Jump to content 日本-日本語
日本HPホーム 製品 & サービス サポート & ドライバー ソリューション ご購入方法
≫  お問い合わせ

製品とサービス  >  HP ProLiant サーバー > 導入する前のアドバイス

導入する前のアドバイス

用語集

製品&サービス

HP ProLiant

HP BladeSystem

HP ConvergedSystem
HP OneView
HP CloudSystem

HP Moonshot System

HP Apollo System

キャンペーン

オンラインストア

製品カタログ

Why HP ProLiant?

サーバー選定/構成

お客様事例

技術的な情報

サポート&サービス

販売店検索

旧製品情報

新着情報

メールニュース配信

販売特約店・販売店向け情報

日本HPサイトマップ

 
コンテンツに進む
ABCDE|F|GHI|J|K|L|MNOP
Q|RST|U|V|W|X|Y|Z|カタカナ

A

ATA

  Advanced Technology Attachmentの略語です。ATAは、IDE(Integrated Drive Electronics)を標準化した規格で、ハードディスクや、CDおよびDVDドライブといった装置を接続するためのディスクインターフェイスです。一般的にはATAとIDEは同義で用いられています。「1.3.5. ATA」の「ATA(パラレルATA)」も御覧ください。  
用語集の目次に戻る

B

BIOS

  Basic Input/Output Systemの略語です。サーバーのシステムボードと周辺機器(ビデオコントローラー、キーボード等)との基本入出力機能についてOSやアプリケーションへの提供を行うプログラムです。HP ProLiantサーバーではシステムROMといいます。  
用語集の目次に戻る

C

CIFS

  Common Internet File Systemの略語です。Windowsのファイル共有サービスで利用されているプロトコルです。TCP/IPネットワーク上で利用できます。  
用語集の目次に戻る

D

DAS

  Direct Attached Storageの略語です。その名の通り、サーバー本体に直接接続されたストレージ製品を指します。  

DHCP

  Dynamic Host Configuration Protocolの略語です。DHCPを利用すると、IPアドレスやサブネットマスク、デフォルトゲートウェイといったホスト情報を自動的に構成できます。  

DMI

  Desktop Management Interfaceの略語です。DMTF(Desktop Management Task Force)によって確立された、主にクライアント管理で使用される業界標準のプロトコルです。  
用語集の目次に戻る

E

ECCメモリ

  Error Correcting Codeメモリの略語です。複数ビットのメモリエラーを検出し、1ビットのメモリエラーを訂正する機能を備えたメモリです。「1.2.4. HP ProLiantサーバーのハードウェア・その4 ― メモリ」の「ECCメモリ」も御覧ください。  
用語集の目次に戻る

G

GUI

  Graphical User Interfaceの略語です。ユーザーインターフェイスにグラフィック画面を使用することで、視覚的に理解しやすい方法で、様々な操作を行うことを可能にしています。  
用語集の目次に戻る

H

HBA

  Host Bus Adapterの略語です。HBAは、サーバーに機能を追加する拡張カードです。ファイバーチャネルHBAやSCSI HBAなどがあります。  
用語集の目次に戻る

I

Insight Rapid Deployment ソフトウェア

  RDPと略されます。多数のHP ProLiantサーバーの導入作業を自動化および効率化する、サーバー導入支援ソフトウェアです。「HP ProLiantサーバーのメリット・その5 ― さらなる付加価値を提供するソフトウェア」の「Insight Rapid Deployment ソフトウェア」も御覧ください。  

Insightマネジメントエージェント

  HP ProLiantサーバーのハードウェアのモニタリングを行い、サーバー内のサブシステム(プロセッサー、メモリ、ディスク、NIC等)の障害監視を行うHP 製のソフトウェアです。「2.3.3. HP ProLiantサーバーのメリット・その3 ― 管理を容易にするHP Insight Foundationソフトウェア」の「個々のサーバーの管理 − InsightマネジメントエージェントとSystem Management Homepage」も御覧ください。  

IPMI

  Intelligent Platform Management Interfaceの略語です。IPMIは温度、電圧、冷却ファン、電力供給といったサーバーのハードウェアを監視するための標準化されたインターフェイスを定義した仕様です。  

iSCSI

  Internet SCSIの略語です。iSCSIは、IPネットワーク上でSCSIプロトコルをやり取りすることで、ネットワーク上のストレージ装置の直接的な操作を可能にするプロトコルです。  
用語集の目次に戻る

M

MIB

  Management Information Baseの略語です。SNMPで管理されるネットワーク機器が、自分の状態を外部に知らせるために公開する情報を意味し、マネジメントエージェントおよび管理アプリケーションに認識されるすべての管理可能なトラップおよび参照情報を定義します。  
用語集の目次に戻る

