプション ソフトウェアによって、プロダクション データの「スナップショット」を瞬時に作成できるので、バックアップとリストアの時間を数時間から数分に短縮できます。さらに、ストレージ容量のニーズの変化に迅速に対応するためにストレージをプールし、最大 1TBの「仮想容量」を作成し、ポリシー ベースの自動化によってシステム データとストレージの管理を簡素化することができます。
事前予防保証とは、 Insight マネージャが、ドライブの障害が発生しつつある場合にユーザに通知して、このドライブを実際に障害が発生する前に交換することができるようにすることを意味します。事前予防保証は、 Insight マネージャ 2.1以上を使用する ProLiant ML 370およびDL 380サーバで利用でき、Pentium® Pro プロセッサ、ECC メモリ、およびサーバ ハードディスクドライブ ( Smart アレイ コントローラ使用時)が保証対象になります。事前予防保証には一定の制限や例外事項があります。詳しくは、HP カスタマー インフォメーション センターにお問い合わせください。


製品の性能


可用性


  • オンラインでの RAIDレベル移行 - データやボリューム情報を破壊することなく、構成後に RAIDレベルをオンラインで変更できます。
  • 事前予防保証- インテグレーテッド Smart アレイ コントローラに接続し、 Insight マネージャの監視対象となるドライブは、予防交換で保護されています。
  • オンラインでの容量拡張- 稼動中のシステムをオフラインにしたり、電源を切断したりして、新しいストレージ デバイスを追加しなくても、オンラインのままで論理ドライブの容量を増やすことができます。(ACU(Array Configuration Utility)の論理ドライブの容量拡張機能については現在Windows NTでのみ使用可能です。)
注: オンライン容量拡張およびオンライン RAIDレベル移行をサポートしない Smart-2 SL アレイ コントローラからアップグレードした場合は、これらの機能を利用するために、既存のデータのバックアップを作成し、システムの電源を切り、各論理ドライブを作成しなおす必要があります。オンライン容量拡張およびオンライン RAIDレベル移行では、その処理のためにディスク空間を一部利用しますが、このディスク空間を作成するために、上記の手順が必要になります。

障害の予防


障害が発生する前にその可能性を検出し、予防措置を取ることができます。

  • S.M.A.R.T . : HPが最初に開発した S.M.A.R.T. (Self Monitoring And Reporting Technology) によって、ハードディスク障害が発生する前にその可能性を検出し、実際に障害が発生する前に、故障したコンポーネントを交換することができます。
  • ドライブ パラメータ トラッキング : 15種類を超えるドライブ動作パラメータを監視して、障害を予測し、起こりうる障害を管理者に通知します。
  • ダイナミック セクタ修復 : サーバのアイドル時にバックグラウンドで ハードディスクドライブ をスキャンし、不良セクタを自動的に再マッピングして、データの整合性を保証します。
  • 環境パラメータ トラッキング : ProLiant ストレージ システム/ U製品ファミリのファンとキャビネット温度を監視します。
  • ドライブとアレイの移動 : 同一コントローラ上でドライブを任意の順序で移動(取り外し/取り付け)したり(ドライブ移動)、設定済みのドライブ アレイを別のコントローラに追加したり(アレイ移動)できます。また、その際、コンフィギュレーション情報を保持できます。この機能を利用するには、システムの電源を切る必要があります。また、アレイに故障したドライブやアクティブなスペア ドライブが含まれている場合は、この機能を利用できません。

障害復旧


ダウンタイムを最小化し、データを再構築して、ドライブの迅速な障害復旧を可能にします。

  • オンライン スペア : ドライブの障害に備えて、最大 4台のスペア ドライブを装備できます。障害が発生すると、オンライン スペアから復旧が開始され、自動的にデータが再構築されます。

フォールト トレランス


障害の発生したドライブの交換中も、データを使用可能にし、サーバを稼動させます。次のようなフォールト トレランス構成がサポートされています。

  • 分散データ ガーディング(RAID 5) : 分散データ ガーディング (RAID 5)は、複数のドライブにパリティ データを割り当て、同時書き込みが可能です。構成については、『Smart Array Controller Technology : RAID 5 Configuration Recommendations』 White Paper を参照してください。
  • ドライブ ミラーリング (RAID 1、0+1) : ドライブ ミラーリング (RAID 1、0+1) は、ドライブ アレイの半分をデータに割り当て、残りの半分をミラー化するデータに割り当てて、すべてのファイルを二重化します。

ホットプラグ対応 ドライブのサポート


ハードディスクドライブ は、サーバの電源を切らずに、取り外したり、追加したりすることができます。


ソフトウェア コンポーネント


アレイ コンフィギュレーション ユーティリティ


  • すべての Smart アレイ コントローラ用の強力なコンフィギュレーション ユーティリティ
  • ドライブ アレイ コンフィギュレーションをグラフィック表示
  • 使いやすいコンフィギュレーション用ウィザード
  • Windows NT 4.0とNetWareでオンライン稼動
  • オプションの BIOSベースのコンフィギュレーション セットアップ

Array Diagnostic Utility


  • すべての Smart アレイ コントローラ用の強力な診断ユーティリティ
  • Windows NT 4.0と NetWare でオンライン稼動

Insight マネージャ


  • 強力なサーバおよびサーバ オプション / ストレージ監視ツール
  • 1200種類を超えるサーバ パラメータを監視

StorageWorksバーチャル リプリケータ(別売り)


  • スナップショットのバックアップとリストア : プロダクション データの「スナップショット」を瞬時に作成し、Windows のバックアップとリストアに要する時間を数時間から数分に短縮します。
  • ストレージ プール : 変化するストレージ容量の要求に迅速に対応できるように、最大 1TBの「仮想ボリューム」を作成し、ポリシー ベースの自動化により、システムのデータとストレージの管理が簡素化されます。
  • システム要件 : Windows NT 4.0 SP3、IE 3.02、メモリ 32MB、ディスク空き容量 30MB。

SmartStart


  • 使いやすいサーバとストレージのインストール ツール
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