N

NAS

  Network Attached Storageの略語です。NASは、ネットワーク経由でファイル単位の共有を可能にするストレージシステムです。ファイル共有プロトコルとしては、一般的にCIFSやNFSが使用されます。  

NFS

  Network File Systemの略語です。UNIX系のOSで利用されているファイル共有プロトコルです。  
用語集の目次に戻る

O

OBDR

  One Button Disaster Recoveryの略語です。障害発生時にテープ装置から起動して、予め保存してあるバックアップテープからOSを含めたシステム環境を復元する、障害復旧ソリューションです。  

ORCA

  Option ROM Configuration for Arraysの略語です。HPのハードウェアRAIDコントローラーであるSmartアレイコントローラーのアレイおよび論理ドライブの構成を行うROMに実装されたユーティリティです。「2.3.1. HP ProLiantサーバーのメリット・その1 ― 迅速なOSセットアップ」の「迅速にRAIDを構築 − ORCA」も御覧ください。  
用語集の目次に戻る

P

PCI Express

  PCI Expressはシリアル化とポイント・ツー・ポイント接続により信号線の数を減らし、高性能とコネクターの小型化を実現した新しい拡張バスの規格です。PCI-Xとは物理的な互換性はありません。「1.3.3. PCI」の「PCI Express」も御覧ください。  

PCI-X

  従来のPCIを拡張して作られた規格です。PCI-XはPCIとの完全な下位互換性を提供していますが、PCI Expressとの物理的な互換性はありません。「1.3.3. PCI」の「PCIの仕様」も御覧ください。  

POST

  Power On Self Testの略語です。サーバーの電源投入時に自動的に実行される各デバイスのテストです。メモリやディスク等のハードウェアに異常がないかを自己診断を行います。  

ProLiant Support Pack

  PSPと略されます。HPが提供する、HP ProLiantサーバー用に最適化されたドライバー、ファームウェア、マネジメントエージェントを提供するソフトウェアパッケージです。「2.3.2. HP ProLiantサーバーのメリット・その2 ― 高性能なデバイスドライバー」の「高性能なHP製ソフトウェアをパッケージ − ProLiant Support Pack」も御覧ください。  
用語集の目次に戻る

R

RAID

  Redundant Arrays of Independent Disksの略語です。複数のハードディスクドライブを使って仮想的な1台の大容量ドライブを構築し、パフォーマンスや冗長性の向上を図る技術です。「1.3.6. RAID」も御覧ください。  

ROMベースセットアップユーティリティ

  RBSUと略されます。HP ProLiantサーバーのハードウェア設定を行うユーティリティです。HP ProLiantサーバーのシステムROMに組み込まれています。「2.3.1. HP ProLiantサーバーのメリット・その1 ― 迅速なOSセットアップ」の「自動でハードウェアを構成 − ROMベースセットアップユーティリティ」も御覧ください。  
用語集の目次に戻る

S

SAN

  Storage Area Networkの略語です。外部記憶装置間および記憶装置とサーバーの間を結ぶ高速なストレージ専用ネットワークです。サーバーをSANに接続するには、ファイバーチャネルHBAが必要となります。  

SAS

  Serial Attached SCSIの略語です。従来のSCSIのパラレルデータ転送をシリアル転送に移行した新世代のSCSIです。従来のSCSIとは物理的な互換性はありませんが、SATAとは物理互換性があるため、SASのシステム内にSATAハードディスクを接続することができます。「1.3.4. SCSI」の「シリアル接続SCSI」も御覧ください。  

SATA

  Serial ATAの略語です。従来のATAのパラレルデータ転送をシリアル転送に以降した新世代のATAです。従来のATAとは物理的な互換性はありません。「1.3.5. ATA」の「シリアルATA」も御覧ください。  

SCSI

  Small Computer System Interfaceの略語です。パソコン本体と周辺機器とのインターフェイスを指します。HP ProLiantサーバーの内蔵ストレージ・インターフェイスはSCSIからSASへ移行しています。「1.3.4. SCSI」も御覧ください。  

SmartStart

  サーバー1台の初期導入(OSのインストール、デバイスドライバー、ユーティリティのインストール)を行うときに使用する、インストール支援ソフトウェアです。「2.3.1. HP ProLiantサーバーのメリット・その1 ― 迅速なOSセットアップ」の「簡単OSセットアップ − SmartStart」も御覧ください。  

Smartアレイコントローラー

  HP純正のハードウェアRAIDコントローラーです。「1.2.5. HP ProLiantサーバーのハードウェア・その5 ― ハードディスク関連」の「Smartアレイコントローラーの機能」も御覧ください。  

Smartコンポーネント

  HPが提供する、最適化されたデバイスドライバーやマネジメントエージェント、ユーティリティといった自動インストール可能なコンポーネントを指します。Smartコンポーネントは、ProLiant Support Packに含まれる他、HPのダウンロードサイトから個別に入手することができます。  

SNMP

  Simple Network Management Protocolの略語です。標準的なネットワーク管理プロトコルとして、幅広く利用されています。SNMPの規格は、V1とV2があり、HP Systems Insight ManagerやInsightマネジメントエージェントでは、V1の規格が使われています。  

SSH

  Secure Shellの略語です。主にUNIX系のOSで利用される、遠隔コンピューターへのログインやコマンド実行を可能にするプログラムおよびプロトコルを指します。SSHでやりとりされる内容は全て暗号化されるため、盗聴や改竄は困難です。  

SSL

  Secure Socket Layerの略語です。TCP/IPネットワーク上でデータを暗号化して送受信するプロトコルで、主にWebサーバーとWebブラウザー間のHTTPプロトコル通信を暗号化する際に利用されます。  

Systems Insight Manager

  HP SIMと略されます。Windows、Linux、またはHP-UXが動作する、HP ProLiant、Integrity、HP9000などのHPサーバープラットフォーム全般を管理できるソフトウェアです。SNMP、DMIおよびWBEMを使用して管理情報を収集します。「2.3.3. HP ProLiantサーバーのメリット・その3 ― 管理を容易にするHP Insight Foundationソフトウェア」の「複数台のサーバーをまとめて管理 − HP Systems Insight Manager」も御覧ください。  
用語集の目次に戻る

T

Telnet

  ネットワーク上の遠隔コンピューターを操作するためのプログラムおよびプロトコルを指します。Telnetでやり取りされる内容は暗号化されないため、盗聴や改竄の危険性があります。  
用語集の目次に戻る

W

WBEM

  Web-Based Enterprise Managementの略語です。標準化団体であるDMTFが策定した、様々な技術およびプラットフォーム間でのデータのやり取りを容易にする、管理技術の仕様を指します。  
用語集の目次に戻る

カタカナ

インテグレーテッドマネジメントログ

  IMLと略されます。システムの障害やエラーなどのシステムイベントを記録する、HP ProLiantサーバー上のメモリ領域を指します。「2.3.3. HP ProLiantサーバーのメリット・その3 ― 管理を容易にするHP ProLiant Essentialsソフトウェア」の「ハードウェア関連の情報収集 ― インテグレーテッドマネジメントログ」も御覧ください。  

オートローダー

  1台のテープ装置と、カートリッジに装備されたテープを自動的にテープ装置に出し入れするロボットが一体型になったものです。対応したバックアップソフトウェアと組み合わせる事により、メディアローテーションを完全自動化することが可能です。  

仮想メディア

  操作する側のローカルデバイスを、遠隔地にあるサーバーのデバイスとしてマウントして利用できる機能です。  

チェックサム

  データ整合性検査のための計算値を指します。データを送受信する際等の誤り検出に使用されます。  

チップセット

  プロセッサー、メモリ、入出力装置などのコンピューターを構成するコンポーネントを相互接続するための、多くの機能を集積した半導体を指します。  

デバイスドライバー

  OSからハードウェアを制御するために必要となるソフトウェアです。OSの種類やバージョンによって、異なるデバイスドライバーが用意されています。  

パリティ

  データ整合性検査のための計算値を指します。データを2進数で捉えたときの、1の出現回数が偶数個か奇数個かを判断する値となります。  

ファームウェア

  コンピューター機器の制御に必要なソフトウェアなどを、ハードウェアの中に格納したものを指します。HP ProLiantサーバーのファームウェアには、サーバー本体に搭載されているシステムROMと、アレイコントローラーなどオプション製品に搭載されているオプションROMの2種類があり、どちらも書き換えが可能なフラッシュROMを使用しています。  

ファイバーチャネル

  サーバーと周辺機器を接続するためのデータ転送方式の1つです。主にサーバーと外部のストレージ装置を接続するSANで使われています。  

ホットプラグ

  電源を落とさずに故障した機器の交換や新しい機器の取り付けが行える技術です。パワーサプライやハードディスク、冷却ファンなどで採用されています。  

ライブラリ

  1つまたは複数のテープ装置と、カートリッジに装備されたテープを自動的にテープ装置に出し入れするロボットが一体型になったものです。オートローダーよりも大型の機器となります。  

リダンダント構成

  冗長化構成とも言います。同じハードウェアを2つ装備することで、1つが障害となった場合でも、残ったハードウェアで処理を継続することが可能となります。  
用語集の目次に戻る
印刷用画面へ印刷用画面へ
プライバシー ご利用条件・免責事項 ウェブマスターに連絡